甘酒

       IMG_2033-photo (300x400)
仙太郎の桜餅に合わせて
甘酒を作りました。

甘酒、苦手なのですが、
先日会った友人が、最近甘酒にはまっているそうで、
「美味しいよ、糀で作るのは大丈夫だから。」
と言っていたので、試しにスーパーで売られている
糀から作った甘酒を飲んでみました。
うーん、やっぱりダメかも・・・

いつもならここで止めるのですが、
「飲む点滴」とまでよばれる甘酒、
自分で作ったら飲めるかも、と糀を買って作ってみました。



      IMG_2037-photo (400x395)
濃度を付けるため、水分量を減らしましたが、
袋の表示を参考に、炊飯器で簡単に作れました。

めったに使わない炊飯器。
ここで出番が回ってくるなんて・・・
(あとでご飯も炊こう。)



さて、途中、かき混ぜながら6時間ほど保温して完成。
スプーンですくって恐る恐る口にすると、
「甘い!」

びっくりしました。

このままガブガブと飲めそうにはありませんが、
何かで割って飲むとか、用途をいろいろ考えるのが楽しみです。



発酵食品、実はあまり得意じゃないんですが、
最近、いろいろガンバっています(笑)

          ランキングに参加中です♪ 
      






ソルダムのソーダ

             DSC09632 (266x400)
秋に発売になる本の撮影が、今日で最終日を迎えました。

真夏の焼き菓子撮影は想像通りの厳しさでしたが、
スタッフのみなさんと一緒に楽しい時間を
過ごさせていただきました。

今回は初めて経験するスタイルでの撮影で、
とても興味深かったです。

どんな本に仕上がるのか楽しみです。



写真は、ソルダムのソーダ。

             DSC09635 (266x400)

種も皮も付けたまま、砂糖と一緒にちょっと煮込むだけで、
色鮮やかなコンフィチュールが出来上がります。

短時間で煮あがるので、たくさんは作らず、
1パック分だけにしておきました。

ピールやコンフィチュールは作るとなると、
つい欲張って大量生産してしまいがちなのですが、
これくらいなら冷蔵庫のスペースもとらないですし、
また作ろうかな、と思えますね。


            ランキングに参加中です♪    

ショコラ・ショー

        DSC07024 a(266x400)
朝晩、肌寒さが増してきましたね。

あったかい飲み物が欲しくなるのか、
最近娘にリクエストされるのがショコラ・ショー。

クーベルチュールのチョコレートを使ったドリンクは、
ココアとは別物。

一度飲むと病みつきになって、常習性が高いのです。

一杯につき、板チョコ1/2枚くらい入るので、カロリーは
ご想像がつくかと・・・(笑)

一杯ずつ作れるよう、簡単なレシピを伝えたら、
近頃は勝手に作って飲んでいるようです。
(飲み過ぎ注意!)

ショコラ・ショーが美味しく感じられる季節になったんだな、
とそろそろ本格的な冬がやってくる気配を感じています。

      ランキングに参加中です♪ 

パッションフルーツのミックスドリンク

        DSC05699 (266x400)
先日、鹿児島にお住いのHさんから、
奄美大島のパッションフルーツをいただきました。

箱に並んだ、紫色に輝く艶やかなパッションフルーツに
しばしうっとり。

これで何を作ろうか?
まずはタルト・オ・パッション。
そしてパッションフルーツのムース、
ピュレをたっぷり入れた生チョコに、プリンもいいな・・・

そんなことを考えるだけでワクワクでした。


ところが、それらすべてを吹き飛ばしてしまったのが、
こちらのドリンク。

お菓子にする前に、まずピュレだけをいただいてみよう、
と飲んでみたところ、そのフレッシュな味に感動し、
レッスンで余ったベリーの自家製コンフィチュールを加えたら
これがまた美味しいのです。

