オーブントースターで鱈の蒸し焼き海藻風味

               DSC09213a.jpg
この頃魚を食べていない、ということに気付き、
今晩は魚料理に。

オーブントースターで焼くだけの簡単料理です♪

古いトースターが、じれったくなるくらい火通りが悪かったせいか、
新しいトースターの使い心地のよさに感動です。

調味料は醤油でも塩でも味噌でも何でもいいのですが、
身がプリプリしていて、美味しかったです♪

本当はラー油を垂らしたいところでしたが、最近
辛いもの続きでしたので、今日はやめておきました。


鱈とわかめのオーブントースター焼き 
 
 2人分
  鱈      2切れ・・・そぎ切りにし、塩小匙1/2を振って10分ほどおく。
  わかめ(塩蔵) 水で戻して90g・・・食べやすく切る。
  長ネギ     1本・・・芯を取って斜め薄切りにする。

 a 酢      大匙1
   醤油     大匙1
   ごま油    大匙1

1.耐熱皿にワカメを敷き、長ネギの半量を散らす。
  洗って水気をよく拭き取ったタラを並べる。
2.合わせたaをかけ、残りの長ネギを散らし、アルミ箔で覆う。
  オーブントースターで約15分焼く。

                  DSC09225a.jpg

ランキングに参加中です♪

白いんげん豆の煮込みとイングリッシュマフィン

               DSC09189a.jpg
今日のランチは、昨日作っておいた白いんげん豆の煮込みと
焼き立てのごまイングリッシュマフィンです。

圧力鍋を買ってからというもの、自分で豆を炊けるように
なったので、食べる機会が増えました。

小豆は1~2週間に1度炊いているでしょうか。
白いんげん豆も美味しい豆で、料理だけでなく、お菓子にも
使えるので買ってみました。

白いんげん豆と聞いて思い出すのが、堀井和子さんの
「白いんげん豆のモンブラン」です。

古い本に載っていたものですが、栗の代わりにいんげん豆を
使ったモンブランです。

当時は豆のモンブラン?
という印象でしたが、今思うと斬新だな~、と感心させられます。

あとはフランス料理のカスレでしょうか。
冬にオー・バカナルで食べたカスレは、バラ肉やソーセージと
一緒にいんげん豆が煮込んであり、パン粉を振って焼かれたもので、
ボリューム満点!とても美味しかったです。

今回はトマトの水煮缶を使い、圧力鍋で短時間煮込みました。
トマトと豆だけでも十分ですが、ソーセージを入れて
カスレっぽく?してみました。

最近使い始めたトマトの水煮缶がこちら。
       
スピガドーロの有機栽培トマトの缶詰です。
つんとくるような酸味がなく、まろやかで、しかも味が濃く、
とても美味しいです。

同じイタリア産の水煮缶でも品質はピンからきりまであるそうです。
味のベースになるものだけに、ちょっといいものを選びたいな、
と思います。


                  DSC09192a.jpg
煮込みに合わせて焼いたのが、イングリッシュマフィンです。

本当はコーングリッツをまぶしたかったのですが、
うちの近所には売っておらず、すりごまで代用。

生地を作り、フライパン、オーブントースター、ガスオーブンの
3通りで焼き試ししてみました。

やっぱりフライパンが一番それらしく仕上がりました。
しっとりしていて、噛んだときの食感が
パ○○のイングリッシュマフィンに近かったです。

意外な健闘を見せてくれたのが、オーブントースターです。
最近買い替えたのですが、火力の勢いが違いますね。
庫内もひろびろ。

10分ちょっとでパンが焼けました!
フライパンのようにしっとりはしませんでしたが、
普通のパンの食感で、これはこれでよさそうです。

ガスオーブンは外側サクッ、中ふんわり。
期待どおりです。

同じ生地でも焼き方で印象が変わるのは面白いですね。
たくさん焼けたので、サンドイッチやオープンサンドに
使ってみようかと思います。


白いんげん豆のトマト煮込み 
  ニンニク         1片  半割にして芽を除く。
  玉ねぎ          1個  スライスする。
  水            大匙2
  オリーブ油        大匙1
 a いんげん豆        100g
   トマト水煮缶       1缶・・・ブレンダーで潰す。
   水            1カップ
   塩            小匙1/2
   バジルの葉        1枝  
  いんげん         1袋・・・筋を取って2~3等分に切る。
  ソーセージ        5本・・・半分に切る。
  塩、コショウ       各適宜 塩小匙1/2目安

1.圧力鍋にニンニクとオリーブ油を入れて中火にかけ、
  香りが立ってきたら玉ねぎを入れて炒め合わせる。
  水を加え、蓋を軽くのせて中火で2分蒸し煮する。

2.玉ねぎがしんなりしたらaを加えて蓋を閉め、強火に掛ける。
  ピンが上がったら弱火にして25分加圧する。
  火を止め、自然にピンが下がるまで待つ。

3.いんげんとソーセージを加え、蓋をして強火にする。
  ピンが上がったら弱火にし、5分加圧して火を止める。
  ピンが下がったら塩、コショウで調味する。

ランキングに参加中です♪

緑の野菜でパワーアップ♪

                DSC09155a.jpg
緑の野菜は見た目にも涼やかで食欲をそそられますね。

この夏よく作ったのが、山形の郷土料理「だし」。
オクラやきゅうり、ねぎ、生姜、茗荷、大葉など、
入れるものに決まりはなく、とにかく細かく刻んで
混ぜるだけ、ととっても手軽。

夏の疲れが出てくるこの頃。
ごはんや冷奴にかければ、食欲のないときにも
スルスルッと食べられて、スタミナもつくというわけです。

いつもは醤油だけで食べるところを、今回はこぶ茶と
めんつゆで味付けしてみたら、まろやかになって、
こちらもなかなか。

木綿豆腐にたっぷりかけていただきました。

オクラだけは、アクと食感が気になって、
ルクエで軽く熱を通してから刻んで混ぜています。

茗荷はその時々で好きになったり嫌になったりするので、
入れないことに。

冷蔵庫で2~3日保存できるので、いつも多めに作っています。


                 DSC09017a.jpg
                 ブロッコリーといんげんのペペロンチーノ風

先日、デパ地下のペックで見たお惣菜が美味しそうだったので、
真似をして作ってみました。

大体こんな感じ?

ブロッコリーは、茎も皮を剥いて細切りにすると、美味しく
食べられます。

アンチョビを加えると、深みのある味わいに。
パセリもたっぷりと!


 だし 
   きゅうり     3本
   オクラ      1ネット
   大葉       10枚
   生姜       1片
  a こぶ茶      小匙1
    めんつゆ     大匙1
    醤油       少々

1.きゅうり・・細かく刻む。
  オクラ・・・ネットに入れたまま塩でもみ、洗う。
        ルクエに入れて塩少々、水大匙1を加え、1分加熱。
        冷ましてから小口切りにする。
  大葉・・・・千切りにする。
  生姜・・・・皮を剥いてみじん切りにする。

2.1にaを加え、粘りが出るまでよく混ぜる。 


ブロッコリーとインゲンのペペロンチーノ風 
  ブロッコリー      1株
   a 塩 小匙1/4 水 大匙2
  インゲン        1袋
   b 塩 小匙1/4 水 大匙2
 c ニンニク        1片
   鷹の爪         1個
   オリーブオイル     大匙3  
 d 塩           小匙1/3
   コショウ        少々
   ワインビネガー     大匙1~2
   アンチョビ       2枚
   パセリのみじん切り   大匙2

1.ブロッコリーは茎の部分を切って小房に分ける。
  茎は皮を剥いて5㎜角くらいに切る。
  aとともにルクエに入れて600Wで2分加熱。1分蒸らしてざるにあける。

2.インゲンは筋を取って3等分に切る。
  bとともにルクエに入れて600Wで2分加熱。1分蒸らしてざるにあける。

3.フライパンにcを入れて中火にかけ、ニンニクが色づくまで火を通す。

4.ボウルにdの材料を入れてよく混ぜ合わせ、1と2を加えて和える。
  熱々の3を注ぎ入れて和える。

ランキングに参加中です♪

にんじんたっぷり♪ チキンのマリネ

                DSC09136a.jpg
普通に料理していると、どうしても肉だけ~、
になりやすいので、できるだけ野菜も一緒に
食べられるようにしたいと思います。

これはそんなときにぴったりなおかずです。
鶏肉と人参が、必然的に一緒に口に入ってきますから。

人参は生のままだと青臭くて何だか食べにくそう、
と思っていましたが、今回は、玉ねぎやチリペッパーなどで
しっかり風味付けしたので大丈夫でした。
また、漬けこんでいる間に余計な水分が抜けて、食べやすい
固さになります。

