ポテトフォカッチャ

        DSC05781 (266x400)
昨日のパスタランチ。

パスタももちろん美味しかったのですが、
衝撃的だったのが、
前菜に出されたポテトフォカッチャでした。

それまでのフォカッチャのイメージといえば、
ふかふかした厚めのピザ生地、というようなものでしたが、
昨日のはそれとはまったく異なりました。

分厚いフォカッチャは、きめがかなり粗かったので、
パサパサしているのかな、と思いきや、
もちもちでびっくりするくらいジューシー!

今まで外で食べたり、自分で作っていたものとは
まるで別物でした。

4㎝四方くらいの小さな1切れだったのですが、
パスタがやってくる前にもかかわらず、
「これ、もっと食べたいよ~。」
と切望したほどです。

そこで、昨日の記憶を頼りに、作ってみることにしました。

カルボナーラやしらすのパスタのように
レシピがブログに載っているかも、と思いましたが、
残念ながらありませんでしたので、自己流で。

          DSC05783 (266x400)
リスドオルに、イースト、塩、砂糖、オリーブオイル、水を加え、
多分ここにマッシュポテトが入るのだろう、と考えていたところ、
作り置きしておいたコロッケの素が冷蔵庫に入っていたのを
思い出したので、それを投入。

キッチンエイドで軽く撹拌して一次発酵。
昨日のきめの粗さからすると、
長時間発酵させる必要もなさそうでしたので、
室温+オーブンの発酵キーで2時間ほどで完了。

そして軽くベンチタイムを取ってから成形し、
オリーブオイルを塗って二次発酵。

これまでパンを作ってきた中で、
一次発酵を十分にさせてあれば、二次発酵はそんなに
時間をかける必要がなく、かえって過発酵になる方が
失敗しやすい、という経験から、室温で20分ほど発酵させ、
ローズマリーと粗塩を振ってオーブンに入れました。


        DSC05783 (266x400)
ふっくらと弾力のある焼き上がりのフォカッチャ。

イースト少な目で作ったせいか、きめはかなり細かくなり、
オリーブオイルも自分ではたっぷり塗ったつもりでしたが、
もっともっと染み込ませないとあのジューシーさは
出せないんだな、など、反省点もありますが、
しっとり、もちもちで上々の出来栄えです。

それに、コロッケの素の旨みが加わった分、
生地そのものが美味しくなりました。

ふんわり漂うローズマリーの香りと、
シチリア塩の程よい塩気に引かれ、
ついバクバクと・・・

う~ん、これはまた作ろう!


       DSC05786 (266x400) (2)


  ランキングに参加中です♪
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する