オレンジの人参ドレッシングマリネ

               DSC09616 (266x400)
暑さが少しだけ収まったので、
今日は午前中家の片づけをしていました。

といってもクローゼットの中と本の整理だけです。

本はもう増える一方で、減らそうにもどうにもこうにも・・・(笑)
仕方なく、食器を入れていた棚を半分明け渡し、そこに
収納することにしました。

食器より本が大事なのか?
と聞かれるとどっちも大事なのですが、
最近、食器は買わなくなりましたね~。

というのも、結局白とガラスの器以外はいつか飽きてしまう、
ということがわかったからです(笑)

使う頻度の高いのはセットで持っているジノリですかね。
食洗器への収まりがよく、人数が多い時でも後片付けが楽なんです。

ベッキオホワイトのプレートが3種類、スープ皿が2種類、豆皿、
それからシリーズの異なるフルーツ皿を。

大皿で使用頻度が高いのは、ポルチェラーナ・ビアンカで
買った白の楕円皿2枚。

これにアピルコのカフェオレボウルとスクエアプレート、
ココット型でおもてなしには十分です。

ガラス器はブランドにはこだわらず、
好きな形のものをいくつかそろえていますが、
最近よく使っているのがイッタラのカルティオ。

飲み物にもいいのですが、デザートにぴったりなのです。
余計な飾りのない、すっきりとしたデザインで、
スタッキングもでき、収納場所を取りません。
買ってよかったな、と思っている実用的な品です。

グラスはボダムのアッサムを愛用しています。
これに氷を入れてアイスコーヒーを飲むと、
氷がカラカラと回るきれいな音に、癒されるんですよね~。
最近のささやかな楽しみです(笑)

