今月のメニュー ベリーロール

           DSC09277 (266x400)
蒸し暑い季節になりました。

明後日、最終日を迎える6月のレッスン。
メニューのご連絡が遅くなりまして、すみません!

今月は、ベリーのコンフィチュールを巻き込んだ
ロールケーキをご紹介しております。

ブルーベリーが丁度旬を迎えておりますので、
冷凍のラズベリー、クランベリーなどとともに
コンフィチュールを作ります。

作りたてのコンフィチュールを実と汁に分け、
実の方はクリームと一緒に巻き込み、
汁はスポンジ生地にたっぷりと含ませました。

夏のティータイムに、アイスティーと一緒に召し上がっては
いかがでしょう。



ところで、私はほとんどのお菓子に特宝笠か、ドルチェという
国産の粉を使っているのですが、
ロールケーキ用の生地には特宝笠を使います。

粉によって随分変わるよ、とは聞いていたものの、
パンじゃないし・・・
と今までそれほど気にしていなかったのですが、
最近、粉にまみれた生活を送ってきたせいか、
この2種類の違いがはっきりしてきました。

国産の粉は外国産に比べ、水分が多いそうなのですが、
確かにドルチェで作るとしっとりとする反面、
ロールケーキの生地などは、特宝笠で
作ったときと比べると、膨らみがやや落ちます。

また、水分が多いがゆえに、アイスボックスクッキーなどは
同じ分量で作ると、特宝笠で作った時の方がシャープな
形に仕上がります。

それからドルチェは粉自身に甘さがありますね。
旨みとでもいうのでしょうか。

ドルチェで作った後、同じ配合で特宝笠で作ったものを食べてみたら、
あれ?砂糖の分量間違えた?
と思ってしまったほどでした。

感覚的な分量で例えるなら、同じ100gの粉だったら、
ドルチェの方が小匙1/2くらいの砂糖が既に粉の中に
入っているような感じです。

どちらも良質な粉ですが、これからは機能性重視なら特宝笠、
旨み重視ならドルチェかな、なんて勝手な感想を持ちました。

この試作、一体いつまで続くんだろう・・・
と途方に暮れることもあるのですが、
無駄に思えるような繰り返しの中で、ちょっと嬉しい発見でした。

そして今日は両者をブレンドした粉でお菓子を焼いています。
食べてみるのが楽しみです。


          DSC09289 (266x400)

          
           ランキングに参加中です♪ 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する