重版のお知らせ

     IMG_5922 (317x400)

「オイルで作るふんわりケーキとサクサククッキー」(オレンジページ)が
3刷になりました。

たくさんの方にご覧いただけて、とても嬉しいです。
どうもありがとうございます!!



       IMG_6211 (300x400)

そして、先日の撮影はプリンでした。

撮影後、レシピ調整のため、再び試作。
この調整作業が大事なのですが、
気力と記憶がどんどん薄れていくので、
撮影直後のまだテンションが上がっているうちに
やってしまいます。

この数週間でプリンを何個作ったことでしょう。
プリンの奥深さを再認識できた、よい機会になりました。



そして、次は夏に向けて別のテーマへ。
こちらは寒さとの闘い(?)になりそうです。

     ランキングに参加中です♪ 

グラス・オ・ショコラ

       IMG_6198 (342x400)

昨日はバレンタインでしたね。

今年はチョコレートアイスを作りました。
食べてみたら、どこか懐かしい味がしました。

なんだっけ?
と思ってちょっと調べたら、こちらでした。

チョコレート味のアイスに目がなくて、
ハーゲンダッツやサーティワンも好きですが、
さっぱりしていながら、チョコレート味がしっかりしている
赤城のBLACKは、時折食べたくなるアイスのひとつです。


冷凍して時間が経つとかなり固くなったので、
これから調整します。


      ランキングに参加中です♪ 

「バターを使わない作り置きのお菓子」重版のお知らせ

      IMG_5446 (296x400)
         撮影 masacoさん
         スタイリング 曲田有子さん
         デザイン 塚田佳奈さん(ME&MIRACO)
         取材 守屋かおるさん
         編集 櫻岡美佳さん
   
12月に発売になりました、
「バターを使わない作り置きのお菓子」(マイナビ出版)
が重版になりました。

お手に取ってくださいました皆さま、
どうもありがとうございます!


普段、いろいろなお菓子に触れる機会はあるかと思いますが、
毎日でも食べたいお菓子となると、案外、
ごく限られたものに絞られてくるのではないでしょうか。

それに、今日はお菓子を作ろう!
と思い立ったとき、材料がなかったり、
道具がいろいろ必要だと、途端にテンションが
下がりますよね。

この本には、そんなシチュエーションにぴったりな
普段着のお菓子がいろいろ載っています。


使う型はパウンド型とバットだけですし、
タルトは型なしでできちゃいます。


3章の冷たいデザート編のレシピは、写真では
可愛い器に入ってスタイリングしていただいてますが、
これらもすべてバットで作れます。

特におすすめなのが、なめらかプリンです。

7~8年前、プリンにはまった時期があり、そのころ
いろいろ試作して考えたレシピで、
今回ぜひご紹介したいと思いました。

なめらかプリンには、通常、生クリームをたっぷり
使うと思いますが、生クリーム不使用で作れるんです。
なので、私のレシピ帳には「牛乳だけで作れるなめらかプリン」
と書いてあります。

ガラスの容器やココット型を使うとっても素敵なのですが、
もし作っていただけるのでしたら、是非、バットで作ってみてください。

そして、スプーンですくって、思う存分召し上がっていただきたい、
そんなプリンです。

湯煎の湯がバットの半分ぐらいまで来るようにすると、
なめらかな食感が楽しめますよ。


       ランキングに参加中です♪ 

北欧、暮らしの道具店「ケーキが一台焼けたなら」

         IMG_6144 (387x400)

「北欧、暮らしの道具店」さんに、取材をしていただきました。

テーマは「ケーキが一台焼けたなら」。

「平日の夜でも焼けるくらいに簡単なケーキ作り」
を提案させていただきました。


二話構成になっており、

第一話では、ケーキ作りの手間を少しでも減らすためのコツを、
第二話では、バレンタインにもぴったり!ビターなチョコレートケーキを
ご紹介しています。


クラシコムの奥村さん、カメラマンの木村文平さんと、
楽しく和気あいあいとした雰囲気の中、とてもスムーズに
撮影が進みました。


第二話では、奥村さんに、実際にチョコレートケーキを
作っていただいている様子をお伝えしています。

ボウルひとつで生地を作ってオーブンに入れるだけ、
の簡単ケーキですが、ケーキを作る上での疑問点に一つ一つ
お答えしながら、完成までの流れを細かく追っていますので、
お菓子作りは初めて、という方にもご覧いただけたら
嬉しいです。

そして、このケーキは作りたてよりも、作った翌日から
しっとり感とココアの風味が増して美味しくなります
ので、
お試しくださいね!