ついでにオレンジジュースも少々・・
もう止まらない。


焼いたり、火を入れたりするのがなんだかもったいなくなり、
結局、全部フレッシュジュースにして飲み干しました。

ところでパッションフルーツは中に種がたくさん
入っているのですが、食べると結構固く、
ガリッというのがやっぱり気になります。

でも、そのまま取り除いてしまうと、種の周りに付いた
寒天状のピュレまでくっついていってしまいます。

そこで、種入りのパッションフルーツと、ベリーのコンフィチュール、
オレンジジュースをスティックタイプのミキサーで撹拌後、
ざるで濾してみました。

すると、ざるには種だけがきれいに残り、
種の周りを覆っていたピュレは全部ジュースに
入りました。

美味しいパッションフルーツは
食べ切ってしまいましたが、
パッション×ベリー×オレンジの組み合わせ、
また何か別の形で再現してみたいと思います。


         DSC05787 (266x400)
このほか、最近よく飲むのがアイスコーヒーです。

ある時、いつもの粉が足りなくなったので、
別の粉をちょっと加えてみたのです。

普段飲んでいるのはマイルドタイプのモカで、
加えたのはエスプレッソ用の苦味の強いタイプ。

この二種類を3:1の割合でブレンドしてみたところ、
思いのほか好みの味になり、
以来、毎日このブレンドで淹れるようになりました。

たっぷり4~5杯分入れて、朝はホットで1杯。
その後、冷めたら冷蔵庫へ。
いつもケーキ用に常備しているシロップを加え、
午後になると、今度はアイスコーヒーで2~3杯。

紅茶派の私が、今やすっかりコーヒー党に。



        DSC05788 (266x400)
もうひとつ、最近マイブームなのが炭酸系ドリンク。

レッスンで余ったミントでミントシロップを作り、
かんきつ味の炭酸に加えました。

お風呂上がりに飲むと、さっぱり♪


考えてみると、朝から晩まで、やたらと甘い飲み物ばかり
飲んでいるような気が・・・

夏になると、甘くて冷たい飲み物が
欲しくなるんでしょうか?

これって、かき氷が美味しく感じられるのに
通じるような気もします。

      ランキングに参加中です♪  

新生姜のコーディアル

            DSC08519 (266x400)
去年くらいからでしょうか。
コーディアルという言葉をよく耳にするようになりました。

ハーブやフルーツのエキスを抽出した健康飲料らしいのですが、
昔はアルコール飲料だったそうです。

   
         DSC08514 (266x400)

丁度新生姜の季節ですので、新生姜のコーディアルと
レモンのコーディアルを作ってみました。


こちらは新生姜のコーディアル。
         DSC08515 (266x400)
去年、レッスンでジンジャーシロップをご紹介しましたが、
あれもコーディアルだったんですね。

今回のはそれよりもかなりスパイシーな仕上がりです。
生姜に加え、シナモン、ナツメグ、赤唐辛子が入ります。

生姜だけでもかなりピリッとくるのですが、
赤唐辛子が1本入ると目が覚めるようなドリンクになります。

ジンジャーシロップは、市販品もいろいろなものを試しましたが、
ヴェーダヴィのが一番好きかな。
それにちょっと似ているかもしれません。


そしてレモンのコーディアル。

           DSC08516 (266x400)

レモンは煮出すと苦味が出ませんか?
私はそれでタジンを何度も失敗しています。
皮ごと長時間煮るとだめみたいで、できるだけ薄くスライスして、
最後に加え、サッと火を通し、すぐに引き上げた方がよさそうです。

こちらは煮出していないので、コーディアルというよりは
レモンシロップですね。

作り方は簡単。
スライスしたレモンと砂糖、はちみつを瓶に入れて
置いておくだけです。


今朝は新生姜とレモンのコーディアルを2:1の割合で混ぜ、
倍量の水で割って飲みました。

それぞれ別々に飲むのとはまた違った味わいになって
美味しかったです。

相性のよいコーディアルを見つけ、ブレンドしてみるのも
楽しいですね。

     ランキングに参加中です♪ 
           

柚子茶

        DSC04217.jpg
きょうの料理で見たユズネードというドリンク。

作り方は確か、刻んだ柚子に砂糖をまぶしておくだけだったと思います。

わざわざ煮たりしないんだ~、
とそんなシンプルな作り方にも惹かれて作ってみました。

お湯で割ってウェルカムドリンクにお出ししたところ、
生徒さんから好評でした。


        DSC04207.jpg
テキストを買っていないので材料もうろ覚えですが、
砂糖の量は確か柚子と同量だったはず・・・

柚子2個で300gということは、砂糖も300gかぁ・・・

もうちょっと砂糖減らしたいな~

ということで、柚子2個を250gの砂糖でマリネしてみました。

これをお湯で溶けば柚子茶の出来上がりです♪

家で柚子茶が飲めるんだね!
と、娘も大喜び。


飲み終わった後、もう一度お湯を注ぐ二番煎じでも
甘さ控えめになりますが、美味しくいただけます。

寒い季節にあったまりますよ。

     ランキングに参加中です♪ 
  
柚子茶 写真の瓶1個分

  柚子  2個 約300g
  砂糖(グラニュー糖、上白糖、きび砂糖などなんでも)250~300g

1.柚子を半分に切って種を除き、端から玉ねぎをスライスする要領で
  薄く切る。(皮もワタも全部一緒でよい)

