おうちで簡単♪ バニラアイスクリーム

  本日放送FM西東京『kirakira☆アヴェニュー』のテーマ
  『冷んやりアイス!かき氷!あなたが好きなのはどっち?』
  にて取り上げていただきました。

 
         DSC06069.jpg
ここのところ、涼しいですが、夏はやっぱりアイスクリーム!
毎年この時期は、せっせとアイスを作って楽しんでます♪

お菓子を作っていて、卵黄だけあまってしまうときなども
アイスクリーム。

牛乳と卵黄、砂糖、あればバニラビーンズを加えると、
手作りアイスもグーンと美味しさアップ。

それに、ゼラチンと水あめを加えるのが私流。
この二つを加えると、ジャリジャリせず、なめらかで
売っているアイスのようなねっとり感が出るのです。

今日はラム酒を加えてちょっと大人味に。

ちっちゃめのディッシャーで、何個か盛り付けると可愛くなりますよ!

ランキングに参加中です♪

バニラアイスクリーム 

  牛乳     500g
  バニラビーンズ 2/3本
  水あめ    大匙1
  卵黄      4個分
  グラニュー糖  70~80g
  板ゼラチン   2.5g(1枚1.5gなら1・2/3枚)
  ラム酒    大匙1

1.板ゼラチンは、たっぷりの氷水でふやかす。

2.牛乳とバニラビーンズ、水あめを軽く沸騰させ、別に合わせておいた
  卵黄とグラニューに少しずつ加え混ぜる。

3.2を鍋に戻し入れ、弱火で78~80℃まで(表面の泡が消えて
  ソースに少し厚みが出てくる)混ぜながら火を通す。

4.漉してから、1のゼラチンを水気を絞って加え、氷水にあてながら
  冷やす。好みでラム酒を加え混ぜる。

5.容器(できれば金属製がよい)に流し入れ、冷凍庫で
  4時間以上冷やし固める。

6.固まったら2~3cm角の切れ目を入れ、フードプロセッサーで
  滑らかになるまで撹拌する。

7.容器に入れて、冷凍庫で1時間ほど固めて出来上がり。

揚げない大学芋

              DSC09755.jpg
秋に大学芋チップスというおやつを作りましたが、
そのときには一度オーブンで焼いたさつまいもを使いました。

オーブンがもうないので、生のさつまいもから作ってみよう、
と考えたのがこちら。

揚げものが面倒だったので、揚げずに作りました。

ポイントはさつまいもの厚さです。
揚げないで作るには、1cmだと厚すぎて火通りが悪くなり、
5㎜では薄すぎて、今度は炒め煮をしている間に形が崩れてしまいます。

というわけで、7㎜厚さに落ち着きました。

最初、やや多めの油でざっと炒めた後、油切りし、
今度は砂糖と塩を加えて砂糖がキャラメル状になるまで炒めます。

この後水を加えるのですが、キャラメルに水を加えるわけですから
当然のことながらはねます。

お菓子を作っていてそんなことは何度も経験済みなのに、
うっかり水をジャッと入れてしまい、危うく火傷しそうになりました。

砂糖と水の量は、さつまいもの大きさ(量)や好みで変えると
いいかと思います。

今日はベニアズマで。

実は、娘の好物のさつまいものスナック菓子を買って帰ろう、
と思っていたところ、1本100円の大きなさつまいもを見つけたのです。

これで大学芋でも作った方が、スナック菓子よりお得感がありそう?
ということでした(笑)

オーブンがなくなって以来、甘いもの欲しさにこんなものばかり作っています。
先日の小豆もそのまますくって食べているうちに、かなり消費しています。

レッスンができないストレスがこんなところに・・・!?

