トマトといちごのバルサミコマリネ

            DSC00201 (266x400)

冷凍庫に冷凍いちごが少し残っていたので、
切ったトマトに加えてマリネにしました。

どうなるかと思いましたが、
意外によく合いました。

色の似たもの同士は相性がよい、というのは本当のようです。

トマトといちごをつなげたのはバルサミコ酢でした。

デザートにいちごのバルサミコ酢かけ、というのが
あるのですが、バルサミコはトマトとも合いますよね。

あとは塩少々とオリーブオイルです。

ごく普通のトマトがフルーツトマトになりました。


奥はグレープフルーツとかぶのマリネです。

この夏何度作ったことか。

グレープフルーツはこのほか、レタスやセロリと合わせるなど、
単品で食すより、野菜と合わせる方が多くなりました。

そのままで十分美味しいフルーツを料理にするのですから、
確実に美味しくなる方法を考えないともったいないですね。


        ランキングに参加中です♪ 

トマトといちごのバルサミコマリネ

 トマト  2個 ざく切り
 
 a冷凍いちご 50g
  バルサミコ酢 大匙1
  メープルシロップ 大匙1
  オリーブオイル  大匙1/2
  塩 小匙1/5

aをブレンダーで混ぜ、トマトにかける。   
          

いちじくの白ごまみそソースかけ

         DSC09839 (266x400)

チーズと一緒にサラダにしたり、
胡麻和えや田楽味噌をかけたものなど、
いちじくは料理にもよく使われますね。

今日はあっさりとしたごまみそソースをかけて
食べました。

いちじくを生のまま食べるのは苦手なのですが、
これは大丈夫。

デザート感覚でいただけます。

炒りごま、西京みそ、砂糖、酒、出汁、塩、醤油を
ハンディブレンダーで撹拌したソースは
練りごまを使ったものよりさっぱりしていて、
他の野菜などを和えてもよさそうです。

     ランキングに参加中です♪ 

マンゴーカレー

          DSC09511 (266x400)
ヴェリーヌに使ったのは、濃厚で香り高いインドの
アルフォンソマンゴーピュレ。

うちにもう一つあったのが、フィリピンマンゴーピュレです。

こちらはかなりお手頃価格ですが、あっさりしていて、
これはこれで美味しいので、両方を使い分けています。

千疋屋のマンゴーカレーが好評らしいので、
今日はマンゴーピュレでカレーを作ってみましたら、
辛いのが苦手な娘にぴったりな、
フルーティーで食べやすい味に仕上がりました。

肉は入れず、カレーソースのようにしたので、
オムレツの上にのせたり、肉を焼いてソースを絡めたり、
いろいろ使いまわしができそうです。

ご飯の上にアボカドと残ったローストビーフをのせ、
マンゴーカレーをかけたのが、娘は気に入ったようです。

フレッシュマンゴーや缶詰のマンゴーでもいいですね。
よろしければ作ってみてください。

     ランキングに参加中です♪ 

マンゴーカレー

  玉ねぎ   2個 スライス
  塩     小匙1/2
  サラダ油  大匙1

  人参    1本 みじん切り
  にんにく  1/2片
  サラダ油  大匙1
  クミンシード 大匙1
  カレー粉   小匙大盛り1杯
  シェリー   大匙2

  トマト   大1個 湯むきしてざく切り
  コンソメ  小匙1
  マンゴーピュレ 200g
  カレールー 1片

1.玉ねぎ、塩、サラダ油をボウルに入れて蓋をかぶせ、
  750Wで5分加熱。蓋を取って3分加熱する。

2.フライパンに1と人参、にんにく、クミンシード、
  サラダ油を入れて炒め、しんなりしたらカレー粉を加えて
  炒める。シェリーを加えて強火でアルコール分を飛ばす。

3.トマト、コンソメを加えてしばらく炒めてから
  マンゴーピュレを加え、とろみがつくまで火を通す。

4.カレールーを加え、弱火で混ぜながら溶けるまで煮詰める。