手前のオレンジの人参ドレッシングマリネは
ジノリのフルーツ皿に盛り付けました。

奥は鶏肉の塩麹レモン生姜焼き。
ノリタケの業務用プリマデュラというシリーズの
シリアルボウルで、普段一番よく使っている器です。


食器だけではなく、そろそろ本当に使うものとそうでないものを
仕分けしていかないといけないな~、と思う今日この頃です。


             ランキングに参加中です♪ 

安納芋のポタージュと大豆のパプリカ煮

            DSC02102 (266x400)
いつもよくしていただいている鹿児島のHさんから、
箱いっぱいの安納芋が届きました。

安納芋といえば、さつまいもの中でも甘味が強く、
大人気の品種ですね。

お菓子に使いたいのはもちろんなのですが、
それだけではもったいないので、
まずはポタージュスープにしてみました。

安納芋に野菜を数種類プラスして圧力鍋で加圧後、
ミキサーでクリーム状にし、牛乳を加えてのばします。

たったこれだけなのに、ほんのり甘くてやさしい味の
ポタージュが出来上がりました。

こういうシンプルな料理は素材の味が決めてなんですね。

今日のような寒い冬の日にぴったりです。



         DSC02124 (266x400)
もうひとつ、最近よく作っているのが
大豆のパプリカ煮。

本当はひよこ豆で作るはずだったのですが、
たまたまなくて、代わりに大豆の缶詰で作ったら、
ひよこ豆特有の臭みがないせいか、こちらの方が
気に入ってしまいました。

玉ねぎ、セロリ、トマト、パプリカなど、たっぷりの野菜と、
クミン、オレガノ、コリアンダー、パプリカパウダーなど
スパイス数種と一緒にフライパンで軽く煮込むだけ。

ここまでならモロッコ風ですが、
オリーブやケッパーを加えると、南仏風の味に。


豆そのものに旨みがあるので、余計な味付けをしなくても
美味しく仕上がります。

このまま食べるほか、パンにはさんだり、つぶして煮込み料理の
ベースにするなど、使い道はたくさん!
多めに作っておいて、いろいろ展開させています。


          ランキングに参加中です♪ 

厚揚げとキャベツのコチュジャン・トマト煮

       DSC00677 (266x400)
いつもは焼いて生姜醤油で食べることの多い
厚揚げをトマト煮にしてみました。

ポークビーンズがあるなら厚揚げのトマト煮も
ありかな、と思って作ってみました。

たっぷりのキャベツと厚揚げ、トマトの水煮缶を
ルクルーゼに入れて蒸し煮にし、隠し味にコチュジャンを
加え、こくを出しました。

煮込んだ厚揚げは、焼いた時とは違うもちっとした食感で
気に入りました。

意外にボリューム感のある野菜料理です。

    ランキングに参加中です♪ 

キャベツと厚揚げのコチュジャン・トマト煮

  aキャベツ   1/2個 ざく切り
   塩      小匙1
   オリーブオイル 大匙1
   中華スープの素 小匙1
   トマト水煮缶 1缶

  厚揚げ  1パック(2枚入り)
     1枚を8等分して熱湯を回しかけ、油抜きをする。

  コチュジャン 小匙1.5

1.aをルクルーゼに入れて蓋をし、強火~中火で10分蒸し煮する。

2.厚揚げを加え、3~4分煮込む。

3.コチュジャンを加えて3分ほど煮込む。   

根菜の煮物

        DSC00575 (266x400)
秋になると食べたくなる煮物。

地味なんですが、味が決まると嬉しくなって
メモに残しておいたりします。

スピーディに仕上げたい時はフライパンで、
じっくり煮たいときにはル・クルーゼで。

こちらはフライパンで作った、
レンコンとこんにゃくの煮ものです。
レンコンは薄く切り、こんにゃくも味の染み込みやすい
ねじり糸こんにゃくというのを使っています。



       DSC00344 (266x400)
こっちはル・クルーゼで作った、里芋とレンコンの煮もの。

里芋はごろっと、レンコンも厚めに切って煮込みました。

醤油を使うと里芋の色が悪くなって、どうも食欲を
そそられないので、塩で味付けしました。

里芋が好きになったのはつい2~3年前でしょうか。

コロッケを食べてその美味しさに目覚め、
里芋料理を作るようになったのですが、
皮を剥いている段階で手がかゆくてかゆくて・・・

今日もやっぱりかゆくなりました。
なにかいい方法ありませんかね。


どちらも薄味仕上げです。

     ランキングに参加中です♪ 

レンコンとこんにゃくの煮もの

 aレンコン  1節 皮を剥いて2㎜厚さにスライスし、
           水にさらす。
  こんにゃく 200g入り2袋 熱湯でゆでる。
  しいたけ  1パック そぎ切り

 b塩     小匙1/3
  ごま油   小匙1
  だし汁   200㏄

 c醤油    小匙1
  砂糖    ヨーグルトの砂糖1袋分

1.aとbをフライパンに入れて蓋をし、
  強火で5~6分蒸し煮する。

2.cを加えて煮汁がなくなるまで火を通す。


里芋とレンコンの煮もの

 里芋  5~6個 流水で皮を剥き、水に浸す
 レンコン 1節  皮を剥いて8㎜厚さの輪切りにし、
          水にさらす。

 塩   小匙1/2
 だし汁 50㏄
 サラダ油 大匙1/2

 酒   大匙2
 みりん 大匙1

1.ル・クルーゼにサラダ油を熱し、里芋とレンコンを
  加えてざっと混ぜる。
  塩、だし汁を加えて蓋をし、中火で10分蒸し煮する。

2.酒とみりんを加え、蓋をして弱火で10分蒸し煮する。

レタスの玉ねぎドレッシング+ミートディップ

       DSC00452 (266x400)
レタスにひき肉ディップをかけたものが好きで
よく作るのですが、今日のお昼はここに玉ねぎドレッシングを
プラスしてみました。

玉ねぎを余計に買い込んでしまったので、
昨夜作っておいたのです。

うちの玉ねぎドレッシングは、
油:お酢が1:2の割合。(普通はこの逆?)
そして塩と砂糖が少し入ります。

玉ねぎ3個をスライサーでひたすらスライスし、
水にしばらく浸した後、水気をよくふいて
ガラス容器に移し、落としラップをして漬け込んでおくと、
翌日にはしんなりして味も落ち着きます。

