今月のレッスン

~お菓子教室のみなさまへ~

朝晩、肌寒さを感じるとともに、乾燥が気になる季節
になりました。  
いよいよ秋本番ですね。

さて、明日から10月のレッスンがスタートになります。

メニューのご連絡が遅くなりまして、すみません!

この時期にぴったりな、「マロンのアントルメ・ミルフィユ」
をご紹介いたします。

みなさまにお会いできるのを楽しみにしております! 


       

塩チョコマカダミアクッキー

            DSC00110 (333x500)
来週発売になる本の中から。
塩チョコクッキーにマカダミアナッツを加えて焼きました。

甘塩っぱい系のお菓子って、今まで意識して取り入れて
こなかったのですが、今回は数種類入れてみました。

試作してみると、思いのほか自分好みで、
すっかりはまってしまいました。



中でも塩チョコは何度作ったことか。

ほとんどのクッキーはしっかり火を通していますが、
これは焼き時間を短くして、少し半生っぽく仕上げるのが
ポイント。
焼き過ぎると魅力半減なのです。

今日は家にあったマカダミアナッツを全部加えてみました。
なんと粉と同量!
生地がナッツをつないでいる感じです。

短時間焼いただけでもざっくりとした食感になりましたが、
これもまたよかったです。



甘塩っぱい系はスタッフの方々や家族にも好評で、
他に「塩レモン」がかなり評判よかったです。

私が一番好きなのは黒コショウかな。
黒粒胡椒をつぶして生地に加えて焼くのですが、
スパイシーな風味と塩気と甘味が絶妙!
・・・と自分では思っています。

その他、昔ながらの懐かしい甘塩っぱい系も。



甘いクッキー、塩味クッキーももちろん充実していますので、
いろいろ楽しんでいただけたら、と思っています。


              ランキングに参加中です♪ 

焼き餃子

           DSC00165 (333x500)
連休も今日で最終日ですね。

試作をしつつ、家の中掃除(大掃除というほどではなく)をしていたら、
5日間あっという間に過ぎました。

毎年、年末は立て込むため、ここでやっておかないと、
後が苦しいのです。



いつものことながら、一番苦労するのが本。
今回は思い切って2割ほど(100冊くらい?)減らしましたが、
本棚にほんの少し隙間が現れたかな、くらいで
あまり変わり映えしません。
本当は、今あるものの半分くらいに減らしたいのですが・・・


毎回どうしようかな、と思うのがマトファーのナナカマドの麺棒。
長いこと使ってきた愛用品なのですが、不注意にも落としてしまい、
肝心の中心部分が少し欠けてしまったのです。

しかも、長年使ってきたせいか、バターの臭いが
染みついてしまい、洗っても臭いが取れず、
もう処分しようかな、とここ数年迷ってはヤッパリダメ、
お別れできない・・・
の繰り返しでした。

最近、太い麺棒を使う機会がめっきり減ったため、
今は出番もほとんどないのですが、
かつては身体の一部のような存在でした。

ここまで愛着のある道具ってそうそうないので、
一生そばに置いておこう、と決めました(笑)

こうした行きつ戻りつの繰り返しで、
ものの処分というのは、なかなかはかどりませんね。


冷蔵庫の残り物で作ったのが、焼き餃子。

整理のついでに見つけた、20年ほど前に
書きためておいた料理のレシピノートを見て、
久しぶりに皮から手作りしました。
粉はリスドオルで。

もともとは水餃子のレシピだったのですが、
うちでは家族が焼き餃子を好むものですから、
こちらが定番になりました。

本来はキャベツと豚ひき肉で作るところを、
冷蔵庫にあった白菜、しめじ、豚小間、ベーコンで代用。
FPで簡単に。

点心用の小さな麺棒で生地を伸ばし、具をたっぷり
詰めました。

本当に久しぶりに作りましたが、
やっぱり手作りの皮は美味しいですね~。
モチモチ感が違います。


こんなことぐらいで
「ママ、今日は餃子ありがとう!」
なんて言われて、こっちこそ、いつもごめんね~
って感じです

             ランキングに参加中です♪ 

三代川純子さんのフラワーレッスン

              DSC00059 (399x600)
連休、いかがお過ごしでしょうか?
お天気にも恵まれ、絶好の行楽日和ですね。

半年振りに、 三代川純子さんのフラワーアレンジレッスンに
参加してまいりました。

今月は鳥かご風の花器を使った、秋の花のアレンジメントを
教えていただきました。

今回の花材は
 コスモス ベルサイユ40、ホワイト40、アフタヌーンホワイト
 ダリア   ナマハゲのアール
 なでしこ  トリニダ
 ホトトギス
 ミューリー
 めがねやなぎ
 グローディア

テーマカラーはホワイトとワインレッド。
先生の手元に釘付けになりながら、
秋のイメージにぴったりなアレンジに、終始うっとり。

いざ、自分でやってみる段階になると、
あれ、これはどこだっけ?
茎が折れる~、など、トラブル続出でしたが、
何とか形になったことに驚きます。

今月も素敵なアレンジメントを持ち変えることができ、
大満足でした。

レッスンの後、ご一緒したMさんとNさんと一緒に
近くでランチ。

Mさんおすすめのイタリアン
「ピッツェリア ファンタジスタ ドゥエ」へ。

ランチセットのピザとパスタを3人でシェアしていただきました。

セットのサラダは彩り豊かでボリューム満点、
ピザ生地はモチモチ、パスタも美味しかったです。

何より、雰囲気がよく、店員さんがとっても親切で
感じのよいお店でした。

デザートがないのはなぜ~?

