日本テレビ Oha!4おはよん

今朝の日本テレビ「Oha!4 おはよん」にて、
クラウドブレッドをご紹介いただきました。

動画がupされています→

限られた時間の中、手際よく作っていただけて嬉しいです。

ありがとうございました!

      ランキングに参加中です♪ 

「バターを使わないパウンドケーキ」3刷のご報告

         DSC00506 (333x500)

寒暖の差が激しいこの頃ですが、
今月末には桜が満開を迎えるそうで、
いよいよ春本番ですね。

「バターを使わないパウンドケーキ」(マイナビ出版)が
12月の重版に続き、3刷となりました。

ご購入くださいました皆さま、どうもありがとうございます。

この本は
 ぐるぐるまぜるだけのしっとりタイプ、
 メレンゲを加えたふんわりタイプ、
 クッキーのような生地で包むさっくりタイプ、
 おかず系ケーク・サレ
の4章からなっています。

おすすめはいろいろありますが、
チョコレート系が好きな私は、
「ブラウニ」を一番よく作っていますね。

そして、もうちょっと軽めのチョコ系が
食べたいときにはその前のページにある
「チョコレートココアケーキ」、今日はうんと軽いのが食べたい、
というときはメレンゲ入りの「オレンジ風味のガトー・ショコラ」、
と作り分けています。

あっ、それから「チョコバナナケーキ」や「カフェ・ショコラ」、
「抹茶ホワイトチョコクリーム」もありました!
1冊の中にチョコ系をたくさん入れさせてもらえて幸せです♪

生地の食感なら、「レモンのウィークエンド」が好きですね。
焼きたてを切ってみると一番よくわかるのですが、
ほわほわでオイルっぽい感じがしません。

それから試作中に驚いたのが「桃とピスタチオのケーキ」。
ぐるぐる混ぜなのにとてもふんわり、しっとり仕上がります。
これは黄桃の水分のせいもありますが、キルシュを加えたからかな、
と思います。
試作中に気付いたのですが、アルコールが入ると、
ケーキってふんわり膨らむんですよね。

同じ理由からか、メレンゲタイプの「マロン・スフレ」は
ウィスキーがたっぷり入るのですが、びっくりするほど
膨らみました。

サレ系のおすすめは、
「アスパラと卵のチリソース」。

これはですね、1台に卵が5個も使われています。
そのうち3個は具として使っているのですが、
普通、具材として使う場合、ゆで卵にして加えますよね。

それが私にはとても面倒に思えたので、生卵のまま生地に
割り入れてみたところ、ちょうどいい半熟状に焼き上がりました。

でも、最初は割り入れた卵が全部下に沈んでしまったり、
型に卵白がくっついてカピカピになったりと、
とてもご紹介できるレベルではありませんでした。

そこで卵を完全に下に沈ませない方法やら、
型に卵白をこびり付かせない工夫を施して仕上げたのが
今回のレシピです。
アスパラとオーブンシートの使い方が大事なポイントに。

味はチリソースとトマトケチャップ、マヨネーズですから、
お好きな方も多いのではないかと思います。


試作に試作を重ねたレシピばかりなので、
ぜひ作ってみていただけると嬉しいです。

      ランキングに参加中です♪ 

[

「バターなしでおいしいパイとタルト」4刷のお知らせ

       DSC00559 (299x400)

今年もりんごの美味しい季節がやってきました。

ふじやシナノスイート、ジョナゴールドなど、
店には様々な品種が並んでいますが、アップルパイなら
やっぱり紅玉を使って作りたいですね。
紅玉はあまりないので、見つけると反射的にカゴに入れて
しまいます(笑)

そんなアップルパイが表紙になった
「バターなしでおいしいパイとタルト」の重版が決まりました。

発売からちょうど一年が経ち、
たくさんの方々に手に取っていただくことができましたこと、
本当に嬉しく思っております。
どうもありがとうございました!