調味料に甘味の素になるようなものは入れなくても、
人参の甘さで酸味が和らぎ、食べやすくなります。

鶏肉は大体いつも唐揚げ用の肉を買ってきます。
もも肉1枚よりも、余計な脂や皮が少ないような気がするからです。

人参ドレッシングに、焼いた鶏肉を一晩漬けこんでおくだけで、
しっかり味がしみて、美味しくなりました。


チキンの人参ドレッシングマリネ

 鶏もも肉唐揚げ用    1パック350g・・・黄色い脂身を取り除く。
 ニンニク        1片・・・半割にして芽を取り除いてからスライス。
 サラダ油        小匙2
 塩           小匙1/2~1/3
 コショウ        適宜
 人参          2本・・・皮を剥いて千切り。

a ワインビネガー   50㏄
   水         30㏄
   チリパウダー    小匙1
   マスタード     小匙1
   塩         小匙1
   グレープシードオイル 大匙1
   玉ねぎすりおろし  1/4個分

1.人参を合わせたaに漬けこんでおく。

2.ニンニクとサラダ油をフライパンに入れて中火にかけ、
  香りが立ったら鶏肉を入れて焼く。途中で焼き脂を捨て、
  両面こんがりと色づくまで焼いて中まで火を通す。

3.塩、コショウを振って、バットに移す。
  1を上からかけて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。

ランキングに参加中です♪

めんつゆで野菜のピリ辛レシピ

                DSC09110a.jpg
2週間前と同じ時間帯に同じ道を歩いたのですが、
日差しも風も秋に向けて少しずつ変化しているのを感じます。

麺類以外にもいろいろ使える万能調味料、めんつゆ。

麺類だけでは一瓶使い切れそうにないので、
野菜のおかずを作ってみました。

きのこの梅おろし和えにも使っていますが、
他の調味料と合わせてもけんかしないので
使いやすいですね。

なすとトマトのめんつゆみそ炒めは、名前のまんまですが、
めんつゆにみそを合わせた調味料で味付けしています。

トマトも旨みの強い野菜で、カツオ風味との相性は抜群。
ほんのり甘く、食欲をそそる一品になりました。            


                  DSC09118a.jpg
こんにゃくとピーマンを炒め合わせ、めんつゆと塩で味付けした
おかずです。

こんにゃくの臭みをとるため、生姜の皮と一緒に
熱湯でゆでました。

空炒りすると、プリプリして食感がよくなりますし、
調味料の味もしみこみやすくなるようです。

なすの方がこってり味なのに対し、こちらはかなり
薄味でしたが、ピーマンの香りがこんにゃくに
しっかり移っていました。

ピリ辛味にしたくて、どちらも鷹の爪を入れましたが、
種を取り除いてあるので、それほど辛くありませんでした。


なすとトマトのめんつゆみそ炒め 
  なす      2本
  トマト     1個 湯むきして種を取ってざく切り。
  玉ねぎ     1/2個 スライス
 a 塩       小匙1/4
   酒       大匙1
   ごま油     小匙1
 b 味噌      小匙1
   めんつゆ    大匙1
   水       大匙1
  鷹の爪      1本

1.なすは皮を縞目に剥いて額を取り、縦四等分してから
  2cm角程度の大きさに切る。
  塩小匙1を振って暫くおき、水洗いして水気を絞る。

2.フライパンに玉ねぎとaを加え、蓋をして強火で3分蒸し煮する。

3.蓋を取って全体を炒め、なすとトマト、よく混ぜ合わせたb、
  鷹の爪を加える。蓋をして強火で3分蒸し煮する。

4.蓋をはずし、強火で汁気がなくなるまで炒める。


こんにゃくとピーマンのめんつゆ炒め 
  こんにゃく      1枚(250g)
  ピーマン       3個
  生姜の皮       1片分
  鷹の爪        1本
  ごま油        小匙1
  めんつゆ       大匙1
  塩          少々

1.こんにゃくは5㎜幅の短冊切りにする。
  生姜の皮を入れた熱湯で7~8分茹で、ざるに空ける。

2.ピーマンは半割にして種を除き、白い部分を丁寧に
  そぎ取り、1㎝幅に切る。

3.フライパンに1と鷹の爪を入れて空焼きし、水気が飛んだら
  ごま油、2を順に加えて炒め合わせる。
  めんつゆを加え、汁気がなくなるまで炒め、塩で調味する。

ランキングに参加中です♪

オーブントースターで簡単焼ききのこ

               DSC08998a.jpg
うちの冷蔵庫には、いつも何かしらきのこ類が入っています。

今回は舞茸としいたけを使って、和洋二種類のおかずを
作りました。

フレッシュきのこを、オイルも何もかけずにそのまま
オーブントースターで焼き、ドレッシング等で和えるだけです。

フライパンでソテーしたり、鍋で煮たりするのとはまた
ちがった味わいで、きのこの味と香りを満喫できました。

洋風は、きのこのドレッシング和え。
焼いたきのこにドレッシングと、パセリをたっぷり加えて
マリネしたもの。
さっぱりしています。


                 DSC09062a.jpg
                  こちらは和風の梅おろし和え。

味付けは、梅干しと大根おろし、めんつゆのみ。
しらすやじゃこを混ぜると、バランスの良いおかずになりそうです。

大根の先端の部分をまっすぐにすりおろしたせいか、辛い!
中央より上の部分をまあるく円を描くようにすりおろすと
辛みがでないんですね。

臭みが出るのであまりお勧めじゃありませんが、
暫くおいてから食べたら、辛みが抜けて食べやすくなりました。

これから旬を迎え、ますます美味しくなる季節。
たくさん食べたいですね。


素焼ききのこのドレッシングマリネ
   舞茸        1パック・・・ほぐす
   しいたけ      大3個・・・軸も一緒に4~6つ割り
   パセリのみじん切り 大匙1
   ドレッシング    
     白ワイン酢      大匙1/2
     水          大匙1/2
     塩          小匙1/4
     コショウ       少々
     粒マスタード     小匙1/2
     オリーブオイル    大匙1/2 

1.きのこをトースターの天板に並べ、250度で8分素焼きする。

2.ボウルに移し入れ、パセリを加え混ぜ、ドレッシングで和える。


きのこの梅おろし和え  
  舞茸        1パック・・・ほぐす
  しいたけ      大3個・・・軸も一緒に4~6つ割り
  大根        300g
  梅干し       1個
  めんつゆ(2倍濃縮タイプ)大匙1

1.舞茸としいたけをトースターで素焼きする。

2.大根は皮を剥いてすりおろし、ざるにあけて水気を軽く切る。

3.1に2とほぐした梅干し、めんつゆをかけて和える。

ランキングに参加中です♪

時短レシピ お米入りロールキャベツ

                 DSC08907a.jpg
ロールキャベツの中に、お米を入れて煮込んでみることに。

炊いたご飯を具にしようかと思ったのですが、
圧力鍋なら米から煮込んでも短時間で仕上がるはず。

そう思って作り始めたところ、煮込み時間は全部で10分ちょっと、
と短時間で仕上がりました。

キャベツの下ごしらえもルクエを使えばあっと言う間!
今まで面倒に感じていたロールキャベツが、
グンと作りやすくなりました♪

粉チーズを振るとリゾット風に。


お米入りロールキャベツ
 8個分
  キャベツ           8枚
 a 合挽肉          250g
   米             1/2合
   香味ペースト       100g
   塩             小匙1/3
   コショウ          少々
 b シェリー酒         大匙3
   塩             小匙1/3
   オリーブ油         小匙1
   コンソメの素        小匙1/2
 c トマト水煮缶       150㏄
   水            200㏄
  塩、コショウ         各適宜

1.キャベツの葉は洗い、水の付いた状態で4枚ルクエ(ファミリー)
  に入れる。600Wのレンジでで4分加熱、そのまま1分蒸らしてざるに
  空けて冷ます。残り4枚も同様にする。

2.aをボウルに入れてよく混ぜ合わせ、8等分して1に包み、
  巻き終わりを楊枝で留める。

3.2を圧力鍋に入れ、bを加えて軽く蓋をして(圧はかけない)
  強火で3分蒸し煮する。

4.蓋を取ってcを加え、強火で沸騰させてあくを取る。

5.蓋をきっちりと閉めて強火にかけ、ピンが上がったら
  弱火にして8分加圧。ピンが下がるまで自然に冷ます。

6.塩、コショウで調味する。

                  DSC08918a.jpg

ランキングに参加中です♪

卵とタプナードのサンドイッチ

                DSC08882a.jpg
最近娘が好んで食べているのが、卵サンドの具にタプナードを
混ぜ合わせたもの。

タプナードを加えることで、いつもの卵サンドが複雑で、
ちょっと大人の味になっています。

                 DSC08547.jpg
              最初はこんなスタイルで出していたのですが、
              両方合わせたらどうだろう、と思って試してみたところ、好評に。

そのままパンに乗せたり、パスタソースに加えたり、ドレッシングに
入れてみたり、とほんとにいろいろ使えるタプナード。
作ってもすぐになくなってしまうので、最近オリーブの消費量が
増えました。

卵はみじん切りにせず、薄くスライスすると舌触りなめらかに♪


卵とタプナードのサンドイッチ
 2人分
  サンドイッチ用食パン     6枚
  固ゆで卵           3個
 a マヨネーズ          20g
   タプナード          大匙1
   塩、コショウ         各適宜

1.卵を薄くスライスし、aを加えて混ぜ合わせる。
2.パンに塗ってサンドし、切り分ける。


タプナード 

  オリーブ     正味160g・・・汁をよくきる。
  アンチョビ     5枚
  ケッパー      小匙2
  粒マスタード    小匙2
  ニンニク      1片・・・半割にして芽を除く。
  オリーブ油     60㏄

 材料を順にフードプロセッサーに入れて、ペースト状になるまで
 撹拌する。

ランキングに参加中です♪
                

豚バラ肉の赤ワイン煮

                DSC08973a.jpg
ボリューム満点のバラ肉は、煮込みにするとやっぱり
美味しいですね。

煮込み料理の季節にはまだ少し早いですが、
圧力鍋を使うと短時間で作れるので助かります。

煮込み時間たったの20分で、豚肉も玉ねぎもトロトロに!

