ポテトフォカッチャ

       DSC05828a (266x400)
来週から7月のレッスンが始まります。

ここ数年、この時期にはイーストを使ったものを
ご紹介してきましたが、今年はフォカッチャです。

アメリカンスイーツの予定がなぜフォカッチャに?

先日行ったランチのフォカッチャに感動し、
自分で作ってみたところ、これが好評で・・・

特に娘が気に入ったらしく、朝晩だけでなく、夜食や
お弁当代わりにも持っていくくらいのはまりようです。

そんなに食べて大丈夫かな、とこっちが心配になるほどです。

最初250gの粉で作っていたのですが、
それでは追いつかず、今、400gで作っています。

すでに10回作りましたが、レシピもどんどん進化して
覚えやすいきれいな数字に決まり、
これならレッスンでもご紹介できそう、というレベルに
仕上がりました。



ポテトフォカッチャというだけあって、じゃがいもが入るんですが、
その量も最初の2倍くらいまで増やしました。

じゃがいもの下処理はレンジや蒸し器ではなく、
ちょっと手の込んだ方法で仕込んでいます。
ここが一番手間がかかるかと思われますが。

そして食感がおもしろいのです。
ふかふか、ふんわり、もちもち・・・
というよりは、むぎゅー、という感じなんです。

多分、これが娘のツボだったのではないかと思うのですが、
今日もフォカッチャ3個持って試合に出かけていきました。



ところで、フォカッチャは焼き立てが一番美味しいのは
もちろんなんですが、
食べ切れなかった分は一切れずつラップに包んで冷凍しておきます。

食べる前に700Wのレンジで30秒加熱したあと、トースターで
2分ほど焼くと完璧です。

うちではこれを「石窯フォカッチャ」と呼んでいて、
フォカッチャの表面だけでなく、まわりもカリッとなって
中のむぎゅーはそのまま、という理想的な状態になるんです。



粉はリスドオルを使っていますが、強力粉と薄力粉をブレンドしても。
粉の割合によっても変化が楽しめそうですよね。

香りづけにエルブドプロヴァンスを少々。



オリーブオイルは最近購入したこちらを使用。
   
イタリア ヴェネト州の有機のオリーブの実から絞られたオイルで、
とっても評判がいいのです。
使ってみたところ、くせがなく、軽くてさらっとしていて、
ほんとに美味しい!
ボトルの爽やかなデザインも気に入っています♪

さすがChikakoさん(kitchen Gardenのオーナーさんです)
のセレクトだわ、と思いました。

       DSC05823 a(266x400)
先日の集まりでお出しした、サラダの
ドレッシングにもこのオリーブオイルをたっぷりと。




レッスンではフォカッチャの他に、
デザートを一品ご紹介する予定です。

そんなわけで、アメリカンスイーツを楽しみにされていたみなさま、
すみません!
マグノリアのマフィンもいつかかならず!

     ランキングに参加中です♪ 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する