早く再開したいです~。

ランキングに参加中です♪


揚げない大学芋  

   さつまいも 大1本分・・・7㎜厚さの輪切りにし、あく抜きする
   サラダ油    大匙1~2  
   砂糖      大匙1
   塩       ひとつまみ
   水       大匙2~3(さつまいもの量によって調節)
   炒りごま    適宜

1.フライパンに油を熱し、さつまいもを入れて炒める。
  両面きれいな黄色になってきたらざるに空けて油を切る。

2.1をフライパンに戻し入れ、砂糖と塩を加えて絡めるように炒める。

3.砂糖がキャラメル化してきたら一旦火から下ろして水を加え(火傷に注意)、
  混ぜる。

4.中火にかけながら、水分がなくなるまで炒める。
  水がなくなってもまだ固ければ、水を少し足して炒め続ける。

5.炒りごまを振って仕上げる。

キャラメルナッツ・クランブルタルト

               DSC05415a.jpg
この頃、冷蔵庫にある材料でパッとひらめいたものを作る
ことが多くなりました。
というより、とにかく何か作らなくっちゃ!
という状況が多い、と言った方がいいかもしれません。

幸い、クレームダマンドやタルト生地、クランブルなどは
たいてい常備されているので、これらに助けられています。

こちらはタルトリング型にタルト生地を仕込み、ガナッシュを混ぜた
クレーム・ダマンドを詰め、カリカリのプラリネとクランブルを
のせて焼いたタルトです。

                DSC05417a.jpg
その時あるものでサッと作ったものは、レシピを残さずにそのままに
してしまうことが多いので、時々生徒さんから、
「この間のお菓子、美味しかったんで、今度やってください。」
と言っていただいても、自分で作っておきながら作り方がまったく
思い出せないということがよくあります。

今日はちょっとメモしておきます。

焼く温度が高めなのは、アップルパイを焼いている途中で
オーブンに入れたからです。
いつもは180℃程度で焼いていますが、案外パリッと色よく焼けました。

                DSC05424a.jpg
ブログを書いている途中でアップルパイも焼き上がりました。
今日のパイは練りパイを使って、中身もいつもと少し変えました。

これもメモ、メモ・・・


チョコレートとキャラメルナッツのクランブルタルト 

 タルトリング 10個分

  パート・シュクレ    適量

  クレーム・ダマンド  100g
  ガナッシュ       60g
 
  ナッツのキャラメリゼ  適量

  クランブル       適量

1.タルト生地を敷き込んだリングに合わせたaをスプーンに1杯ずつ詰め、
  キャラメルナッツとクランブルを順にのせて焼く。
  220℃上段(下段はアップルパイ)で12分。


クレームダマンド入りアップルパイ 

  パート・ブリゼ・ラピッド 1単位+α

  クレームダマンド  200g
  ラム酒        小匙1

  アップルパイのフィリング 1/2単位

1.パイ生地を敷き込んでクレームダマンドとフィリングを詰め、
  パイ生地で蓋をして焼く。縁は上下くっつけてからナイフで断ち切る。
  220℃~180℃ 1時間

ランキングに参加中です♪  







GABANスパイスで作るハロウィンのお菓子

                DSC04708a.jpg

今年もハロウィンの季節がやってきました。
かぼちゃを使った料理やケーキで楽しく盛りあがりましょう!

先日、レシピブログさんの「GABANスパイスで香り高く♪秋のスイーツレシピ」
という企画で、GABANスパイスをいただきました。

昔からスパイスといえばGABAN、ですからとっても嬉しく、
早速お菓子に使わせていただきました。

シナモンは、りんごをはじめ、かぼちゃやさつまいもなど、
秋の食材と本当に相性がいいですね。

シナモンの香りが大好きなので、クッキーやパウンドケーキ、
プリンなど、いろいろなお菓子に使いますが、今日は
「かぼちゃのスティックケーキ」を焼いてみました。

最近流行りの「水切りヨーグルト」を使ったレシピで、とても
しっとりしています。
水切りは一晩くらいするといいかと思います。

砂糖の量がかなり多くて驚かれるかもしれませんが、
野菜のケーキですので、このくらい入った方が味がボケず、
美味しく仕上がります。
でも、気になる方はもう少し減らしてくださっても結構です。

手でつまんで気軽に食べられるスティックケーキはパーティにも
ぴったりです♪

かぼちゃのスティックケーキ 

 15㎝角の角型1個分 
  バター         45g
  a ブラウンシュガー 105g
    蜂蜜        10g
    卵         1/2個
  かぼちゃ       120g
  GABANシナモンパウダー 小匙1/2
 ※水切りヨーグルト    40g
  b 薄力粉       90g
    ベーキングパウダー 小匙1