煮込み終わった後も肉がまだタプタプ浮いている
状態なので、最後は煮詰めて仕上げています。


豚バラ肉の赤ワイン煮込み
   豚バラ肉    塊700g・・・4~6等分に切る。
   ニンニク    1片・・・半割にして芽を取り除く。
   オリーブ油   大匙1
   玉ねぎ     1個・・・スライスする。
   塩       小匙1/4
   赤ワイン    200㏄ 
   水       200cc
  a 醤油       25㏄
    バルサミコ酢   25㏄
    ブーケガルニ   1束
   オイスターソース  小匙1
  
1.フライパンにオリーブ油とニンニクを入れて中火にかけ、
  香りが立ったら肉を入れて表面を焼き付ける。

2.肉を取り出して油を捨て、玉ねぎを加えて炒める。
  塩を振ってしんなりするまで炒めて取り出す。

3.2のフライパンに赤ワインを入れて煮切る。
  水を加えてひと煮立ちさせて火を止める。

4.肉と水3カップ(分量外)を圧力鍋に入れて強火に掛ける。
  ピンが上がったら弱火にして5分加圧。そのまま自然に冷ます。

5.ビンが降りたらざるに空け、肉だけ鍋に戻す。
  2と3、aを加えて強火にかけ、ビンが上がったら弱火にし、
  15分加圧。そのまま自然に冷ます。

6.肉を取り出して煮汁を半量になるまで煮詰め、
  オイスターソースで調味する。
  肉を戻し入れて温めなおす。

ランキングに参加中です♪

長ネギとオクラのテリーヌ仕立て&ハーブジュレ

                DSC08853a.jpg
手羽先でとっておいたスープがあったので、
長ネギとオクラをテリーヌ仕立てにしてみました。

オクラの切り口って可愛いですよね。
前菜に向いていると思います。

今回はゼラチンではなく、寒天で固めています。
常温で固まるくらいですから、冷凍庫に入れれば
5~10分ほどで固まります。

型から外す時もゼラチンのように恐る恐るしなくても大丈夫。
ナイフを型の縁にぐるりと差し込むだけでツルンと気持ちよく
抜けます。

切り分ける際、すぐには溶け出す心配がないのも◎。

ただ、今回は長ネギの繊維が思いのほか強く、寒天は
スッと切れたのですが、長ネギの筋に引っ張られて
苦戦しました(笑)

ウェンガーで切ってもこれですから、やっぱりココット型や
グラスに入れて固めた方がいいのかも・・・
オクラはスッときれいに切れたので、中に詰める野菜の性質を
考えて詰めた方がいいですね。

                 DSC08840.jpg
                彩りを考えながら並べてゆくのも楽しい作業です♪

ブリブリにならないよう、寒天に対するスープの量は
やや多めにしてあります。

このままでも食べられますが、ドレッシングを添えると
また違った味わいに。

こういうのはあまり好みじゃないかも、と思いつつ
出してみたら、主人も喜んで食べていました。


                 DSC08843.jpg
                 スープが余ったので、これもまた中途半端に残っていた
                 ハーブ類を刻んでハーブジュレを作りました。

こちらはうんとゆるく固め、サラダや冷製パスタの上に
ちょっとのせるなどして楽しんでいます。

また、色が変わりやすいので早めに使い切るようにしています。


長ネギとオクラのテリーヌ仕立て
 
 長さ21.5㎝、幅7.5㎝のトヨ型 1個分
  オクラ        1ネット
   a 塩小匙1/5、サラダ油少々、水大匙1
  長ネギ        1本
   b 塩小匙1/4、サラダ油少々、水大匙3
 ※チキンスープ   長ネギの蒸し汁と合わせて230gになる分量     
  塩、コショウ   適宜
  寒天       2g(小匙1)

1.オクラはガクと先端を切り落とし、塩を振ってもみ、
  水洗いする。
  aとともにルクエに入れ、600Wで1分加熱し、取り出す。

2.長ネギは半分にカットし、bとともに
  ルクエに入れ、600Wで8分加熱し、取り出す。
  途中で一旦取り出して様子を見る。
  
3.2の蒸し汁とスープを合わせて鍋に入れ、塩、コショウで
  調味する。寒天を加えて中弱火にかけ、混ぜながら寒天を
  煮溶かす。
  沸騰してきたら、そこから更に2分ほど弱火で火を通す。

4.3を裏漉し、冷やしておいた型に、底から1㎝程度まで流す。
  冷凍庫に約5分入れて冷やし固める。

5.4の上に途中で寒天液を流しながら、1と2を彩りよく並べ入れ、
  残りの寒天液を流す。
  冷凍庫で5分冷やし固め、冷蔵庫に移して冷やす。

※手羽先の骨で取ったスープ。顆粒コンソメを水で溶かしてもOK。


手羽先のスープ
 約550㏄分
  手羽先の先端   8~10本分
  水         4カップ
 ※ネギの青い部分  1本分
 ※ショウガの皮    1片分
  塩、コショウ   少々
  
 1.すべての材料を鍋に入れて強火にかけ、
   沸騰したら弱火にし、あくを取りながら
   15分ほど火を通す。
 2.塩、コショウで薄く味付けし、すぐに漉す。

 ※セロリの葉、パセリの茎、ニンニクなどでもOK。


ドレッシング  
   白ワイン酢      大匙1
   水          大匙1
   塩          小匙1/3
   コショウ       少々
   粒マスタード     小匙1
   オリーブオイル    大匙1
 
  材料をすべて混ぜ合わせる。


ハーブジュレ 
   チキンスープ     300㏄
   塩、コショウ     適量
   寒天パウダー     2g(小匙1)
   バジル、イタリアンパセリなど 適量

1.チキンスープの味を塩、コショウで調え、寒天と一緒に鍋に入れて
  中火に掛ける。かき混ぜながら寒天を煮溶かし、沸騰したら弱火で
  更に2分ほど火を通す。

2.裏漉して冷やしたおいたバットに流し入れる。
  混ぜながら少しとろみを付け、刻んだハーブ類を
  加え混ぜる。

3.冷凍庫でサッと冷やし固め、冷蔵庫で冷やす。

4.スプーンなどで崩しながら使う。
 ※色が変わりやすいので早めに使う。

                  DSC08849a.jpg

ランキングに参加中です♪

米粉のチヂミ

                 DSC08894a.jpg

新大久保の韓国料理店に行って以来、韓国料理が大好きに。
チヂミは専用の粉を使って作ればいいのですが、
今日は米粉を加えて焼いてみました。

もちもちの食感です♪

       
生地には韓国産の牛肉だしの素「カムチミ」を加えたら、
たれなしでも美味しく食べられました。          

具はシンプルにニラだけで。
他に、ズッキーニなども入れて作ってみたのですが、
やっぱりニラの方がそれらしいですね。

たれはコチュジャンと自家製ラー油を加えたオリジナルです。
餃子やしゃぶしゃぶにも合いそうです。


米粉のニラチヂミ 

  2枚分 
  ■生地 米粉      40g
      薄力粉     40g
     a 卵      小1個
       塩      小匙1/4
       ビーフコンソメの素 小匙1
       水     150g 
   ニラ         1束
   ごま油        小匙2~3
  ■たれ 醤油      大匙1.5
      酢       大匙1
      コチュジャン  小匙1
      自家製ラー油  小匙1
      水       大匙1  

