にんじんのピクルスと、カリフラワーのロースト

          DSC06490 a(266x400)
ピクルスと言えば、実家の母がカリフラワーやセロリなどを
にんにくや鷹の爪と一緒に大きな瓶に作っていたのを
思い出します。
酸味と甘みのバランスが絶妙で、食べる手が止まりませんでした。

あるとき作っているところを見て、
ピクルスってこんなに砂糖が入るんだ、
と驚いたものです。

さて、先日マンダリンオリエンタルの2階にある
ベンタリオで食事をしてきました。

前菜がブッフェ形式で選べるようになっており、
地中海料理のメニューがいろいろあって、
すごく興味をそそられました。

フムスやクスクスなど、自分でも時々作ってみるのですが、
何しろ、現地のものを食べたわけではないので、
ほんとにこれでいいのかな、と迷うことがあったのですが、
そんなことも確認できて面白かったです。

ピクルスもいろいろな種類がありましたが、
にんじんのピクルスが特に気に入りました。

何がよかったかというと、食感です。
にんじんの料理って、食感が大事だな、と思うのです。

私は大き目にカットされたにんじんが、
グズッと煮崩れそうになったのが苦手で、
このピクルスも取り分ける前、ちょっと心配だったのですが、
ちゃんと歯応えがあって、柔らかすぎず、固すぎずの
丁度良い食感でした。



で、帰宅してから作ってみました。
大きさや食感がまだ記憶に新しかったので、
作りやすかったです。

人参2本で500㏄の瓶1瓶分くらい。
これならすぐに食べ切れます。
毎食、少しずつ出して食べています。


          DSC06485 a(266x400)
もう一品、ベンタリオで食べて、うちでつくりたい、
と思ったのが、カリフラワーのアーモンドローストです。

カリフラワーにアーモンド?ローストする?

食べる前まではイメージできなかったのですが、
すごく美味しくて、お代わりしました(笑)

ゆでたカリフラワーのモワッとした(?)
あやふやなところがなく、シャッキリした食感で、
大袈裟ですが、別人になったカリフラワーを食べたような
気分でした。

帰りに早速スーパーでカリフラワーを手にし、
アーモンド、ローストという言葉をヒントに、
レシピを考えてみました。

といっても、すごく簡単。
その割に美味しくでき、思う存分いただけて満足です♪

花野菜つながりで、ブロッコリーも買ってきたので、
こちらは粒マスタードとエルブドプロバンスでマリネにしました。


カリフラワーとナッツのオイル焼き 

  カリフラワー 1房 小房に分ける
  アーモンド  大匙2 FPで砕く

a 塩  小匙1/2
  クミンシード 大匙1
  コリアンダーシード 大匙1/2
  オリーブオイル 大匙2

1.カリフラワーを袋に入れ、アーモンドとaを加えて振り混ぜ、5分ほどおく。

2.180℃のオーブンで20分焼く。

        ランキングに参加中です♪ 
             






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する