1.かぼちゃのペーストを作る。かぼちゃをレンジで4~5分加熱して皮を剥き、
  フードプロセッサー(FP)にかけてペースト状にする。

2.バターをFPでクリーム状になるまで撹拌し、aを順に加えながら
  滑らかになるまで撹拌する。
  1とGABANシナモンパウダーも加え、撹拌する。

3.合わせてふるったbの半量を加え、スイッチを断続的に入れてざっと混ぜたら、
  水切りヨーグルトを加えて同様に回す。残りのbを加え、同様に撹拌する。

4.型に流し入れ、180~170℃のオーブンで20~25分焼く。

※水切りヨーグルト 
ヨーグルトをペーパータオルを敷いたざるにあけて水切りしたもの。

【レシピブログの「GABANスパイスで香り高く♪秋のスイーツレシピ」モニター参加中】
スパイススイーツの料理レシピ
スパイススイーツの料理レシピ


ランキングに参加中です♪

大学芋チップス

               DSC04831a.jpg

さきほど、夕飯に作ったさつまいものオーブン焼き。
アツアツのうちはそのままでも美味しいんですが、
時間が経つとひからびたようになって美味しそうじゃないので、
フライパンで大学芋風おさつチップスに。

先にオーブン焼きしてあるので、お芋の甘さが十分出ています。
かといって甘すぎず、後を引きます!


大学芋風おさつチップス  
  
  ※さつまいものオーブン焼き さつまいも2本分
   サラダ油          大匙1  
   砂糖            大匙1
   塩             ひとつまみ
   水             大匙1
   炒りごま          適宜

1.さつまいものオーブン焼きをフライパンに入れ、
  サラダ油を回しかけて中火にかける。

2.油が回ったら砂糖と塩を加えて絡めるように炒める。

3.砂糖がキャラメル化してきたら一旦火から下ろして水を加える(火傷に注意)。

4.中火にかけながら、水分がなくなるまで炒める。

5.炒りごまを振って仕上げる。

※さつまいものオーブン焼き

   さつまいも       中2本
   
1.さつまいもを斜め7㎜厚さにスライスし、水につけてアクを抜く。
2.ペーパータオルで水気を拭き取って天板に並べ、オーブンで焼く。
  200℃18分、最後の5分は裏返して230℃で焼く。

ランキングに参加中です♪

寒天のフランボワーズソルベ添え

                 DSC08715.jpg
オレンジ寒天を作ってからというもの、寒天を
使ったデザートが気になります。

撮影も兼ねて、昨夜固めておいた寒天に、作りたての
ソルベを添えて朝食後に食べました。

オレンジ寒天では棒寒天を使用しましたが、
今回は粉寒天で。

こちらの方が手に入りやすいですし、もどさなくいいので
やっぱり手軽です。

ソルベは即席ですが、これは使えます♪

フランボワーズの他、マンゴーやバナナ、桃などを
使ってもいいですね。
フルーツは必ず冷凍してください。

飾りのつもりで添えたレモンが、思い掛けず、
いい仕事をしてくれました。


寒天のフランボワーズソルベ添え 

 ■寒天・・・4~5人分
   水          430g
   粉寒天        1袋(4g)
   砂糖          20g
   レモン汁        小匙1
 ■フランボワーズソルベ・・・2人分
   フランボワーズ(冷凍) 60g
  ※シロップ        30g
 フランボワーズ、スライスレモン 各適宜
 