1.米粉と薄力粉をボウルに入れ、よく混ぜ合わせたaを
  3~4回に分けて加えながら泡立て器で静かに混ぜる。

2.フライパンにごま油を熱し、3等分に切ったニラの半量を
  1にくぐらせて並べる。生地の半量を流し入れ、片面3分、
  両面焼く。残りの半分も同様に焼く。

3.たれの材料を合わせる。

4.焼き上がったチヂミを9等分して3に付けながら食べる。

ランキングに参加中です♪

キャベツがたくさん食べられるレシピ

                DSC08369.jpg
キャベツは丸ごと買ってくると、冷蔵庫のスペースを
塞ぐので、買ってきたら半分にして、2種類の料理に
作り分けています。

レパートリーはいくつかあるのですが、
最近気に入っているのがキャベツとワカメのこぶ茶風味

こぶ茶を料理に使っている方も多いと思いますが、
便利ですよね。

ちょっとお茶漬けを思い起こさせる味で、ご飯にも
よく合います。
冷やしても温めてもOKです。


                  DSC08702.jpg
最近もう一つよく作るのがキャベツととうもろこしの中華だれ煮

先日作った干しエビの中華ペーストで、キャベツととうもろこしを
蒸し煮にしたおかずです。

作り方はこぶ茶風味と変わりませんが、調味料と合わせる野菜を
替えただけで、まったく違った味になり、両方食べても飽きません。

とうもろこしは、薬膳にも使われるひげ根も入れてしまいます。

どちらも冷蔵庫で2~3日日持ちするので、野菜が欲しいときに
助かっています。

他にもこんなおかずでキャベツをたっぷり食べています。

  ★キャベツの梅干し煮
  ★キャベツととうもろこしのカレー風味


キャベツとワカメのこぶ茶風味 

    キャベツ       1/2個
    ワカメ(戻す)    70g
    油揚げ        1/2枚
    a こぶ茶      大匙1
      塩        小匙1/3
      ごま油      小匙1
      酒        大匙2
      水        大匙2
    三つ葉        適宜

1.キャベツはざく切りし、芯の部分は薄く削ぐ。
  ワカメは食べやすく切る。
  油揚げは短冊切りにし、熱湯で2分程茹で、ざるに空けて
  流水でよく洗い、水気を絞る。

2.鍋またはフライパンに1とaを入れて蓋をし、強火で3分
  蒸し煮にする。蓋をあけて全体を混ぜたら蓋をして
  中火で3分加熱する。火を止めて余熱で1分蒸らす。

3.器に盛り、三つ葉を添える。


キャベツととうもろこしの中華風味 

    とうもろこし       1/2本
    キャベツ         1/2個
   a 塩            小匙1/2
     干しエビの中華ペースト  大匙1
     顆粒ホタテスープの素   小匙1/2
     紹興酒          大匙1
     水            大匙1
     コショウ         少々

1.とうもろこしはナイフで実をこそげ取り、
  キャベツはざく切りにする。

2.1とaをフライパンに入れて蓋をし、強火で3分
  蒸し煮する。蓋を取って底から返し混ぜ、蓋をして
  中火で4分蒸し煮する。
  蓋をしたまま1分蒸らす。

ランキングに参加中です♪

じっくり煮込む ミートソース

                 DSC08801a.jpg
いろんなパスタ料理がありますが、
スパゲッティと言えば、うちではやっぱりミートソース。

短時間でパパッと作るときもあれば、今日のように
じっくり煮込んで作ることもあります。

以前はソースがパスタに上手く絡みきらず、食べ終わると
いつもソースが皿に残っていましたが、茹で汁とオリーブ油を
加えてよく混ぜると、きちんと絡むようになりました。

ミートソースも一度に多めに作って冷凍しています。


                  DSC08823.jpg
                  付け合わせはズッキーニのマリネ。

ピーラーで薄くスライスし、ルクエでさっと熱を通してから
マリネしています。レモンとバジルでさわやかに♪


ミートソース 

 約800g分
  合挽肉         500g
 ※香味ペーストセロリ入り 250g
  オリーブ油        小匙1
  赤ワイン        150㏄
  トマト水煮缶       2缶・・・ブレンダーで潰し、裏漉す。
  バジル          1枝
  塩            小匙1/2
  コショウ         適宜

1.フライパンに合挽肉とオリーブ油を入れて中火で炒める。
  脂と水分が出てきたらペーパータオルで拭き取る。

2.香味ペーストを加え、更に7~8分炒める。

3.赤ワインを加え、強火で2~3分炒める。

4.トマトの水煮缶、バジルを加え、蓋をせずに
  中~弱火で30~40分煮込む。

5.塩、コショウを加え、味を調える。


香味ペースト セロリ入り  
  約500g分
    玉ねぎ       中2個 
    セロリ        1本  
    人参        中2本 
    ニンニク       1片
   a 塩         小匙1
     オリーブ油     大匙1
     水         大匙2

 野菜をフードプロセッサーでみじん切りにして、aと共に
 フライパンに入れ、蓋をして強火で3分蒸し煮する。
 一旦混ぜて更に3分蒸し煮する。
 蓋を取って5分ほど炒め、水分を飛ばす。


スパゲティ・ミートソース 
 
 1人分
   パスタ         80g
   ミートソース     120g
   鷹の爪         1本
   オリーブ油       少々
   塩、コショウ      適量
   粉チーズ        大匙1~2

1.パスタを茹で時間よりも1分短く茹でる。

2.パスタを茹でながら、フライパンにソースと鷹の爪、
  茹で汁大匙1.5~3を加えて温め、火を止める。

3.パスタが茹であがったらざるに取って2に加え、火を付ける。
  茹で汁大匙1.5~3、塩、オリーブ油を順に加えながら、
  菜箸でかき混ぜてソースを乳化させる。

4.皿に盛り、好みで粉チーズとコショウを振る。


ズッキーニのマリネ   

   ズッキーニ     1本 
   玉ねぎ       1/2個 
  a 塩          小匙1/4
    レモン汁       小匙2
    白ワイン酢      小匙1
    水          大匙1
    砂糖         小匙1/5
  粒マスタード     小匙1
    好みのオイル     小匙1
    コショウ
   バジルの葉      2~3枚 千切り

1.ズッキーニ・・・ピーラーで細長く剥き、ルクエに入れ、水大匙2を加えて
          600Wのレンジで1分加熱。ざるに空けて水気を切る。
  玉ねぎ・・・水を替えながら軽くもんで水気を絞る。

2.ボウルにaを混ぜ合わせ、1を加えて和える。
  バジルの葉を加え混ぜ、冷蔵庫で30分以上寝かせる。

ランキングに参加中です♪

油少なめ なす料理

                 DSC08778a.jpg
なすが美味しいですね。
煮込んだり、炒めたり、揚げたり・・・
いろんな食べ方がありますね。

なすの美味しさを引き出すのは油なのだと思いますが、
見ていると驚くほど吸いこんでいくので、
できるだけ油少なめで調理できる工夫をしてみました。

最初は「なすのバルサミコマリネ」
なすはやはりあくが気になりますので、まずあくをしっかり
出すために、塩を振って暫くおきます。
茶色い水が出てきたら、そこで絞らず、まず流水で洗ってしまいます。
それから手でギュッと絞るとかさがグンと減って少量の油で炒める
ことができます。

この料理は作った当日よりも、冷蔵庫で冷やして翌日食べた方が
ずっと美味しくなりました。

また、バルサミコは、品物によって酸味や甘さが異なるので、
砂糖の量は加減した方がいいな、と思いました。


                 DSC08209.jpg
変わってこちらは和風味の「なすの出汁浸し」

揚げたり炒めたりしたなすをだし汁に浸す、というものですが、
これも少量の油で作ってみました。

塩水に浸し、あくを抜いたなすをフライパン(または鍋)に入れ、
塩、少量の油、水で蒸し煮状態にし、なすをしんなりさせてから
出汁を注いで煮ています。

蒸し煮にすると、炒めたり揚げたりするより、油が少なくて済みます。

お菓子もそうなんですが、家庭料理は作る工程がわかっている分、
つい、油や塩分、糖分も気になってしまいますね。

                  DSC08207.jpg


なすのバルサミコマリネ 
 
  なす         3本
  塩          小匙1

  a オリーブ油    大匙1/2
    にんにく     1片 半割して芽を取り、さらに半分にスライス
    鷹の爪      1本
  b てんさい糖    大匙1/2
    バルサミコ酢   大匙1
    塩        小匙1/4
    コショウ     少々
  イタリアンパセリ

1.なすは5㎜厚さにスライスし、塩を振って10分程おく。
  水気が出てきたら洗って水気をギュッと絞る。

2.フライパンにaを入れて中弱火にかけ、ニンニクの香りが立ったら
  1を加えて中火で炒める。

3.なすにこんがりとした焼き色が付いてきたら
  bを加え、炒め合わせる。

4.刻んだイタリアンパセリを添える。

※冷蔵庫で一晩ねかせるとよい。


なすの出汁浸し 
   なす       5本
   a 塩      小匙1/2
     ごま油    小匙1
     水      大匙3
   b だし汁    500cc
     塩      小匙1/2
     しょうゆ   小匙2

