杏仁豆腐

      IMG_3616 (編集済み) (307x400)
フラワーアレンジメントのレッスンの後、
友人と麻布十番の「富麗華」でランチ、
というのがよくあるパターンです。

昨日もそちらへ向かって歩いていたところ、
14時を回っており、ランチタイムは終了した
とのことでした。

残念!

実は昨日は朝から
「今日は富麗華で杏仁豆腐を食べるんだ!」
と密かに期待をしていました。

私にとっての杏仁豆腐2トップは、
富麗華とメゾンドユーロン(赤坂)です。

以前は特別好きなデザートではありませんでしたが、
この2店で食べて以来、好きになりました。

杏仁豆腐の美味しさのポイントは、
ほろりとほどけるような寒天の固さ、
ふんわりと香る杏仁の奥深さ、
そしてシロップ。


それを食べられなかったのがよほど悔やまれたのか、
自分で作ることを思い立ちました。

早速、帰宅途中、富澤に寄って、杏仁霜を購入。

実は自分で作るのは初めてでした。
理想の杏仁豆腐はしっかり頭にあるのに、
いざそれを再現しようとすると、当たり前ですが、
難しいですね。

一度目は寒天の固さがコリコリし過ぎて失敗。
しかも、牛乳の割合が多すぎ、
理想の儚さとは程遠いものが出来上がりました。

そこで、二度目はかなり水分を増やしたのですが、
まだイメージよりも歯応えがあります。
杏仁の風味は薄まってしまいました。

そして三度目。
牛乳の割合を更に減らし、杏仁霜を少し増やしました。
すると、今度はしっかり固まっているけれど、
ゆるゆるとほどけるような食感に。
これ、これ、です!


杏仁豆腐ができたので、次はシロップです。

水と砂糖を煮溶かすだけでも十分なのですが、
何か風味付けをしてみたくなって、
ドライ杏のシロップと、
この時期ならではの新生姜のシロップを作ってみました。


杏仁はもともと杏の種から取れるものなので
ドライ杏の方は間違いないのですが、
生姜の風味もまたとてもよく合います。



うだるような暑さの中、食べたかったのは、
こんなオリエンタル風味のデザートだったんだな、
とちょっと嬉しい発見でした。


     ランキングに参加中です♪  

三代川純子さんのフラワーレッスン 

       IMG_3606 (400x400)
三代川純子先生のフラワーレッスンに行ってまいりました。

先生のお宅のドアを開けると、目の前に
「氷」ののれんが!

そう、今日はレッスンの後、特別なお楽しみがあると
お聞きしていました。



その前に、まずレッスンです(笑)


夏の生花は傷みが早いので、この時期は毎年
リースや花器を用いたアーティフィシャルのアレンジメントを
教えていただいています。

今年は以前使ったベース型の花器にアレンジをしました。

と言いたいところなのですが、
今回のアレンジメント、実はほとんど先生が仕上げて
くださったのです!!

お言葉に甘えてしまいました💦



     IMG_3602 (400x92)
友人の作品と一緒に並べて撮りました。
(パノラマで撮った画像が小さくてすみません。)

3人共色や形の希望が分かれましたが、
並べると互いに引き立てあってよい雰囲気に。

暑さで花を買うのもためらいがちでしたが、
部屋がパッと明るくなりました。
花のパワーはすごいですね。





レッスンの後、先生がご用意してくださったのが

     IMG_3608 (400x352)
かき氷!

なんと、先生手ずから氷を搔いて
おもてなしくださいました。

なんという素敵なお心遣い!
感激でいっぱいになりました。

     IMG_3610 (400x300)
こちらのマットも先生手作りの品です。


     IMG_3611 (354x400)
氷のお供、小豆ときな粉、黒蜜は
京都で買ってこられた風情のあるかごにセットされて
いました。

うちでかき氷と言えば、氷にシロップをかけて
急いで食べておしまい!
となりがちなのですが、こんな大人の楽しみ方が
あったなんて・・・

ただただ感激するばかりでした。

丁寧な暮らし、おもてなしの心とは、こういうことなんだな、
と、今日もまた先生から教えていただきました。



次回のレッスンが今から待ち遠しいです。


      ランキングに参加中です♪