1.水と寒天を鍋に入れて、かき混ぜながら中火で2分ほど火を通す。
  寒天が溶けたら砂糖を加え、更に1~2分火を通す。

2.裏漉してレモン汁を加え混ぜ、冷やしておいたバットに流す。

3.常温で固め、冷蔵庫で冷やす。

4.ソルベの材料を合わせてフードプロセッサー又は
  ハンディブレンダーで撹拌する。

5.3を角切りにしてグラスに入れ、4を盛りつける。
  フランボワーズとスライスレモンを飾る。

※水と砂糖を2:1で煮溶かし、冷ましたもの。

ランキングに参加中です♪

オレンジで寒天デザート&ドリンク

              DSC08447.jpg
最近また寒天ブームがきている気配が・・・
お店に行くと、寒天のスペースが空っぽになっているんです。

何軒か回ってやっと手に入れた棒寒天。
パウダー状のものでもよかったんですが、
一度使ってみたかったので。

何を固めようか考えた末、うちにあったオレンジと
オレンジジュースでオレンジ寒天を作ることにしました。

ゼラチンで固めるデザートの場合、氷たくさんあったっけ・・・
と不安になりますが、寒天のいいところは、常温で
固まってくれるところ。

30~40℃で固まりますから、室温に置いておけば、
自然に固まってくれます。

              DSC08427.jpg
              オレンジをた~くさん使いましたよ。


それに、実と果汁だけ使ったので、皮もた~くさん余りました。

何かに使えないかと思って、冷蔵庫を見ると、
飲み残しのワインがボトルに少し残っていたので、
サングリア風の飲み物を作りました。

              DSC08454.jpg

開けてから随分経っていたので、アルコール分は
とっくに飛んでいるだろうと思ったものの、
一応フランべさせるために鍋を傾けたら、火柱が立った!

換気扇、換気扇!!

焦りました


オレンジ寒天は、ゼラチンのやわやわとした食感とは
また違った「歯ごたえ」があります。

でも、ブリっとした固さではなく、口のなかでスッと
ほどけてゆくような心地よい食感です。

てんさい糖を使ったせいか、やさしい甘さです。

8~10人分はあろうかという分量だったのですが、
娘が一度に半分食べてしまいました!!

いくら寒天ローカロリーだからって、そんなに食べたら
おんなじだよ、
と止めるのも聞かずに。


ドリンクの方は、赤ワインベース1に対し、水2の割合で
割って飲んでみたら、少量でも満足のゆく濃さになりました。

ポリフェノールも摂取できるので、毎日少しずつ飲んでみようかと
思います。


オレンジ寒天   
  バット1個分
   棒寒天         1本(10g)
   オレンジ        5個
   オレンジジュース    絞り汁と合わせて650㏄になる分量
   てんさい糖       40g

 1.棒寒天は洗って水で30分以上ふやかす。
 2.オレンジは皮を剥いて実を取り出し、実が残っている皮は、
   絞って果汁を取る。ここにジュースを足して650ccにする。
 3.2のジュースと、水気を固く絞った1をちぎりながら鍋に入れ、
   中火にかける。混ぜながら煮立たせ、寒天が溶けたら砂糖を
   加え、弱火で5~10分火を通す。
 4.裏漉して2のオレンジの実を加え混ぜ、バットに流して
   常温で固める。固まったら冷蔵庫に移し、よく冷やす。
 5.ナイフで切り分けて皿に盛る。

サングリア風ドリンク  
   150㏄分
     赤ワイン      160㏄
     砂糖        50g
     オレンジの皮    1/2個分 

1.オレンジの皮は、オレンジ色の部分だけを
  薄く削ぐ。
2.1と赤ワイン、砂糖を鍋に入れて強火にかけ、
  フランべする。
3.炎が収まったら中弱火で2~3分煮詰める。
4.冷ましてから容器に移して保存。
  水又は炭酸、ジュースなどで、好みの濃さに薄めて飲む。

ランキングに参加中です♪

圧力鍋で 黒糖ジンジャーシロップ

              DSC08272.jpg
最近、夕方図書館へ行き、帰りにスイカを買って帰る、
というのがお決まりのパターンになっています。

本の一斉処分をして以来、買わない、持たない、
を実践すべく、図書館通いをすることになりました。
近くにあるのはありがたいことです。

新生姜の季節もそろそろ終わりでしょうか。
スーパーにまだあったので、ジンジャーシロップを
作りました。

ひね生姜でもできるのですが、やはり柔らかくて
みずみずしい新生姜で作るのがいいですね。


         DSC08247.jpg
てんさい糖と同じく、お菓子に使おうと思って
買っておいた黒糖がたくさん余っていたので、
それを利用しました。

いつもは何十分も煮込むところが、圧力鍋を使えば
たったの10分で出来上がり!