1.なすはガクを取り除き、縦4等分した後、更に2等分する。
  塩水につけてあく抜きする。

2.フライパンに1とaを入れて蓋をし、強火で3分、一度かき混ぜて
  中火で3分蒸し煮し、蓋を取って水分がなくなるまで炒める。

3.煮立てたbに加え混ぜる。
                  
ランキングに参加中です♪

和風ツナマヨネーズ

                DSC08543.jpg
ツナをマヨネーズで和えたツナマヨネーズには、
玉ねぎを入れることが多いと思いますが、
長ネギもよく合います。

子供のころ、近所の母の実家に遊びに行くと、
叔母がよく食べさせてくれたのが、
ツナマヨネーズ入りの揚げ餃子。

ツナにマヨネーズと長ネギを混ぜ、餃子の皮に
包んで揚げたものです。

カリカリの皮と、長ネギのシャキシャキとした食感、
ツナマヨネーズの味が美味しくて、何個でも食べられたものです。

そのうち、母も作ってくれるようになりましたが、
なぜかこれは叔母が作ってくれたもの、という印象の方が
断然強いのです。

その時の味を思い出しながら、カナッペを作りました。

トーストしたパンに長ネギ入りのツナマヨをのせ、
トマトをのせてみました。

薄いトーストにのせると、パンはカリッ、
ツナマヨはシャキシャキジュワ~。
軽い食感でいくらでもいけちゃいます。

ツナと長ネギのディップは、サンドイッチの具やご飯に
そのまま乗せても美味しいです。

カナッペはおつまみにも合います。
バゲットでもいいのですが、サンドイッチパンで作ると
女性にも食べやすいんじゃないかと思います。

                 DSC08387.jpg
                 これも多めに作って冷蔵庫へ。


ツナと長ネギのディップ  
    ツナ缶        1缶(80g入り)
    長ネギ        1本(緑の部分も)
    マヨネーズ      大匙2~3
    コショウ        少々
    自家製ラー油     小匙1

  ツナはオイルを切る。
  長ネギは薄い小口切りにして水にさらし、辛みを抜く。
  長ネギの水気をよく拭き取って、材料をすべて混ぜ合わせる。


ツナの和風カナッペ 
  2人分
    サンドイッチ用食パン     2枚
    ツナと長ネギのディップ    適量
    トマト            1/4個 種を取って細かく刻む。

1.パンはトースターでこんがりと焼く。
2.1を4枚に切り分け、その上にディップをのせ、
  トマトをあしらう。

ランキングに参加中です♪

寒天のフランボワーズソルベ添え

                 DSC08715.jpg
オレンジ寒天を作ってからというもの、寒天を
使ったデザートが気になります。

撮影も兼ねて、昨夜固めておいた寒天に、作りたての
ソルベを添えて朝食後に食べました。

オレンジ寒天では棒寒天を使用しましたが、
今回は粉寒天で。

こちらの方が手に入りやすいですし、もどさなくいいので
やっぱり手軽です。

ソルベは即席ですが、これは使えます♪

フランボワーズの他、マンゴーやバナナ、桃などを
使ってもいいですね。
フルーツは必ず冷凍してください。

飾りのつもりで添えたレモンが、思い掛けず、
いい仕事をしてくれました。


寒天のフランボワーズソルベ添え 

 ■寒天・・・4~5人分
   水          430g
   粉寒天        1袋(4g)
   砂糖          20g
   レモン汁        小匙1
 ■フランボワーズソルベ・・・2人分
   フランボワーズ(冷凍) 60g
  ※シロップ        30g
 フランボワーズ、スライスレモン 各適宜
 
1.水と寒天を鍋に入れて、かき混ぜながら中火で2分ほど火を通す。
  寒天が溶けたら砂糖を加え、更に1~2分火を通す。

2.裏漉してレモン汁を加え混ぜ、冷やしておいたバットに流す。

3.常温で固め、冷蔵庫で冷やす。

4.ソルベの材料を合わせてフードプロセッサー又は
  ハンディブレンダーで撹拌する。

5.3を角切りにしてグラスに入れ、4を盛りつける。
  フランボワーズとスライスレモンを飾る。

※水と砂糖を2:1で煮溶かし、冷ましたもの。

ランキングに参加中です♪

干しエビの中華ペーストで春雨サラダ

                DSC08686.jpg
調味料や乾物の中には、買ってはみたものの、その場限りで
後は使わなくなってしまうものが結構あります。

干しエビもその一つ。
何かに使えないかと思っていたところ、冷蔵庫にザーサイを発見。
香味野菜も加えて油炒めにしたのが、干しエビの中華ペーストです。

                   DSC08691.jpg

春雨サラダに加えてみたら、よく合いました。
冷奴のトッピングにしたり、チャーハンに加えてもよさそうです。

ところで、春雨サラダは、戻した春雨の水気をしっかり切るのが
ポイントですが、サラダスピナーを使う際、内側にペーパータオルを
敷いてから春雨を入れて回すと水気がよく切れます。

冷たいパスタを作るときにも同じ方法でやっています。
料理上手な友人からのアドバイスです♪


                DSC08665.jpg
                こちらはジンジャーシロップを使った
                きゅうりの甘酢和え。
                さっぱりしていて箸休めにぴったりでした。


春雨の中華サラダ
  
  2~3人分
   春雨         30g
   きゅうり       1本
   塩          小匙1/3
   ハム         2枚
  a 酢         大匙1
    醤油        大匙1
    干しエビの中華ペースト    大匙2
    コショウ      少々

1.春雨は熱湯で3~4分茹でてざるにあけ、水気を
  しっかり切る。ハサミで食べやすい大きさに切る。
2.きゅうりは斜めにスライスしてかた詮議にし、
  塩でもんで水気をギュッと絞る。
  ハムは細切りにする。
3.ボウルにaを混ぜ合わせ、1と2を加えて和える。

干しエビの中華ペースト   

   長ネギ        1/2本 小口切り
   生姜         1片 みじん切り
   サラダ油       100㏄
   ザーサイ        80g 洗ってスライスし、水に浸して塩抜きする。
   干しエビ        25g 戻さずにみじん切り  
   ごま油        大匙1/2

1.フライパンに、サラダ油と長ネギ、生姜を入れて
  中火にかけ、5分程揚げるように炒める。
2.1に水気をよく拭き取ってみじん切りにしたザーサイと
  干しエビを加えて5分ほど炒め、ごま油を加える。

きゅうりの甘酢和え 生姜風味

   きゅうり      3本
   塩         小匙1/2
   生姜        50g
  a ジンジャーシロップ 大匙1.5
    酢         大匙3
    塩         小匙1/3
    鷹の爪       1本

1.きゅうりは皮を縞目に剥いて5㎜厚さの斜め薄切りにする。
  塩をまぶして10分ほど置いて、水気をギュッと絞る。
2.生姜は薄く皮を剥き、細い千切りにする。
3.aの材料を混ぜ合わせ、1と2を加えて和える。

ランキングに参加中です♪

香味ペーストと茹で豚でクイックカレー

                 DSC08435.jpg
トマトソースやホワイトソース、めんつゆなど、
味のベースになるものを時間のあるときに作って
保存しておくと便利ですよね。

うちにもいくつかありまして、よく作るのが
香味ペーストと茹で豚です。

               DSC08626.jpg

にんにく、玉ねぎ、人参をみじん切りにして炒める、
レシピの中によくある言葉ですが、これが最初から
やってあったら、楽じゃないかな、と思ってつくっておく
ようになったのが、香味ペーストです。

最初はにんにくと玉ねぎ、人参だけでだったのですが、
ある時余っていたピーマンも入れてみたところ、
さっぱりとした味になって気に入り、以来ピーマンも
加えて作るようになりました。

200gずつ小分けにして冷凍しておくようにしたら、
料理がとても楽になりました。

              DSC08204.jpg
豚バラ肉を使って、茹で豚もよく作ります。
以前はル・クルーゼでコトコト煮込んでいましたが、
最近は圧力鍋ですね。
こっちの方が断然早く、やめられなくなりました。
肉がトロトロになります。

肉と一緒にできたスープがまた美味しいんです。
そのままネギでも散らし、ラー油をちょっと垂らして
飲むことが多いですね。
コラーゲンもたっぷりです♪

茹で豚と香味ペーストを使って作ったのが、クイックカレー。

ベースになるものがすでに出来上がっていますので、
完成まであっという間です。

カレー・ルーを使っていないのですが、たっぷりの野菜と
バラ肉でこくが出るようです。


茹で豚のクイックカレー 

 3人分
  茹で豚         150g・・・1㎝厚さにスライス
  香味ペースト      400g

  a  トマトジュース  1カップ
     水        1/2カップ
     ヨーグルト    大匙5
     コンソメの素   小匙1
     カレー粉     大匙1
     ガラムマサラ   2~3振り
     コリアンダー    〃
     クミンシード    〃
     柚子コショウ   小匙1

  b  ケチャップ    大匙1
     ウスターソース  大匙1
     塩        適宜

1.鍋に茹で豚と香味ペースト、aを入れて火に掛ける。
2.ひと煮立ちしたらあくを取り、蓋をして中火で5~6分火を通す。
5.bを加え、味を調える。

     
香味ペースト   
  
 約1キロ分
   玉ねぎ      大3個 800g
   人参       3本  400g
   にんにく     1~2片
   ピーマン     2個  100g
  a 塩        小匙1
    油        大匙1
    水        大匙4
    コショウ     少々

