本日発売です!「バターなしでおいしいケーキとマフィン」

                 

新刊「バターなしでおいしいケーキとマフィン」が
本日発売になりました。

本の表紙をご覧になった方々から、
「スタッフの方が変わったのですか?」
とよく尋ねられるのですが、
11月に発売になった「バターなしでおいしいパイとタルト」
の第二弾ということで、
前回と同じスタッフの皆さまとご一緒させていただきました。

    カメラマン 宮濱祐美子さん
    編集&スタイリング 花沢理恵さん
    デザイン 大島達也さん

春夏向けの焼き菓子の本なので明るいイメージでいきましょう、
とこのような表紙になりました。

全体を通しても、白とブルーを基調にした爽やかなイメージに
仕上げてくださいました。

真冬の寒さ真っただ中でしたが、
気持ちと頭の中だけは初夏のつもりでメニューとレシピを考え、
撮影に臨みました。

今回の本は3つのパートから構成されています。

第1章はマフィン。

「ピーナッツバター」や、「ブルーベリーバナナ」といった
スタンダードなアメリカンマフィンの他、
マフィン生地にフレンチトーストを合体させた
「フレンチトーストマフィン」など、ちょっとユニークなものも
ご紹介しています。

他に、「きなことほうじ茶のマフィン」、「抹茶とショコラ」など、
和テイストのものも。

スタッフの皆さんには、「ピーナッツバター」や「きなことほうじ茶」、
お焼きをイメージした「野沢菜と塩麹」などが人気でした。

塩麹を加えたマフィンは、独特のホワッとした食感になり、
意外な味と食感が喜ばれたようです。

そして私が一番気に入っているのが、
「ダブルチョコレートマフィン」です。

チョコレートの味がしっかり出ており、
軽くてしっとりとした自分好みのマフィンになりました。

メレンゲも何も加えていないのに、ちょっとスフレのような
立ち上がり方をします。

翌日は更にしっとり。
チョコレート好きの方には特におすすめです。

表紙のパイナップルとココナッツのマフィンは、
これからの季節にぴったりな味です。

撮影中、撮り終えた画像が1枚ずつ貼られていくのですが、
ガラスのコンポート皿にのせられたこの写真が
とても気に入ってしまい、表紙に決まったときは感激でした。

第2章、第3章につきましては次の機会に。

書店でお見かけになりましたら、お手に取っていただけると
嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします!
         
            ランキングに参加中です♪ 



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する