実は、レッスン後のお楽しみ、ティータイムで
三代川先生からローズベーカリーのキャロットケーキを
ご馳走になっていたのです!

大人気のキャロットケーキは、ご説明するまでもなく、
うっとりするような美味しさでした。

次回はクリスマスのアレンジを教えていただきます。
今から楽しみです♪


             ランキングに参加中です♪ 

新刊 見本誌が届きました

            DSC00050 (399x600)
            撮影:馬場わかなさん スタイリング:城素穂さん デザイン:川添藍さん

今月末に家の光協会から新刊
「バター、生クリームなしでおいしい クッキー クラッカー パイ」
が発売になります。

本日、見本誌が届きました。

初校、再校、色校と何度も原稿を見させていただいて
おりましたが、こうして1冊の本になると、また別の思いが
湧き上がってきます。

特に、今回の本は企画が決まってから長い時間を
かけて取り組んできましたので、
やっと完成したんだな~、としみじみとした気持ちになりました。



私はもともとクッキーやパイが大好きなので、
試作の段階からあれも作りたい、こんなのも入れたいと
思いは膨らむばかり。

編集の新井さんやスタッフの皆さんからのリクエストも
参考にさせていただいて決まったのが、今回ご紹介する
50品です。

個人的に好きで、何度もリピートして作っているのが、
チョコレート系のクッキーです。

特に塩チョコやオランジェット風のものがイチオシです・・・

と、まだ発売になっていないのにすみません。


本の内容や思い出話など、またこちらでお話しさせていただけたら、
と思っております。


今月28日ころから店頭に並ぶそうですので、
お見かけになりましたら、お手に取っていただけると嬉しいです。


                    ランキングに参加中です♪ 

白菜とチキンレッグのスープ

               DSC09899 (266x400)
みなさまの地域、台風の影響は大丈夫でしょうか?

雨続きで気温も下がってきましたね。

そうなると温かい汁ものが食べたくなってきます。

注文しておいたミニ白菜が予想外に大きかったので、
夕べ、白菜スープを作っておきました。

昆布と水をシャスール鍋に入れ、上からざく切りにした白菜、
千切り生姜、塩を加え、沸騰したら昆布を取り出し、
関節で2つに切り分けたチキンレッグ1本を加えて煮込みます。

昆布と鶏でいい出汁がとれるんです。

スープの味をなじませるため、前日に作っておいて、
朝もう一度煮返し、熱々をいただきます。

餅や春雨を入れても美味しいです♪




他に、タコとレタスのマリネ、
エルブドプロヴァンス風味のキャロット・ラペ、
ご飯に試作のケーキ・・・

ここのところ、焼き菓子ではなく、
”ケーキ”の試作が続いているので、
たくさん食べられないんですよ。

クッキーの試作をしていたときは、10種類くらい
平気で食べられたのに。

冷凍便で実家にもかなり送りましたが、
まだまだある、ある。

今週のレッスンにお越しくださる皆さま、
ご協力お願いいたしま~す!


                ランキングに参加中です♪  

フィオレンティーナ ペストリーブティック

           image2 (375x500)
グランドハイアットのフィオレンティーナにて、
秋の新作「ポワール ムースリーヌ」を食べました。

こちらのカフェは、開放的で落ち着いた雰囲気が好きです。
晴れていると陽の光が気持ちよく射し込んできますが、
今日のように少しどんよりとした日でも丁度良い明るさです。

ケーキセットにしようかと思いましたが、
ショートケーキorいちじくのタルトのどちらかだったので、
選ばせてもらいました。

トレーに乗せて運ばれてきたケーキの1/4が
栗を使ったもので、思わずそちらに行きそうになったのを
食い止めたのが、大きな洋梨がのったポワール ムースリーヌ。

チョコレートの柱に囲まれたケーキに吸い寄せられました。

ケーキの中身はカスタード+バターのムースリーヌと
たっぷりの洋梨のコンポート。

美味しかったのですが、クリームのざらつきがちょっと気になりました。

ムースリーヌクリームって、実は一番難しいクリームなんじゃないかな、
と思っているので、このクリームが滑らかに仕上がったケーキに出合うと、
心底感動するのですが、ちょっと残念でした。

周りのチョコが思いのほかボリュームがあって、
これ1個分で、最近かなり小さくなった市販の板チョコ
1枚分くらいあるんじゃないか、というくらいの食べ応えでした。

最後はチョコだけをバリバリ、バリバリ・・・(笑)
でも、とっても美味しいミルクチョコでした。

洋梨のケーキというと、ムース系でさっぱりとしたものが多い中、
こちらはかなり個性的なケーキだと思います。

果肉が柔らかで香りのよいコンポートを
トップだけでなく、中にもたっぷり入れることで、
リキュールで無理に風味付けしたムースより、
洋梨の存在感をはっきりと印象付けられるのかも、
と思いました。

このところ、試作続きで外のケーキをまったく食べていなかったので、
新鮮でした。



帰りは渋谷まで歩いてみました。
涼しい風が心地よく、季節はもうすっかり秋に移り変わったんだな、
と感じます。

今週からレッスンが再開です。
秋のメニューをご用意してお待ちしております!


