NYスタイルのアップルパイ

          DSC01775 (266x400)
出盛りの紅玉を使って、次々にアップルパイを
焼いています。

いつもの形に飽きたらこんなスタイルに。


ラティスを使ったアップルパイは、ずっと昔に作って以来です。

当時は帯の組み方で混乱しているうちに、
パイ生地はベトベトに・・・
というかなり悲惨な結果でした(笑)

細い帯を何本も組ませようとしたことが、余計に
作業を複雑化させていたのだと思います。

幅広のラティスにしたら、意外に簡単に組めました。



            DSC01764 (266x400)
縁もいつもは切り落とすところを
指を使ってフリル付け。

焼くとかなりのボリューム感!


秋の午後はコーヒーとアップルパイで一息入れたくなります。


            DSC01788 (266x400)


           ランキングに参加中です♪      
関連記事