1.玉ねぎ、人参・・・皮を剥いて適当な大きさに切る。
  ニンニク・・・半割にして芽を取り除く。
  ピーマン・・・半割にして種とワタを取り除き、残った白い部分を
         丁寧に削ぎ落して3~4等分する。
2.1を合わせてフードプロセッサーでみじん切りにする。
3.鍋またはフライパンに2とaを入れて蓋をし、強火で3分蒸し煮する。
4.蓋を取ってかき混ぜ、蓋をして更に3分。
5.蓋を外し、強火のまま水分がなくなるまで炒める。
  

時短茹で豚

  2.5リットルの圧力鍋で作りやすい分量
   豚バラ肉    塊300g
  a 水        500cc
    生姜の皮     1片分
    にんにく     1片

  b 水        200cc
    塩        小匙1/2
    コショウ     たっぷり

1.肉を4~5等分に切り、aと一緒に圧力鍋に入れて強火に掛ける。
  ピンが上がったら弱火にして8分加圧。そのまま自然に冷ます。

2.ビンが降りたらざるに空け、肉だけ鍋に戻す。
  bを加え、強火にかけ、ビンが上がったら弱火にし、
  10分加圧。そのまま自然に冷ます。
  香味野菜を取り出す。

3.冷蔵庫で一晩寝かせ、脂の塊を取り除く。

ランキングに参加中です♪

米粉のお好み焼き バンセオ

               DSC08599.jpg

昨日は、冷蔵庫に残っていたもやしを使ってお好み焼きを
作ったのですが、もやしが生地に絡まりにくく、
生地が下に沈んでしまう状態に。

         DSC08571.jpg

ふと、ベトナム風のお好み焼き「バンセオ」を思い出しました。

香菜もニョクマムも苦手ですが、ベトナムの食文化には
とても興味があります。

確か米の粉で作った生地で、薄焼き卵のようだったっけ、
と作ってみることに。

最近米粉ブームですが、今まで1~2回買った程度で、
あまりなじみがありません。

米粉に適当に水を混ぜて焼いてみたら、フライパンに
生地を流した途端、あっという間に固まって、
分厚~くなってしまいました。

次こそ、と手早くフライパンを回してみてもダメ。
そこで、薄力粉と半々にして水もふやしたところ、
薄くレース状に広がりました。

あらかじめ、動画サイトでベトナムの屋台でバンセオを
作っているシーン
食べ方を映したシーンを見ておいたのが
とても参考になりました。

昨日私が作ったもやしのお好み焼きとは作り方が全然違います。
ベトナムでは、もやしを生のまま乗せて、蒸し焼きにするんですね。

やってみましたが、もやしはシャキシャキのまま。
どちらかと言うと、生で食べているような感じです。

卵も生地に混ぜるのではなく、焼いている生地の上から
サーっと回しかける感じ。

以前レッスンした、ガレットを思い出しました。
ベトナムとフランス、食文化にもつながりがあるのですね。

動画のように数種類の葉っぱで巻いて食べてみたところ、
後味がとっても爽やかで、いくらでも食べられそうです。

スイートチリソースとニョクマムを合わせたたれにつけて
食べるのが本来の食べ方なのだと思いますが、
ナンプラーもニョクマムも苦手
(エスニック、食べるな!という感じですが・・・)
なので、自家製のソースを作りました。

         DSC08619.jpg
          ナンプラーの代わりに醤油を加え、
          材料をレンジで加熱するだけです。
          鷹の爪を入れなければ、お子さんにも。

また、今回は入れませんでしたが、生地にターメリックを
少し加えると、食欲をそそるきれいな黄色になります。


バンセオ   
  2枚分
    a 米粉        30g
      薄力粉       30g
      水        200㏄
    豚肉          80g
    塩、コショウ      少々
    もやし         1/2袋・・・洗ってざく切りにし、水けをよく切っておく。
    長ネギ         1/2本・・・洗って斜め薄切り。
    卵           1個    
    レタス、バジル、ミント、香菜、三つ葉など  適宜
    自家製スイートチリソース  適宜

1.aをボウルの中でよく混ぜ、暫くねかせておく。
2.豚肉をサラダ油を引いたフライパンでサッと炒め、
  軽く塩、コショウをして取り出す。
3.熱したフライパンに油を広げ、余計な油を軽く拭き取る。
  中火にして生地の半量を2~3回に分けて流し、回しながら広げる。
4.長ネギ、もやし、1の半量を中央に乗せ、周りに卵1/2個分を
  回し入れる。
5.蓋をして中火で4~5分焼く。
6.生地を半分に折りたたんで皿に盛る。もう半分の生地も同様に焼く。
7.適当な大きさに切ってレタスの上にのせ、他の葉っぱ類も一緒に巻いて
  チリソースにつけながら食べる。

自家製スイートチリソース   
    酢       50cc
    水       50cc
    砂糖      大匙3
    醤油      大匙1/2
    片栗粉     小匙1
    鷹の爪     1個・・・手でちぎって中の種を半分くらい取り除く。

  材料を耐熱容器に入れ、600Wのレンジで1分加熱。
  かき混ぜてもう1分加熱する。  

DSC08613.jpg

ランキングに参加中です♪

クロックムッシュ

             DSC08582.jpg
今朝の朝食はクロックムッシュ。

クロックムッシュは、ハムとチーズのホットサンドだと
思っていたのですが、このレシピはホワイトソースを
塗ってチーズをのせて焼くもの。

パンのグラタンみたいですね。

パンは1人2枚。
間にもホワイトソースを塗ってハムをはさみます。
なので、すごいボリューム!

              DSC08589.jpg
              前の晩にセットしておけば、朝は焼くだけでOK。
              このまま冷凍庫にも常備。

オーブンとオーブントースター、どちらで焼くか迷い、
結局オーブンで。

パンはカリッ、ソースはとろり♪

ソースは塗らず、目玉焼きを乗せたのが、クロックマダムだそう。
どちらも栄養満点ですね。


クロックムッシュ 

 4個分
   パン          8枚
   ホワイトソース    280g
   ハム          4枚
   ピザ用チーズ    120g

  パンを2枚1組にして一方にホワイトソースを塗る。
  ハムをのせてもう一方のパンをのせ、その上にも
  ホワイトソースを塗る。チーズをのせて焼く。
  250度5~7分。

ランキングに参加中です♪

クリーミーポテトサラダ

              DSC08519.jpg
昨夜の残りのポテトサラダで、サンドイッチの
ブランチでした。

オニオンポテトサラダがさっぱりタイプなのに対し、
こちらは主人好みのクリーミーなポテトサラダです。

玉ねぎときゅうりをたっぷり入れてあるせいか
しつこくなく、野菜嫌いの主人もこれはよく食べます。

いつもは必ずソースをかけるのですが、
昨日はかけていませんでした。

「ソースかけないの?」と言いかけてやめました(笑)


クリーミーポテトサラダ 

    じゃがいも      大2個 350g
    玉ねぎ        1/2個
    きゅうり       1本
    塩          小匙1/2
    コショウ       少々
    マヨネーズ      大匙3
    酢          小匙1

1.じゃがいも・・・皮を剥いて6~8等分し、水にさらす。
  玉ねぎ・・・・・スライサーで薄くスライスし、水を3回位
          替えながら手でもむ。
  きゅうり・・・皮を縞目に剥いてスライサーでスライスし、塩を振って
         手でもみ、少し置いてから洗う。

2.ルクエ(レギュラー)にペーパータオルを敷き、
  じゃがいもをのせて5分加熱。
  ボウルに空けてつぶし、塩、コショウを振る。
  マヨネーズ大匙2、酢も加え混ぜる。

3.手でギュッと絞って水気を切った玉ねぎ、きゅうりを、
  加え混ぜ、マヨネーズ大匙1を加え混ぜる。

                DSC08485.jpg

ランキングに参加中です♪

ノンオイル♪チキンのオーブン焼き

              DSC08457.jpg

昨日の夕飯は、照り焼き風のオーブン焼きでした。

鶏肉にマーマレードと醤油、バルサミコ酢などで
下味をつけて焼いただけの簡単な料理です。

気が付いたら、オレンジ寒天、オレンジドリンク、
と昨日はオレンジ尽くしになっていました。

一見ボリュームがありそうで、実はノンオイル料理。

野菜をオーブンで焼く際、「オイルを回しかける」、
とよく書いてありますが、油でベタベタになるのがいやで、
肉から流れてくる脂で充分なのでは、と塩、コショウだけを振り、
途中で肉を漬けこんでおいた汁をかけて焼いてみたところ、
驚くほど野菜の甘さが引き出され、美味しかったです。

チキンにも油を使っていませんが、こちらもジューシー。
酢のお陰で、柔らかく仕上がりました。

ところで、うちでは鶏肉は洗ってから調理しているのですが、
これは実家の母から「鶏肉は洗いなさい。」と言われてきた
からなのです。
母は祖母からそう言われたそうで、祖母はその母からと、
台所仕事は親から受け継がれてゆくものですね。


鶏肉のオレンジ・バルサミコ風味

  2~3人分
    鶏もも肉唐揚げ用     400g
   a オレンジマーマレード  大匙1
     醤油          大匙1
     酒           大匙1
     バルサミコ酢      小匙1
     コショウ        少々
    なす           2個
    玉ねぎ          1/2個
    塩、コショウ       適宜