                 ランキングに参加中です♪ 

鰆の塩麹焼き

               DSC09799 (266x400)
今日は一日、クリスマスケーキの試作をしていました。

企画のお話しを伺ったとき、
「えっ?もうですか?」
と思いましたが、
洋服と同じく、お菓子も季節を先取りなんですね~。

そういえば、デパートのクリスマスケーキの予約も
確か来月からのところもあったような・・・・




生地の膨らみ具合が気に入らなくて、
配合をちょっとずつ変えながら、何度も作り直していたら
夕方に。

このまま作り続けると夕飯の時間と重なりそうなので、
一旦、晩ご飯作りモードに切り替えることにしました。

丁度ケーキが焼き上がったばかりなので、
昨日、塩麹に漬けておいた鰆をまだ予熱の残る
オーブンへ。

10分ほどでこんがりと焼き上がりました。




最近、オーブンの出番が本当に多く、
肉でも魚でも野菜でもなんでも入れて焼いちゃってます。

焼き時間と温度はほとんど勘ですが、それなりに
美味しく焼けてくるので便利ですよ~。

あとは常備しているたれやドレッシングで適当に和えたり。

もっと余裕をもって、丁寧に料理したいと思うのですが、
簡単&スピードって、主婦にとってはやっぱりありがたいですね。

           ランキングに参加中です♪ 
          

撮影でした。

            DSC09768 (266x400)
今日は秋に発売になる雑誌の撮影がありました。

今回初めてお仕事をさせていただく、ということで、
昨夜は緊張感でいっぱい。
今朝も早くから目が覚めてしまいました。

今までの撮影では、前日に仕込んでおけるものが
多かったのですが、今回は8品すべて出来立てを撮る、
ということでしたので、余計に緊張してしまって・・・

カメラマンさん、スタイリストさん、編集さん、
皆さんに温かく支えていただいたお蔭で、スムーズに進み、
予定よりも早く撮り終えることができ、ほっとしました。

撮影後は、作ったお菓子とコーヒーでおしゃべりタイムです。
ご一緒させていただいた皆さんとのお話しが楽しくて、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

無事終えた安堵感からか、お見送りの後は決まって
猛烈な睡魔に襲われるはずが、今日はかなり元気?


と思ったらやはり睡魔が・・・


素敵なページになりそうで、11月の発売が待ち遠しいです。


             ランキングに参加中です♪ 



ボルディエバターのアップルパイ

              DSC09737 (266x400)
冷蔵庫の大掃除をしたら、次々とお宝(?)が!

冷凍庫にあったのが、お土産にいただいていた
ボルディエのバター。

大事にし過ぎてちょっとずつ食べていたのですが、
ここまできたら盛大に使わせていただこうではないか!
と一緒に出てきた紅玉の煮りんごを詰めて
アップルパイを焼きました。

今季初のアップルパイ。
バターを使って作るのはいつ以来でしょう?
遠い昔のことのような気すらしてきます。

ゴロゴロと大ぶりにカットしたバターを粉に投入。
フォンテーヌに冷水を注いでカードで混ぜ、
太い麺棒と大理石を取り出し、打ち粉をたっぷり振って、
はみ出しそうになるバターを無理やり内側におさえ込みながら
三つ折り数回・・・

手を動かすたびに、なんだか懐かしい感覚が蘇ってくるようです(笑)

このトラディショナルなアップルパイは、生地ができたら
成形は翌日になるので、2日がかりで作り上げることになります。

冷蔵庫を整理した、という気持ちの余裕が作る気にさせたのかな?



                DSC09745 (266x400)
今回のは、フィリング、粉、バターがいつも作る量の
2割増しなので、重量感が半端ないです!

粉はカンパーニュを焼くつもりで買っておいた(この夏とうとう
一度もパンが焼けなかったのですが)リスドオル。

フランスのバターは水分が少ない上、水はいつも通りの分量で
作ってしまったので、ちょっと生地の伸びが悪く、層の膨らみは
不満だらけでしたが、サクサクでした。

折りパイもちゃんと練習しておかなきゃね!
と気が引き締まる思いです。


折り込み式のアップルパイを作り始めるころになると、
いよいよ秋の始まりだな~、と感じられます。

バターのアップルパイとオイルのアップルパイ、
今年もたくさん作って、食べてもらいたいと思います♪


                 ランキングに参加中です♪