マリネやサラダに使うほか、肉料理に添えて口直しに。

ポテトサラダに入れても美味しいです。



        DSC00446 (266x400)
一緒に添えたのは、ジンジャー・ライム・ミントドリンク。

Mさんに、何か美味しいソフトドリンクのレシピを、
と尋ねられ、本に載っていたものをご紹介したのですが、
私自身、それをまだ試したことがなかったのです(無責任な!)

それで、お昼に作ってみたのですが、
う~ん、限りなくジンジャエールそのものだな~・・・

ということで、Mさんごめんなさい!
あっ、でも元のレシピはここにグレナデンシロップが加わるので
一味違ってくるかと思います。
よかったら試してくださいね!

   ランキングに参加中です♪ 

玉ねぎドレッシング

   玉ねぎ   3個 スライサーでスライスし、水にさらす
   
   白ワインビネガー 120㏄
   塩       小匙1
   砂糖      小匙1/4
   オリーブオイル   60㏄

豆腐のマリネサラダ にんじんのペペロンチーノ風

          DSC00035 (266x400)
ウォールナットのダイニングの表面が白茶けてきたのが
気になっていました。

オイル仕上げの無垢材はメンテナンスが必要、
と言われていたのに、ずっと放置していたからでしょう。

オイルと言っても何を使えばいいんだろう?

いろいろ見比べた結果、こちらを購入。

   

「ワイマンレモンオイル」。
ほのかにレモンの香りがして、オイル臭さがありません。

柔らか目の布に含ませて塗り、乾拭きした後、
半日ほど乾かせば完了です。

驚くほどつやつやになりました。

手入れを重ねるごとに愛着が湧いてきそうです。


今朝は昨日作っておいたサラダ&マリネでした。

豆腐とレタスのサラダ
  レンジで水切りした豆腐にオリーブオイルと塩、酢、醤油
  をかけて和え、白炒りごまとレタスを加えてサッと混ぜたもの。

  木綿豆腐は手で粗くちぎると、味がしみやすいようです。

にんじんのペペロンチーノ風  
  レンジ加熱した人参に、ドライトマトとにんにく、鷹の爪、
  オリーブオイルを加えて再加熱し、クミンを混ぜてマリネ。
  
  ドライトマトの塩気でにんじんの甘さが引き立ちました。
     
きゅうりとパプリカの塩麹和え
  パプリカと塩もみしたきゅうりの角切り、水にさらした
  赤玉ねぎの粗みじん切りを塩麹、オリーブオイル、酢で
  和えました。
  
  うちで定番化したおかず。なくなるたびに補充しています。


どれも火を使わずにすぐ作れます。

テーブルを見て、娘が一言。
「タニタ食堂だね!」

あそこまでバランスが取れていればいいのですが。

     ランキングに参加中です♪ 


にんじんのペペロンチーノ風

  aにんじん  2本 縦半分にして2㎜厚さの斜め薄切り
   塩     小匙1
   水     大匙2~3

  bにんにく  1/2片 丸ごと
   ドライトマトのみじん切り 大匙2
   鷹の爪(輪切り) 好みの量
   オリーブオイル 大匙1

  クミンシード 大匙1/2
  コショウ

1.aをボウルに入れて蓋をし、750Wで3分加熱する。
  ざるにあけて水気を切る。

2.1のボウルにbを加え、人参を加え混ぜる。
  蓋をして750Wで2分加熱する。

3.クミンシード、コショウを加え混ぜる。

簡単野菜料理 ガスパチョなど

             DSC00019 (266x400)
猛暑が舞い戻ってきましたね。
これで最後!
と言い聞かせながら、日中、炎天下の中を歩き回っていたら、
滝のような汗が・・・
ぐったりですね。