1.鶏もも肉は洗って水気をよく拭き取り、黄色い脂の部分を
  丁寧に取り除く。aに30分ほど漬け込んでおく。

2.なす・・・皮を縞目に剥いてガクを取り、縦4~5枚にスライスする。
       火が通りやすいよう、格子状に切り込みを入れておく。
  玉ねぎ・・・繊維と垂直に1㎝厚さにスライスする。

3.1、2をオーブンシートを敷いた天板に並べ、
  野菜には軽く塩、コショウを振って焼く。
  200度で10分焼き、1で残ったたれを野菜にかけ、250度で5分焼く。


                 DSC08470.jpg

ランキングに参加中です♪

オレンジで寒天デザート&ドリンク

              DSC08447.jpg
最近また寒天ブームがきている気配が・・・
お店に行くと、寒天のスペースが空っぽになっているんです。

何軒か回ってやっと手に入れた棒寒天。
パウダー状のものでもよかったんですが、
一度使ってみたかったので。

何を固めようか考えた末、うちにあったオレンジと
オレンジジュースでオレンジ寒天を作ることにしました。

ゼラチンで固めるデザートの場合、氷たくさんあったっけ・・・
と不安になりますが、寒天のいいところは、常温で
固まってくれるところ。

30~40℃で固まりますから、室温に置いておけば、
自然に固まってくれます。

              DSC08427.jpg
              オレンジをた~くさん使いましたよ。


それに、実と果汁だけ使ったので、皮もた~くさん余りました。

何かに使えないかと思って、冷蔵庫を見ると、
飲み残しのワインがボトルに少し残っていたので、
サングリア風の飲み物を作りました。

              DSC08454.jpg

開けてから随分経っていたので、アルコール分は
とっくに飛んでいるだろうと思ったものの、
一応フランべさせるために鍋を傾けたら、火柱が立った!

換気扇、換気扇!!

焦りました


オレンジ寒天は、ゼラチンのやわやわとした食感とは
また違った「歯ごたえ」があります。

でも、ブリっとした固さではなく、口のなかでスッと
ほどけてゆくような心地よい食感です。

てんさい糖を使ったせいか、やさしい甘さです。

8~10人分はあろうかという分量だったのですが、
娘が一度に半分食べてしまいました!!

いくら寒天ローカロリーだからって、そんなに食べたら
おんなじだよ、
と止めるのも聞かずに。


ドリンクの方は、赤ワインベース1に対し、水2の割合で
割って飲んでみたら、少量でも満足のゆく濃さになりました。

ポリフェノールも摂取できるので、毎日少しずつ飲んでみようかと
思います。


オレンジ寒天   
  バット1個分
   棒寒天         1本(10g)
   オレンジ        5個
   オレンジジュース    絞り汁と合わせて650㏄になる分量
   てんさい糖       40g

 1.棒寒天は洗って水で30分以上ふやかす。
 2.オレンジは皮を剥いて実を取り出し、実が残っている皮は、
   絞って果汁を取る。ここにジュースを足して650ccにする。
 3.2のジュースと、水気を固く絞った1をちぎりながら鍋に入れ、
   中火にかける。混ぜながら煮立たせ、寒天が溶けたら砂糖を
   加え、弱火で5~10分火を通す。
 4.裏漉して2のオレンジの実を加え混ぜ、バットに流して
   常温で固める。固まったら冷蔵庫に移し、よく冷やす。
 5.ナイフで切り分けて皿に盛る。

サングリア風ドリンク  
   150㏄分
     赤ワイン      160㏄
     砂糖        50g
     オレンジの皮    1/2個分 

1.オレンジの皮は、オレンジ色の部分だけを
  薄く削ぐ。
2.1と赤ワイン、砂糖を鍋に入れて強火にかけ、
  フランべする。
3.炎が収まったら中弱火で2~3分煮詰める。
4.冷ましてから容器に移して保存。
  水又は炭酸、ジュースなどで、好みの濃さに薄めて飲む。

ランキングに参加中です♪

バジルとじゃがいものパスタ

                DSC08423.jpg
バジルの爽やかな香りは、食欲を掻き立てますね。

トマトとバジルの冷製パスタもよく作りますが、
今日のブランチは、バジルペーストを使った、
じゃがいも入りのパスタにしてみました。

パスタにじゃがいもという、炭水化物同士の組み合わせですが、
美味しくて、家族にも喜ばれました。

              DSC08279.jpg
              庭で採れたバジルで作りました・・・

              なんて、言えるといいのですが、これはスーパーで買ってきた
              パック入りのわずかなバジルで作ったもの。

              ニンニクもパルメザンも松の実も入っていない、
              ごくごくシンプルなペーストです。

              ニンニクやパルメザンは、使う料理に合わせて
              適宜入れるようにしています。


バジルとじゃがいものパスタ 
   
   1人分
     パスタ        80~100g
     じゃがいも     小1個・・・1㎝の角切りにして水にさらす。
     バジルペースト   大匙1
     パルメザンチーズ  大匙2~3
     塩、コショウ    適宜

1.パスタを指定の茹で時間茹でる。
  残り5分になったらじゃがいもの水気を切って加え、
  一緒に茹でる。

2.ざるに空けてボウルに移し、バジルペースト、
  パルメザンチーズ大匙1~2を加えて和える。
  必要なら茹で汁、塩を加えて調味し、皿に盛る。

3.残りのパルメザンチーズ、コショウを振る。
    

バジルペースト

  バジル      1パック 3枝 約25g
  オリーブオイル  大匙4
  塩        小匙1
  コショウ     適量

バジルは葉を摘み、他の材料とともに深めの容器に入れ、
ミキサー又はハンディブレンダーですりつぶす。

ランキングに参加中です♪

自家製ラー油で酸辣湯

              DSC08334.jpg
ラー油を作ったら、絶対食べたい!
と思っていたのが酸辣湯。

先日れんこん荘で注文した酸辣湯には、苦手な
香菜が山盛りのっていて、ガッカリだったので、
余計に思いが募っていました。

味がなかなか決まらずにいたのですが、やはり自家製ラー油強し!

自分好みの味に仕上がりました♪


酸辣湯
  4人分

  a 長ネギ     1本・・・細切り
    玉ねぎ     1/2個・・・スライス
    舞茸      1袋・・・手でほぐす。
    塩       小匙1
    ごま油     小匙1/2
    紹興酒     大匙1 
    水       大匙2

  b 水       3カップ
    顆粒ホタテスープの素 小匙1
    
  c 筍の水煮    50g・・・細切り
    豆腐      1丁・・・手でくずしてざるに空けておく。
    塩       小匙1/2
    醤油      小匙1

  d 片栗粉     大匙1
    水       大匙1

  e 自家製ラー油  大匙1
    酢       大匙2

1.aをフライパン又は鍋に入れて蓋をし、強火で3分蒸し煮する。
2.bを加えてひと煮立ちさせ、cを加えて中火で2~3分火を通す。
3.強火にし、dを合わせて少しずつ加え混ぜ、とろみを付ける。
4.eを加えてひと煮立ちさせる。

酢っぱ辛いのが何ともいえず、丼1杯では足りず、2杯食べてしまいました。

ランキングに参加中です♪

ハズレちゃったら・・・?

                DSC08384.jpg
桃を食べようとしたら、甘くなかった!
こういうこと、ありますよね。

食べてみるまでわからなかったり、いつまで待っても
固いままだったり・・・

桃は当たり外れのあるフルーツですね。

今日の桃は残念ながらハズレ。

冷蔵庫にヨーグルトがあったので、スープにしちゃいました。

朝食や、食後のデザートにもいいですよ♪


桃のスープ 
  2人分
    白桃           1個
    ヨーグルト        大匙5
    レモン汁         小匙1
    桃のリキュール(あれば) 大匙1
    砂糖           大匙1~1.5

  桃は皮を剥いて種を取り除き、他の材料と一緒に
  ミキサーまたはハンディブレンダーでピュレ状になるまで
  撹拌する。

ランキングに参加中です♪

鶏手羽先のタプナードパン粉詰め

             DSC08354.jpg
オリーブ1瓶とアンチョビ1瓶があったので、タプナードを
作りました。

タプナードは南仏プロヴァンスのオリーブのペーストだそうです。
材料をすべてフードプロセッサーで混ぜるだけなので、簡単です。
パスタを和えたり、パンに乗せたり、煮込みに加えるなど、
いろいろな使い方ができるので、重宝してます。

                   DSC08315.jpg

             
             アンチョビは、ペッピーノ爺さんのアンチョビを愛用中。

今日のお昼は、これを手羽先の中にパン粉と一緒に詰めて
オーブンで焼いてみました。

焼き上がると膨らんでパンパンに!

娘にはあまり受けがよくないんじゃないか、と思いきや、
なんと5本平らげました!


