牛肉のオイスター・トマト煮込み

          DSC05639 (266x400)
明日からレッスンが続くので、今日は料理を何品か
作っておきました。
これをやるかやらないかで、1週間の乗り切り方が
随分変わってくるのです。

野菜の常備菜はとりあえずあるので、肉料理をまとめて
仕込みました。

まずは牛すね肉のオイスター・トマト煮込み。
実はこれ、リメイクメニューです。

牛すね肉のマリネを作っておいたところ、
味が薄く、後から酢や塩、砂糖など
いろいろ加えてみても時すでに遅しで
味が決まりませんでした。
マリネは後からでは、なかなか味が入っていかないのですね。

そこで、トマトとオイスターソースを加えてもう一度
煮込んでみたら、別物に!
最初からこっちを作ればよかった・・・(笑)

すね肉は中途半端な煮込み方ではだめですね。
マリネのときは肉もちょっとまだ固かったのです。
圧力鍋を使わず煮込むなら、1時間じゃ足りず、
2時間くらい煮込まないとホロッと崩れる食感には
ならないようです。

一見、ビーフシチューのようにも見えますが、肉も野菜も
炒めず、ただひたすら煮るだけなので、ガツンとくる味ではなく、
優しめの味になりました。



         DSC05635 (266x400)
豚肉の新生姜炒め。

新生姜の旬がやってきました♪
香はもちろんですが、包丁を当てたときの、あの柔らかな感触が好きで、
毎年この時期が楽しみです。

本日の3分クッキングで、ピーマンと豚肉の新生姜炒めを見て、
「これだ!」と思って買い物に出たところ、
肝心のピーマンを買い忘れました。

でも、私はピーマンなしでもOKでした。
生姜は皮を剥いて使うことが多いせいか、
新生姜もいつもの習慣で、つい皮を剥いてしまいます。



        DSC05637 (266x400)
新キャベツとささみの蒸し炒め和え。

鶏むね肉が話題になっていますね。
同じくさっぱりした部位のささみを、酒と上で残しておいた新生姜の皮で
蒸し煮にした後、少量残った煮汁でキャベツを続けて蒸し煮にし、
最後に両方を合わせてみました。

ささみ5本にキャベツ1/2個でできました。
温かくても冷やしても美味しい常備菜です。

冷凍しておいた柚子の皮を散らして。



         DSC05644 (266x400)
豚ロース肉のオレンジ・ケチャップ煮込み。

最近、うちで評判のよいおかずで、
週2日くらい作っています。
(はまりやすく、冷めやすい家族なので)

粉をはたいた肉を多めの油で揚げ炒めにしてから
玉ねぎと一緒に炒めます。

シェリーを加えて煮詰め、オレンジジュースを加えて
更に煮詰めます。
仕上げにトマトケチャップを加え、焼きつけるように炒めて
出来上がりです。

「ケチャップを焼き付けるのがポイントで、
これでお子様のケチャップ味が大人のケチャップ味になります!」

とは、土井先生がきょうの料理でナポリタンを紹介されていた時に
おっしゃっていた言葉。

こんなところに応用が効くとは、さすがプロのアドバイスです。

        ランキングに参加中です♪ 


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する