コンフィ

        DSC05889 a(266x400)
コンフィと聞くと、まずフルーツの砂糖漬けを
イメージしてしまうのですが、低温の油でじっくり
火を通し、そのまま油の中で保存する肉のコンフィを
作ってみました。

手前が砂肝と鶏もも肉で、
奥が牛バラ肉のコンフィです。

オーブンで1時間半も火を通すので、
二種類同時に調理すれば省エネかも~♪

なんて喜んでいたら、
ル・クルーゼとストウブがのった天板が
持ち上げられないほど重かったです。

直火で火を入れるとずーっと鍋を監視していなければ
ならないのですが、オーブン調理なら放っておくだけでいいので
とっても作りやすかったです。
レシピはこちらを参考にさせていただきました。 

砂肝は焼き鶏しか食べたことがなかったのですが、
こうしていただくと、また美味しいですね。
一緒に鍋に入れたもも肉も煮たり焼いたりしたのとは
別物で、しっとりジューシーに仕上がりました。

作っている最中から部屋中、肉の美味しそうな香りが漂って
幸せな気持ちになれましたよ。


         DSC05885 a(266x400)
コンフィをガラス容器に移した後の鍋。
これ、洗っちゃうのもったいないな~、
鍋底に旨みが凝縮されていそうなんです。

そこで野菜の切れ端を投入。
塩少々とコンフィの油少々、水も1/4カップほど足して
蓋をし、煮野菜を作りました。

旨みたっぷりの油を吸ってツヤっとしたキャベツも
また格別に美味しかったです。


       DSC05887 a(266x400)
もうひとつの鍋には長ネギを投入。
コンフィの油と水を少し加えて10分ほど火を通し、
最後に赤ワインビネガーを加えてヴィネグレットに。

味のなじんだ明日の朝が楽しみです♪

脂(油)がこんなに美味しいなんて!
コンフィを作ってみなければわからなかったこと
かもしれません。


       DSC05881 a(286x400)
今月のレッスンでは、フォカッチャに合うお惣菜を
お出ししています。

今日はビーフカレーでした。

コンフィやマリネも活躍してくれそうです♪


          ランキングに参加中です♪ 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する