             DSC08324.jpg
             こちらは舞茸のタプナード炒め。
             旨みたっぷりの舞茸とタプナードの相性も◎。


タプナード

  a 黒オリーブ   1瓶 汁を切って150g
    にんにく    1片 薄皮を剥き、半割にして芽を取り除く。
    ケーパー    大匙1
    粒マスタード  大匙1
    コショウ    少々

  アンチョビ     1瓶 オイルごと80g

aをフードプロセッサーに入れて細かく砕き、
アンチョビを加えてさらに混ぜ、ペースト状にする。


鶏手羽先のタプナードパン粉詰め 
  2~4人分

   手羽先             8本
   タプナード、パン粉       各小匙8
   塩、コショウ          各少々

  1.手羽先は骨を抜いてよく洗い、ペーパータオルで
    水気をしっかりと拭き取る。

  2.1にタプナードを小匙1ずつ詰め、その上からパン粉も小匙1ずつ
    詰めて楊枝で留める。

  3.オーブンシートを敷いた天板に並べ、塩、コショウを軽く振って
    オーブンで焼く。

    190度15分セット。
    最後の3分は上段に移し、250度でパリッと焼き上げる。

※手羽先から抜いた骨は、ジンジャーシロップで残しておいた
 ショウガの皮と、長ネギの青い部分と一緒に茹でてスープに。



舞茸のタプナード炒め

   舞茸        3パック 食べやすい大きさに裂く。
   玉ねぎ       1/4個  みじん切り

  a 塩         小匙1/4
    オリーブ油     少々
    シェリー酒     大匙1
    水         大匙1

   タプナード     大匙1
   塩、コショウ    各適宜

1.フライパンに舞茸と玉ねぎ、aを加え、蓋をして強火で3分
  蒸し煮する。

2.蓋を取って強火のまま炒め、しんなりしてきたらタプナードを
  加え、水気を飛ばすように炒める。

3.塩、コショウで調味する。

             DSC08360.jpg

ランキングに参加中です♪

食べるラー油

               DSC08218.jpg
昨年、大ブームを巻き起こした食べるラー油。
私も何度も作ってしまうほど、はまりました(笑)

ただ、夏が終わるとともに自分の中ではいつの間にか
ブームが去り、あれ以来作っていなかったのですが、
夏前から実家の母に
「ラー油、もう作らないの?」と聞かれており、
「今度作ったら送るね。」という返事を何度したことか!

やっと作る気になりました。

ところが、いざ作ろうとレシピを探すとない!
ファイルはもちろん、パソコンに打ち込んだものやpomeraの中、
手帳など、思いつく限りの場所を探したのですが、見つからないのです。

仕方なく探すのはあきらめ、2011年バージョンの新レシピで
作ることになりました。

今回はショウガも加え、よりスパイシーな味に。
辛さは以前よりも少しアップしたかな。

いつも家にある材料で作れる工夫もしました。

出来立てのラー油を早速使ってみました。


               DSC08224.jpg
               ただの白菜スープも本格中華味に!



               DSC08239.jpg
               ナムルもあっという間!

ちょっと加えるだけで何でも美味しくなるので、
ついついたくさん使ってしまいます。

で、食べ過ぎて口の周りがヒリヒリしてきたりするので注意です。



食べるラー油 
 3カップ分

  サラダ油   2カップ
  a 玉ねぎ   1個・・・皮を剥き、縦半分に切って各々8等分。
    ニンニク  1玉・・・薄皮を剥き、半割にして芽を取り除く。
    生姜    50g・・・皮を剥いて5㎜厚さにスライス。
  b 一味唐辛子  1袋(22g入り)
    味噌     大匙2
    醤油     大匙1
    てんさい糖  小匙1
    すりごま   10g
  ごま油    大匙2

1.aをフードカッターでみじん切りにする。

2.サラダ油と1を深めの鍋かフライパンに入れ、弱火で
  薄く色づくまでじっくりと揚げる。20^25分

3.bをボウルに入れてよく混ぜ、2を少しずつ加え混ぜる。

4.ごま油を加え混ぜる。


もやしのナムル  

  もやし    2袋
  食べるラー油 大匙1
  酢      大匙1
  塩      小匙1/2

もやしはよく洗って熱湯で茹で、ざるに空け、
熱いうちにその他の材料を加え混ぜる。

               DSC08238.jpg

ランキングに参加中です♪

アボカドディップとサーモンのカナペ

               DSC08296.jpg
少し前から、「アボカドのディップが食べたい。」
と娘にリクエストされていました。

スーパーに行くと、丁度よく熟していそうなアボカドが
見当たらず、なかなかトライできずにいたのですが、
やっと完熟していそうなものを見つけたので、作って
みることに。

半割にして種をのぞいた後、スプーンでツルンと
実を取り出すことができ、予想通りいい具合に熟して
いました。

               DSC08250.jpg
               あとは他の材料と一緒にボッシュのブレンダーで混ぜるだけ。
               まるでピスタチオのムースりーヌのようになめらかなクリーム状に!

               
               DSC08259.jpg
               これを焼き立てのパンにたっぷりと塗り、
               娘の大好物、サーモンに醤油を少しかけたものをのせて
               出来上がり♪


「これ、何個でもいける!」と好評でした。

パンは先日作ったときよりも、イーストの量を少なめに。
過発酵になると、イースト臭が強く出てしまうからです。
今日はふっくらとよく膨らみました♪


サーモンとアボカドディップのカナペ
 4個分

 ごま入りプチパン   1個
 サーモン(刺身用)    8切れ
 醤油             少々
 アボカドディップ   1/2量
 コショウ           適宜

1.パンを1㎝厚さにスライスし、トースターで軽くトーストする。

2.サーモンに醤油を回しかけておく。

3.1にディップを塗り、2をのせ、コショウを振る。


アボカドディップ   

   アボカド      1個
   レモン汁      少々
   マヨネーズ     大匙1
   醤油        小匙1/2
   塩、コショウ    各少々

1.アボカドは縦にぐるりと切り込みを入れて半割にし、種を取り除いた後、
  スプーンで実をこそげとる。

2.残りの材料と合わせ、ハンディーブレンダーで混ぜる。
  スプーンで潰しながら混ぜてもOK。

※ディップは冷凍可。 


ごま入りプチパン 
 4個分

 a 強力粉       450g
   イースト      小匙2(5g)
   グラニュー糖     6g
 b 塩         小匙1
   すりごま       5g
 牛乳         310g 

1.aを合わせてボウルに入れ、ざっと混ぜたらbを
  加えて混ぜる。

2.レンジで30~40秒加熱した牛乳を加え、
  キッチンエイド(ドゥブレード)で5分ほど混ぜる。

3.ひとまとまりにしてボウルに移し、ラップをかぶせて
  30℃くらいの場所で約50分一次発酵させる。

4.シルパットの上に置き、手で軽く押さえて四等分する。
  各々丸めてオーブンシートの上にのせ、フードをかぶせて
  30℃くらいの場所で20~30分二次発酵させる。

5.表面に強力粉を振り、ナイフでクープを入れる。

6.全体に霧をたっぷりと吹いて焼く。180℃25分

ランキングに参加中です♪                          

圧力鍋で 黒糖ジンジャーシロップ

              DSC08272.jpg
最近、夕方図書館へ行き、帰りにスイカを買って帰る、
というのがお決まりのパターンになっています。

本の一斉処分をして以来、買わない、持たない、
を実践すべく、図書館通いをすることになりました。
近くにあるのはありがたいことです。

新生姜の季節もそろそろ終わりでしょうか。
スーパーにまだあったので、ジンジャーシロップを
作りました。

ひね生姜でもできるのですが、やはり柔らかくて
みずみずしい新生姜で作るのがいいですね。


         DSC08247.jpg
てんさい糖と同じく、お菓子に使おうと思って
買っておいた黒糖がたくさん余っていたので、
それを利用しました。

いつもは何十分も煮込むところが、圧力鍋を使えば
たったの10分で出来上がり!

炭酸水を買いにゆき、早速ジンジャーエールを作りました。
何杯も作って飲んでみて、決まったのがこの配合。

  ジンジャーシロップ  大匙1
  炭酸水         大匙4


ガブ飲みするものでもなさそうなので、この分量で
一人分にしておきますね。

ジゴンをお持ちの方でしたら、ジンジャーシロップを
入れた後、水平線の模様のところまで炭酸水を注いで
いただけばOKです♪

水でもいいのですが、やはりパンチがないというか、
何か物足りなく感じてしまいます。

また、レモン汁を加えてみたところ、入れない方が
ジンジャーエールらしさが出るような気がしました。

シロップと一緒にできる生姜を、何に使おうか考えるのも
楽しみです♪



圧力鍋で作る黒糖ジンジャーシロップ
約2カップ分

  新生姜     200g 皮を剥いて2~3㎜厚さにスライス
  黒砂糖     200g
  水       300cc

1.材料を圧力鍋(フィスラー2.5リットルを使用)に入れて強火に掛け、
  あくを取り除く。

2.蓋を閉めて強火にかけ、ピンが上がったら弱火にし、10分加圧する。
  そのまま自然に冷まし、ピンが下がったら出来上がり。

ランキングに参加中です♪