「バットでつくる スクエアシフォンケーキ」

        IMG_1062-photo (300x400)
         撮影 宮濱祐美子さん
         編集・スタイリング 花沢理恵さん
         デザイン 高橋良さん

「バットでつくる スクエアシフォンケーキ」(誠文堂新光社)。

本日発売になりました。

21×17×3㎝のバットを使って、
シフォンケーキを作ります。

ふんわりとしたシフォンの食感はそのままに、
手軽に作れてボリューム感のあるシフォンに
仕上がります。

焼き上がった生地をひっくり返して冷ます必要がないので、
トッピングも自由自在。

アップサイドダウンが作れるのも大きな特徴です。
普通のシフォン生地ではフルーツの重みに
耐えられないところを、この生地はしっかり受け止めます。

キャラメルやフルーツなどの水分を吸い込んだ生地は
軽く、しっとりとした食感です。

表紙はキャラメルをまとった洋梨のケーキになりました。
とろりとした洋梨と、ふんわり、しっとりの生地を
合わせてお楽しみくださいね。


     ランキングに参加中です♪ 


関連記事

コメント

Re: 質問があります

Y子さま、こんにちは。
海外にお住まいとのこと、そちらで「バットでつくるスクエアシフォンケーキ」
を見つけてくださったそうで、とても嬉しく、感激いたしました。
ご購入、どうもありがとうございます!

お問い合わせへのお答えです。
食べごろは、焼き上がりも美味しいのですが、2~3時間後からしっとりしてきて
美味しくなります。確かに翌日の方がしっとりして味もなじんで美味しいと思います。

また、直径17㎝のシフォン型でも同じ材料、同じ焼き時間で焼けます。
高さは型の半分くらいまでしか膨らみませんでしたが、
味も食感もシフォンケーキになりましたよ!

そして、アップサイドダウンはお薦めできません。
ナッツやドライフルーツなど、軽いものでしたら大丈夫だと思いますが、
キャラメルのような液体ですと型の隙間から漏れ出してしまいますし、
重たいフルーツなどですと、重すぎて生地がつぶれてしまいます。
試しにオレンジシフォンを作ってみたところ、やはりオレンジの重さで
生地がつぶれてしまいました。

この本は、シフォン型を使わずに作れるシフォンとして
ご紹介していますので、ご了承いただけますとありがたいです。

お問い合わせ、ありがとうございました。
シフォンケーキ作りを楽しまれる機会が増えますこと、
願っております。

2017/11/30 (Thu) 21:05 | 吉川文子 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/30 (Thu) 10:22 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する