 
      ランキングに参加中です♪ 

重版のお知らせ

         IMG_6108 (362x400)

一つ前のブログでお知らせしておりました、
「オイルで作るふんわりケーキとサクサククッキー」(オレンジページ)が、
重版になりました!
発売から10日足らずでしたので、驚きましたが、
とても嬉しいです。

ご購入くださいました皆さま、どうもありがとうございました!

ふんわりケーキは、バットとパウンド型で作る2つのシフォンケーキが
メインになり、サクサククッキーは言葉そのままですが、
いつでも気軽に作れるクッキーがたくさん載っています。

番外編として、バレンタインにおすすめできる、
「フォンダンパウンド」や、バターなしで作れる
タルト生地、アーモンドクリームもご紹介しています。

皆さん、ご自分でいろいろアレンジも加えてくださっているようで、
それがまた嬉しくて・・・
本当にありがとうございます!



そして、最近の私は、毎日のようにアップルパイを焼いています。

「オイルで作る・・・」と言いながらなんですが、
バターで作る折りパイも捨てがたいのです。

ただ、私の折りパイは、軽くするため、配合に工夫をしています。

折りパイは奥が深く、作れば作るほどのめりこんでしまいますが、
そういうタイミングがきたら、チャンス!
とばかり、とことん作り込みます。

毎日生地に触れることでしか、折りパイは習得できないような
気がします。

理想のパイは、ただ膨らむだけでなく、層の部分が、
プリーツが広がるように一枚一枚開いていること。

バターや水の温度、粉の水分、生地の伸ばし方、休ませる時間、
すべての条件が揃い、上手く行ったときは本当に嬉しいものです。



     IMG_6115 (372x400)

今日のアップルパイはかなりよい方。
断面を見ると、生地の内側も層が広がっています。

いつものごとく、焼き上がったのは真夜中。

アップルパイは、フォークもナイフも使わずに、
手で持ってパクッとほおばるのが一番ですね!


      ランキングに参加中です♪

新刊「オイルで作るふんわりケーキとサクサククッキー」

        IMG_5922 (317x400)
オレンジページより、
新刊「オイルで作る ふんわりケーキとサクサククッキー」
が、明日22日に発売になります。

丁度2年前に発売になったオレンジページの付録
「バターを使わない焼き菓子の本」をベースに、
これまでにオレンジページさんでご紹介させて
いただいたレシピ(ホイップパウンドケーキとリースタルトは含まれません)
がまとめられた、私にとっては夢のような本になりました。



クッキーやスコーン、スクエアシフォオンケーキ、マフィン、
そして大人気だった生シフォンパウンド、タルトなど、
焼き菓子系のほとんどが網羅されていますので、
オイルで作るお菓子に興味を持たれた方にはおすすめです。


     IMG_5954 (246x400)
     こちらは2015年12月2日号の表紙になった
     スクエアシフォンで作るクリスマスケーキ。
     懐かしいです。



これまで紹介してきたものに加え、今回新たに撮影したページも。


一つは生シフォンパウンドのページです。
一昨年の秋にご紹介した作り方に少し改良を加え、
クリームをより注入しやすい方法をご紹介しています。

生シフォンを食べていると、不思議と懐かしい気持ちになるのですが、
つい最近、その理由がわかりました。
子供のころに食べたスイスロールを思い出していたんですね。

この生シフォンも、スイスロールのように、
お子さんから年配の方まで、どなたにも好まれるお菓子に
なってくれればいいな、と思います。



そしてもうひとつ、初登場のレシピ、
「フォンダンパウンド」が掲載されています。

フォンダンパウンドって何?
と思われますよね。

     IMG_5955 (301x400)

こんな風に中から、フィリングがとろりととろけ出す、
濃厚なチョコパウンドです。


フィリングが下に沈んでしまったり、
逆に上から流れ出てしまったり・・・
これは試作に時間が掛かり、
完成まで何個焼いたかわかりません。

でも、その甲斐あって、とても美味しいレシピが
完成しましたので、是非お試しいただきたいです。


フォンダンパウンドは、アレンジも含めて全部で5種類
紹介しています。

    IMG_5956 (291x400)

私が特に好きだったのは、アップルシナモンフォンダン。
シナモンをたっぷり効かせるのが好みです。

あ~、でも基本メニューのダブルベリーフォンダンも
捨てがたい・・・
いやいや、キャラメルバナナもおいしかったな~。

ホワイトチョコ系がお好みの方には、
ピーチクリームフォンダンや抹茶小豆ミルクフォンダン
はいかがでしょう。


すべて板チョコ2枚で作れるレシピですので、
バレンタインのプレゼントにも。
かわいいラッピングの方法も載っていますよ。


いよいよ明日から店頭に並びます。
アマゾンの方が、ただいま予約完売だそうで、
注文ができない状況なのですが、近々入荷される予定です。

書店で見かけましたら、お手に取っていただけますと嬉しいです。


        ランキングに参加中です♪