りんごの他、栗やナッツ、かぼちゃなど、今の季節に
ぴったりな食材を使ったパイやタルトがいろいろ載っていますので、
ご活用いただけたら嬉しいです♪


          ランキングに参加中です♪ 

イベントのお知らせと3刷のご報告

             bata-nadi.jpg

肌寒さが続く中、今日は春を思わせるような暖かな一日でした。

春に発売になる本の撮影が今日で終了。
まだまだ大事な作業は続きますが、最終日を迎えて
ほっとしています。

そして、今日は嬉しいお知らせをいただきました。
「バターなしでおいしいパイとタルト」の3刷が決まりました。

たくさんの方に手に取っていただき、本当に嬉しいです。

どうもありがとうございました。



そして、そして・・・

重版記念イベントとしまして、
紀尾井町にあるCOOK COOP BOOKさんにて
講習会をさせていただくことになりました。

こちらのイベントには習う側としては何度も参加させて
いただいておりますが、講習をさせていただくのはもちろん
今回が初めてです。

実習形式のレッスンで、本の中からチェリーパイを
みなさまとご一緒に作ります。

バターなしのかんたんなパイですので、お気軽に
ご参加いただけると嬉しいです。


【日時】3月14日(土)  ① 11:00〜13:00〈開場 10:45〉 ② 15:00〜17:00〈開場 14:45〉

【場所】COOKCOOP BOOKキッチンスタジオ〈東京都千代田区紀尾井町4-5 1階〉

イベントの詳細とお申込みはこちら→
になります。

みなさまにお会いできますこと、楽しみにしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

              ランキングに参加中です♪ 

春キャベツで 豚ヒレのポットロースト

        DSC06952 (266x400)
春キャベツの美味しい季節ですね。

冷蔵庫にあった豚ヒレ肉を使って、ポットローストを作りました。

キャベツは部位によって使い分けるといいそうですが、
これは緑の濃い、少し硬めの外側の葉を使い切るのにぴったりでした。

ル・クルーゼにキャベツ、にんにく、椎茸を入れ、フライパンでこんがりと
焼いた肉をのせ、水100㏄、塩少々を加え、ローズマリーをのせて蒸し煮に
すれば完成です。

キャベツが美味しい!
スープも美味しい!

あれ?肝心の肉が・・・

旨みを全部野菜に吸い取られてしまったのでしょうか?
ヒレだったせいか、パサつきもやや気になります。

やはり肩ロースなんかがいいのかな。

脂っぽさが気にならなければ、バラ肉でも美味しそうな気がします。

    ランキングに参加中です♪ 

あけましておめでとうございます

        DSC03530a.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もお菓子や料理の話題を楽しく綴らせていただきたいと
思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

画像は年末の31日に実家に向けて発送したガレットです。

最近、なぜかなんでも四角い形に作ってしまう傾向にありますが、
生地のロスが少なく、成形もしやすいせいでしょうか。

これも弟家族が帰省していることもあり、大勢で食べられるように、
という思いからそうなりました。


        DSC03716.jpg
元旦、わが家ではいつもと同じく、すまし仕立てのお雑煮でした。

お餅、いくつくくらい召し上がりますか?

私が子供のころは、確か4~5個くらい食べていたような記憶が・・・

2個くらいしか食べない今思い出すと、胸やけしそうになりますが、
不思議ですね。


        DSC03731.jpg
そう言いつつ、食後数時間後に今度はお汁粉です(笑)

冷凍庫に炊いておいた小豆があったので、それで作りました。

100gずつ小分けして冷凍しておいたのを解凍し、お湯を小豆の
1/4~半分くらい加えて伸ばし、トースターで焼いた餅をのせるだけ。

飲み物は生姜紅茶。

ジンジャーコンフィチュールのシロップを加えた紅茶です。
生姜紅茶は甘めにして温めて飲むと美味しいです。


         DSC03723.jpg
お正月用に作ったパウンド3種。

手前から

  ショコラ・フランボワーズ

  小豆と生姜

  アップルフルーツケーキ

全部冷蔵庫にあったものを整理するために作ったもので、

ショコラフランボワーズは、マカロン用に作ったガナッシュと
自家製フランボワーズのコンフィチュール、
小豆と生姜は茹で小豆(缶詰め)の残りとジンジャーコンフィチュールの
シロップを切ったもの、
アップルフルーツケーキは、アップルパイのフィリングをピュレにし、
ラムレーズンやオレンジピールを焼き込んだものです。

パウンドは、基本配合さえ覚えれば、材料を足し引きして
アレンジができるので、残り物を一掃したいときにはとっても便利。

そしてこんなところから、あれ、これすごくいいんじゃない?
と言うレシピが生まれたりもするのです。

今回のヒットはショコラ・フランボワーズ。
しっとりしなやかな生地で、チョコとフランボワーズの味も
しっかり出ています。

バレンタインのレッスン、これにしようかしら、と思ってみたり・・・


       DSC03702.jpg
年明けからあれこれ食べ続けていますが、年末の年越しそば、
うちでは鴨南蛮で食べ収めをしました。 

クリスマスに焼いた鴨が家族から評判がよく、
また食べたいと言われたので、そうか、それなら鴨にしようかと
思って近所に出掛けたところ、案の定鴨は取り扱われていませんでした。

そんなとき、頼りになるのがnet。

ありました!いい鴨が・・・
詳しくはこちらをどうぞ。     

初めて鴨を焼いてみて、肉を焼くのって難しいけど、おもしろそうだなあ、
もっといろいろ焼けたらいいのに・・・
なんて思っていたら、先月号の料理通信、そう言えば
「肉焼き」がテーマだったことを思い出し、めくり返しているところです。

今年も「食」にどっぷりと浸かりそうな予感・・・

美味しく、楽しい一年にしたいですね!