暑いときに嬉しいのが冷たいスープ。
冷蔵庫にあった作り置きのトマトとバジルのマリネを
ミキサーにかけて簡単ガスパチョに。

一杯飲み干すと、お腹の中から涼しくなります
(これって身体にいいんですかね?)。



           DSC00018 (266x400)
キャベツのオリーブ、ドライトマト炒め。

レンジで軽く火を通したキャベツをオリーブオイルで炒め、
刻んだ黒オリーブ、ドライトマトを加えて塩、コショウで調味。



           DSC00012 (266x400)
茄子のマリネ 中華風&イタリアン

スライスしてあく抜きした茄子10本、1㎝幅の輪切りにした
赤玉ねぎ2個を全部一緒にオーブンで焼いて半分ずつに分け、
それぞれ中華風、イタリア風の漬け汁でマリネしました。

中華風は
   干しエビ 大匙1 
        水40㏄を加えてレンジで2分加熱
        汁ごと加える
   冷やし中華だれ 大匙5
   ラー油  小匙1/2
   花椒(ホールを砕いたもの)小匙1
   生姜  1片 
       皮を剥いて千切りにし、レンジで3分加熱

イタリア風は
   塩        小匙1
   赤ワインビネガー 大匙2
   バジルペースト  大匙3
   コショウ
   にんにく  1/2片 丸のまま

それぞれ調味料を全部合わせてマリネ液に。

野菜室がきれいに片付きました。

なすはどんな料理にしても美味しいですね。
秋なすも楽しみです。


     ランキングに参加中です♪ 
        

にんじんの常備菜

         DSC09998 (266x400)
冷蔵庫の中にいつも何かしらあるのが、
にんじんのサラダやマリネ類です。

今日は3種類あったので、少しずつ全部盛りしてみました。

手前から

   ツナとにんじんのマリネ

   にんじんの胡麻和え

   クミン風味のキャロット・ラペ 

マリネとキャロット・ラペはスライサーを使っていますが、
そうすると必ず最後の方が余るので、その部分を
胡麻和えにしました。

どれも気に入っているのですが、最近特に好んてよく
作るのがツナとにんじんのマリネです。

レンジで蒸したにんじんに、ツナ缶と白ワインビネガーを
加えて和えるだけなのですが、旨みのある素材同士なので、
簡単な割には美味しいです。

一つこだわっているのは、ツナ缶。
これは必ずまぐろのツナ缶で。

何気なく手にしたツナ缶で作ったら、
あれ?なんだかいつもと違う。旨みがちょっと足りない・・・

缶の表示を見ると、かつおのツナ缶でした。
以来、「まぐろ」と表示されているものを買うように
なりました。

生のままだとやっぱり固さと青臭さが気になるので、
どれもレンジで加熱した後、香辛料やマスタード、
お酢などを加えて食べやすくしてあります。

クミンシードやコリアンダーやパプリカパウダー、
カレー粉、白ごま、粒マスタードなどいろんなもので
変化を付けますが、以外によく合ったのは、
シナモンパウダーでした。

お菓子のキャロットブレッドにはよく使いますが、
マリネに入れてもにんじんの甘さが引き立って
美味しかったです。

酢はワインビネガーがよく合うと思います。
さっぱりとさせたいときは白、コクを持たせたい時には赤を。

また、にんじんをレンジ蒸しする際、水の代わりにシェリー酒で
蒸すと、シェリービネガーを使ったようにとても香りが
よくなります。
にんじんとオレンジを組み合わせるときなどにはこの方法で。