炭酸水を買いにゆき、早速ジンジャーエールを作りました。
何杯も作って飲んでみて、決まったのがこの配合。

  ジンジャーシロップ  大匙1
  炭酸水         大匙4


ガブ飲みするものでもなさそうなので、この分量で
一人分にしておきますね。

ジゴンをお持ちの方でしたら、ジンジャーシロップを
入れた後、水平線の模様のところまで炭酸水を注いで
いただけばOKです♪

水でもいいのですが、やはりパンチがないというか、
何か物足りなく感じてしまいます。

また、レモン汁を加えてみたところ、入れない方が
ジンジャーエールらしさが出るような気がしました。

シロップと一緒にできる生姜を、何に使おうか考えるのも
楽しみです♪



圧力鍋で作る黒糖ジンジャーシロップ
約2カップ分

  新生姜     200g 皮を剥いて2~3㎜厚さにスライス
  黒砂糖     200g
  水       300cc

1.材料を圧力鍋(フィスラー2.5リットルを使用)に入れて強火に掛け、
  あくを取り除く。

2.蓋を閉めて強火にかけ、ピンが上がったら弱火にし、10分加圧する。
  そのまま自然に冷まし、ピンが下がったら出来上がり。

ランキングに参加中です♪

ルクエでタルト・タタン♪

             DSC00690.jpg
ルクエが届いてからというもの、その便利さにすっかりはまり、
毎日野菜の下ごしらえやおかず作りに活用しています。

そのうち、やっぱり試してみたくなったのがお菓子作り。
ルクエはレンジだけでなく、オーブンにも対応していますから、
これは利用できそうです。

早速、紅玉を使ってタルト・タタンを作ってみました。
いつもはフライパンで行うりんごの下ごしらえもルクエを使って
電子レンジでチン♪
DSC00659.jpg DSC00660.jpg

次にルクエにキャラメルを流し(これは鍋を利用)、りんごを並べて
オーブンへ。
DSC00662.jpg DSC00667.jpg DSC00668.jpg

別に焼いたパイ生地を乗せてもう一度焼いて完成です。
DSC00674.jpg

キャラメルを作る以外は全てルクエ1個でできてしまうのですから
本当に便利。
あっという間に飴色に輝くタルト・タタンが出来上がりました。

もうひとつ、タルト・タタンで大事なのが型から出すところ。
金属製の型を使って作るときは、タイミングを見計らいながら、
サイドにナイフを入れて慎重に慎重に抜き出していましたが、
ルクエで作ったタルト・タタンは、ひっくり返すだけでOK。
あまりにスルリと型から出てきたので、思わず拍子抜けしてしまいました。

熱々を切り分け、ほおばると、りんごの甘酸っぱい香りと
サクサクのパイ生地の絶妙なコンビネーションに幸せを感じます。

マンケ型で作るいつものタルト・タタンに比べると、りんごの割合が
減りましたが、私はこっちのバランスの方が好きです。

紅玉のあるうちに何度も作りたくなるデザートです。

              DSC00694.jpg

★レシピはこちら
「タルト・タタン」で検索してください。

ランキングに参加中です♪        

りんご入り♪紅茶風味のしっとりケーキ(補足です♪)

           紅玉とティフィンのケーキ

こちらでご紹介しているりんごのケーキ、最近クックパッドでも閲覧して
くださる方が急に増えて、嬉しく思っております。

今朝も作ってくださったSさんからお電話で「美味しかったです。」
とのお言葉をいただきました。ありがとうございます♪

Sさんから「焼き色があまり付きませんでした。」と伺って、
そうだった、と思い出したことがあります。

画像ではシリコン製の型を使って焼いておりますが、実はシリコン製の型は
金属製の型に比べて焼き色が付きにくいのです。

それでも、うちのオーブンはガスなので、何とか画像程度の焼き色は
付きましたが、電気オーブンの場合はかなり白っぽくなってしまうようです。

対策としましては、

〇オーブンの温度を焼き始めから10?15分間、10?20℃上げる。
〇型にバターなどの油脂を塗って焼く。


このいずれかをお試しいただけますでしょうか。

ただ、オーブンによって適正な焼き時間や温度はそれぞれ異なりますので、
温度や時間はあくまでもご参考まで、ということになってしまうところは
ご了承いただけますでしょうか。

オーブンを使いこなすのは難しいですね。

Cpicon りんご入り♪紅茶風味のしっとりケーキ by sweetsnote
ランキングに参加中です♪ご覧下さってありがとうございました。