ストウブでパン

      IMG_0945-photo (323x400)

最近、近所の店でパンが売り切れていることが多く、
困っています。

そこで久々、パンを焼きました。

そう言えば、この頃鍋で焼くパンが流行っていたっけ・・・
確かストウブでもできるはず・・・
と、思い立ってやってみました。

パイ用に買った強力粉もたくさんあるし、
送料無料にするため、ピザでも作ろうかと
一緒にサフ(ドライイースト)も買っていたのです。

いつものカンパーニュの配合で、
キッチンエイドを出すのが面倒だったので、
捏ねない方法でやってみました。

今日は急いでいたので、いつもなら冷蔵発酵させるところを
オーブンの発酵キーを使いました。

最初30℃で30分、次に35℃で30分、
オーブンから出して室温22℃で1時間。
転寝している間に丁度よく発酵が進んでいました。

軽くガス抜きしてからストウブに投入し、
予熱している間に二次発酵。

いよいよオーブンへ。
前半は蓋をして焼き、後半は蓋を取って焼く。
35分で焼き上がりました。

長時間発酵させなかったわりには美味しくできたようで、
夕食を食べた後にも関わらず、家族でほとんど
食べてしまったのです。
食欲の秋、恐るべしですね~。

明日の朝食用に作ったのに・・・

鍋で作ってみた感想。
 ①手で生地をほとんど触らないので、高加水でもOK。
 ②ボウル1個と鍋1個あればスペースが不要。
 ③クープを入れていないのに、美味しそうに割れる。
 ④クラストがパリパリで、クラムはしっとり。
 ⑤今日のように、それほどパンを作る元気がなかったときでも
   できた!(ここ、重要です)
 ⑥ガスオーブン使用の際、ハード系の大敵となる、焼き始めの熱風が
   遮断される。
    

今回、粉300gで作ったのですが、直径18㎝だと思っていた
鍋が20㎝だったことに後から気付きました。
なので、今度は18㎝で作ってみようと思います!

       ランキングに参加中です♪ 


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する