ざっくりビスコッティ

         DSC03069 (266x400)
サクサク、カリカリ、ざっくり・・・

歯ごたえのあるお菓子が好きなので、
クッキー類があると止まらなくなります。

特にビスコッティは作る頻度を考えないとかなり危険なのです

ふつう、ビスコッティには油脂が入らないことが多いのですが、
それだと固くて食べづらいので、私の作るビスコッティには
結構入ります。

その分、卵は少な目に。

お菓子の試作をしていて思うのは、レシピを見て
「あっ、これ、バター入らないんだ。」
と思ったものでも、その代わりになるものが
なにかしら入っている、ということです。

たとえば、ダコワーズとかマカロンの生地は、
卵は卵白だけ、バターや油も使われていないので、
一見、淡白なお菓子に見えますが、実は
アーモンドや砂糖が大量に入っていて、
かなりリッチな生地だと思うのです。

美味しく作るためにはある程度の甘さや油脂は必要だと思うので、
油脂=バターやサラダ油と考えるのではなく、
アーモンドやチョコレート、卵、生クリーム、牛乳などに
含まれる油脂も含めてトータルでバランスの取れた配合に
してゆくのが大事だな、と感じています。


      DSC03063 (266x400)
      ココナツとオレンジのビスコッティ。
      チョコレートマフィンと一緒に。

    ランキングに参加中です♪ 
関連記事