吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

スペアリブのカレー

おもてなし料理
            DSC09625 (266x400)
今月は何度かおもてなしの機会があったのですが、
喜んでいただけたのが、スペアリブのカレーです。

玉ねぎを炒めて小麦粉を絡ませ、ルーから手作り、
赤ワインをたっぷり使って2時間ほど煮込みました。

カレーは味が複雑になればなるほど深みが増す、
と思っているので、前日に作ったチキンの生姜マリネ焼きの
焼き汁、新生姜の甘酢漬けなど、冷蔵庫にあったもので
旨味になりそうなものもいろいろ投入。

一応レシピを残しておきましたが、まったく同じものを作るのは
無理そうなので、簡略化したレシピにしてみようかと思います。




スペアリブは食べにくそうな気がして、
骨を外してお出ししようかとも思いましたが、
見栄えがさみしくなるのでそのままで。

2時間煮込むと、骨から肉がスルッと取れるようになっていました。

最近、カレーライスという形ではあまりカレーを食べなくなって
いたのですが、これはご飯と一緒が美味しいと思いました。

なので、来客用に炊飯器が2年ぶりに復活!
使い方まで忘れていました

いつもは圧力鍋で炊いているのですが、
やっぱり炊飯器は便利ですね。
これを機に完全復活、となりそうです。

スペアリブのカレーは家族にも好評でしたので、
今夜また作る予定です♪

                   ランキングに参加中です♪

  • posted by 吉川文子 2015-08-22T18:21:32
  • Edit