2.1を瓶、またはジップロックなどの袋に入れ、グラニュー糖を加えて
  マリネする。

グリーンスムージー

                 DSC05470.jpg
最近教室で話題になっている、グリーンスムージー。

どのクラスでも、どなたか必ず作って飲んでいらっしゃいます。

緑の野菜を中心に、果物をいくつか加えてミキサーでガーッと
混ぜるそうで、飲み始めてから身体がスッキリした、とおっしゃいます。

驚いたのは、皮も種も全部一緒にミキサーにかけてしまうところ。
ちゃんと回るんですね。

うちは特にグリーンスムージーを作ったことはなかったのですが、
たまたまできたのが上の画像。


                 DSC05320.jpg
もとになったのはこのサラダ。
トマトときゅうりのバルサミコドレッシング和えです。

ガスパチョみたいな味をイメージし、
水少々を加え、ブレンダーで混ぜてみたところ、
なんだかすごい色になっちゃいました。

主人に「身体にいいから。」と飲ませてみたところ、
「飲めるんだけど、色と食感が・・・」
とのことでした。

確かに味はガスパチョです。

あまりおすすめできませんが、残ったサラダなどを
ミキサーで回しても一応グリーンスムージーに。

味はサラダなので、大きく外すこともなさそうです。



                  DSC05034.jpg
こちらは色もきれいなスムージー。

メロンとヨーグルトを混ぜました。

やっぱり味に関係なくても色は大事ですね!

ランキングに参加中です♪

トマトときゅうりのバルサミコドレッシング和え  

  トマト   2個 1.5cm角切り
  きゅうり  2本 1cm角切り
  玉ねぎ   1/4個・・・粗みじん切り

  塩     小匙1/4
  オリーブオイル 小匙2
  バルサミコ酢  小匙1

1.野菜をドレッシングで和え、冷蔵庫で30分以上おいてから食べる。


メロンヨーグルトスムージー  

  メロン     90g
  メープルシロップ 10g
  ヨーグルト   50g
  レモン汁    小匙1

ホットワインで温まりました♪

               DSC09750.jpg
冷蔵庫の整理を始めました。

バターなど、冷凍品は宅急便で新居に送ってしまいますが、
冷蔵品まではやっていられません。

そのまま処分するのがもったいなくて、余った調味料や
お菓子の材料を使ってちょこちょこ作っています。


豚バラ肉の赤ワイン煮を作った時に残った赤ワインと、
ロールケーキに使った残りのシロップ、
レモンも随分余っているなー。

それでホットワインを作りました。

材料を全部鍋に入れてひと煮立ちさせるだけですので
とっても簡単♪

一口含むと、スーッと身体に沁み入ります。
水やお茶と違って、喉にとどまることなく、
直接胃の中に落ちて行くようです。

水100㏄だとかなり甘いのですが、ちょっとだけ飲むには
このくらい甘くてもよさそうです。

思いのほかアルコール分が残っていて、ふんわりいい気分になりました。

一瞬で身体の中がぽかぽかしてきます。
寒い日にはおすすめですよ。

ワインもシロップも、残っていた分を全部入れたので、
レシピは適当です。


                  DSC09720.jpg
小豆もあった!

焼き菓子はもう全部食べてしまったので、小豆でも煮るか、
と圧力鍋でコトコト・・・

ホットプレートはまだあるからどら焼きならできそう・・・

そんなことしてる場合じゃないんですけど。

ランキングに参加中です♪

ホットワイン  

  赤ワイン  420㏄
  シロップ(水:砂糖=2:1)280㏄
  水     100~200㏄
  レモンのスライス 2枚
  シナモン、クローブ 各少々
  バニラビーンズ   1/2本

1.すべての材料を鍋に入れてひと煮立ちさせる。