赤坂散歩

    IMG_3478 (329x400)
赤坂はめったに行かない場所で、何年振り?
かで駅に降りました。

メゾンドユーロンでランチをした後、
この辺りで美味しいと評判の2店のお菓子やさんへ。

最初に訪れたのが「リベルターブル」。
確か一昨年の夏、こちらのシェフの講習会に参加させて
いただいたことがあります。
その時の印象は、スパイスの効いた繊細なデザートでした。

ショーケースを見ると、やはり個性的なラインナップでした。

   IMG_3476 (400x335)
その中でも比較的食べやすそうなものを選んだのがこちら。

ピスタチオのムースリーヌとフェンネルを組み合わせたプチガトー
「ヴェール」。
  「ムースリーヌ」と聞くと、試さずにはいられないのが
  選んだ理由です。
  というのも、お店のケーキでも、結構な確率で、ざらっとした
  食感のムースリーヌに出合うからです。
  ざらつくのはクリームが分離している証拠なので、
  分離しちゃったんだな、とがっかりさせられることも多いのですが、
  その分、舌触りなめらかなムースリーヌに出合うと感動させられます。
  こちらのムースリーヌはとてもなめらかでした。

  ピスタチオの風味よりもバターのクリーミーさが勝ったタイプで、
  個人的にはもう少しピスタチオの風味がガツンとくればよかったな、
  と思いました。
  1個食べるのはかなりきついかもしれません。

  あと、クリームの中にフェンネルが小さくカットされてブツブツと
  入っていたのですが、なめらかなクリームとの対比に
  ちょっと違和感を感じました。

フランボワーズのムースショコラとライチのクリーム、キャラメルを
組み合わせた「ダリア」。
  友人が注文したものを一口いただきました。

  ムースショコラは濃厚ですが、フランボワーズの酸味で
  さっぱりといただけます。
  
  ライチやバラ、フランボワーズ、キャラメルと、
  いろんな味と香りが一度に押し寄せてくる感じ。

  ごめんなさい、こちらの方が好みでした(笑)

       IMG_3477 (400x400)

2件目の
「パティスリー&カフェ デリーモ」では、
店名のついた「デリーモ」をいただきました。

      IMG_3479 (400x400)
こちら、すごく美味しかったです。

ヴァローナのブロンドチョコが使われているのかな、
キャラメル風味のチョコレートに、エスプレッソの香りが
漂う濃厚なケーキです。

クリームが驚くほどなめらかで、口の中でスーッと溶けて
ゆきます。

底にはダコワーズ、中にはビスキュイショコラが
埋め込まれています。

濃厚なのにしつこさを感じないのは、エスプレッソの香りと、
2か所に施された生地のお陰でしょうか。

表面をコーティングしている、光沢のあるものが何なのか?
ブロンズチョコをナパージュで伸ばしたものでしょうか?
ムースとの境目がわからないほど薄く掛けられていました。

トップに飾られたのは、ブロンズチョコのプラックと
エスプレッソ粉、コーヒービーンズ。

見た目、とってもシンプルなのですが、いろいろ
考えさせられるケーキでした。


      ランキングに参加中です♪