今月のレッスン

               DSC07717a (266x400)
1月のレッスン、今日が最終日になりました。
今年はスタートが早かったにもかかわらず、
皆さまにご参加いただき、どうもありがとうございました。

メニューは
  タルト・フランベ風 オニオンパイ
  プチ・ショコラ
の2品をご紹介させていただきました。

タルト・フランベとは、アルザス地方の郷土料理で、
ピザのような食べ物です。

本来は薄く焼いた発酵生地に、フロマージュブランを塗り、
具材をのせて焼きますが、
今回はパイ生地と、卵黄と生クリームを混ぜたソースで作りました。

具材は玉ねぎとベーコンのみ、というシンプルなもので、
薄く焼いたキッシュ・ロレーヌのような仕上がりに。

四角く焼いて、細長く切ってお出ししました。

食べ切れなかったものはアルミ箔で覆ってから更にラップで
包んで冷凍庫へ。
アルミ箔ごとオーブンで10~15分温めれば、焼き立ての美味しさが戻ります。

また、「何か外で簡単に食べられるものない?」
と娘に尋ねられたときには、冷凍庫から出した状態のまま、
持たせることも。


もう一品はバレンタイン用に、チョコレートのプチケーキを
ご紹介いたしました。

濃厚でありながら、大量生産にはうってつけの手軽さ!

口どけよく仕上げるには、バターを高温にさらして液状化させないよう、
注意しながら乳化させるのがポイントです。


今月はバターをたっぷり使ったお菓子でしたが、
先日、業者さんからお手紙で、当分の間は個数制限が続くとの
お知らせをいただきました。
引き続き、バターは大事に使いたいと思います。

メニューと一緒にプレートに加えたのは、
野菜たっぷりのミネストローネ。

この時期、サラダはどうしても身体が冷えるので、
あったかいものが欲しくなります。

玉ねぎ、にんにく、なす、パプリカ、セロリ、じゃがいも、
にんじん、エリンギ、トマト・・・
約10種類の野菜をオリーブオイルで炒め、昆布出汁とトマトの水煮で
コトコトと煮込み、ピストゥーソースを添えて召し上がっていただきました。

ハンドブレンダーでつぶせばポタージュ風になりますし、
それをグラタンのソースにしたり、と使い道はいろいろ。
うちでは10人分くらいをまとめて仕込みます。


来月は撮影が入るため、次のレッスンまで少し間が空いてしまいますが、
またどうぞよろしくお願いいたします!

       ランキングに参加中です♪ 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する