常備菜にしておくと、一日1本くらいは楽に食べられますよ。


    ランキングに参加中です♪ 


ツナとにんじんのマリネ

 人参  3~4本 ピーラーで剥く
 ツナ缶 1缶
 白ワインビネガー 大匙2~3

1.人参と塩小さじ1/2、水大匙2~3をボウルに入れ、ラップをして
  750Wで3分加熱。

2.水気を切り、汁をざっと切ったツナ缶と白ワインビネガーを加えて
  和える。



収穫野菜で

         DSC09956 (266x400)
まだまだ暑さは続いていますが、
日の落ちる時間が少しずつ早くなってきましたね。

実家で数日過ごし、帰り際に、近所に住む叔父から
なすやオクラなど、菜園で収穫したばかりの野菜を
もらいました。

葉っぱのついたピーマンや、ちょっと曲がったなす、
ピーンと元気いっぱいに伸びたオクラなど、店に並ぶ
野菜に比べて個性豊か。



        DSC09957 (266x400)
茹でたオクラとオーブンで焼いた茄子とピーマン、
ミニトマトを出汁に浸し、一晩おいたものです。

野菜の甘さが引き立つよう、みりんや砂糖など入れず。
塩、酒、醤油だけで調味しました。

そうめんなどを入れてもよさそうです。



         DSC09958 (266x400)
一方、うちの庭には、バジルがわさわさと元気に育って
いました。

高さ50センチほどにまで成長しているのを見て、
一度枯らしている私は、なんでここまで育つのか
不思議でなりませんでした。

母が「今年はもうこれで終わりにしようかと思って・・・」
と言うので、全部摘み取って持ち帰ってきました。

バジルは冷蔵庫に入れるとすぐに黒ずんでしまうので、
まずは細かく切ってトマトマリネに。

ざく切りにしたトマトは半分種を取り、
塩、コショウ、オリーブオイル、赤ワインビネガー、
芽を取ったにんにく1/2片を加え、バジルも加えて
軽く混ぜ、一晩マリネしました。


穫れたての野菜に触れていると、
大事に料理しなくちゃ、という気持ちが自然に湧いてきます。

自分で野菜を育てられたら楽しいだろうな、と
思いました。

     ランキングに参加中です♪ 

ひよこ豆のカレー

         DSC09861 (266x400)

暑気払いにカレーの風味はもってこいですね。

ストックしてあったひよこ豆の缶詰でカレーを作りました。

ひよこ豆は、缶臭さが気になるので、
汁を切ってから湯洗いしています。

カレー粉以外のスパイスは適当に。
娘が辛いのをまったく受け付けないので、
仕方なくカイエンペパーを抜きましたが、
入れた方がピリッとして美味しいです。

他の材料は玉ねぎ、トマト、なす、にんにくなど
いつもうちにあるものだけで作れるので、
買い物に行くのが面倒、というときに便利。


        DSC09843 (266x400)

スパイシーなものと組み合わせたのは、純和風の汁物です。

かぶの実をマリネに使った後、余った葉っぱを
サッとゆでてから油揚げと一緒に煮びたしに。

温めても冷たく冷やしても美味しいです。


どちらも多めに作って冷蔵庫にストック。

野菜料理は下ごしらえが面倒なので、作り置きが
一品でもあると気が楽です。

    ランキングに参加中です♪ 

ひよこ豆のカレー

  aにんにく  1/2片
   クミンシード 大匙1
   サラダ油   大匙1.5  
  塩     小匙1/2
  玉ねぎ   1個 スライス
  bカレー粉  小匙1
   コリアンダー、カルダモン、ターメリック 適量
  cトマト   1個 ざく切り
   なす    2本 縦四つ割りにして2㎝角に切り、            
            あく抜きして水気を絞る 
   ひよこ豆  1/2缶(正味110g) 
            缶汁を切り、湯洗いしてざるに空ける。 
  d水    200㏄
   コンソメ  小匙1/2
  ガラムマサラ 適量
  オイスターソース 大匙1

1.ルクルーゼにaを加えて炒め、ぱちぱち音がしてきたら
  玉ねぎを加えて炒める。
  途中で塩を加え、しんなりするまで炒める。

2.bを加え、cを加えて炒める。

3.dを加えて煮立たせ、蓋をして弱火で10分煮込む。

4.ガラムマサラを加え、オイスターソースで調味する。