チョコレートのおはなし

クオカさんのバレンタイン企画
「チョコレートのおはなし」
HPに掲載いただきました。  

私がチョコレートに目覚めたのは、
「ヴァローナ」との出合いがきっかけです。

杉野英実さんの「マルシェからの菓子」を読んで
「ヴァローナ」の存在を知りました。

当時はクオカさんのような、個人向けの
製菓材料通販店はなかったので、
本の後ろに書かれていた
サンエイト貿易の電話番号に電話をしてみたところ、
本社に来ることができれば購入できるそうなので、
麹町までチョコレートを取りに行きました。

買ってきたのは「エクアトリアール」というチョコレート。
「カラク」を買うつもりだったのですが、酸味が強いとのことで、
ヴァローナ初心者におすすめの、一番くせのない
「エクアトリアール」にしました。

黒い袋にハサミを入れると、今まで見たこともないような分厚い
チョコレートの板が現れ、カカオの香りにふわりと包まれました。
そしてただものではない雰囲気を漂わせる色艶!

これは特別なお菓子に使わなくては!と、
「マルシェからの菓子」にあった「カラク」や
「マルキーズ」などのチョコレート菓子を見よう見まねで
作ったのですが、プロのレシピとヴァローナのチョコレートのお蔭で
見た目はともかく、それなりに美味しくできて感動したのを思い出します。

それ以来、すっかりチョコレートにはまり、
いろいろな国の様々なブランドの
チョコレートを試すようになりました。
(チョコレートについて、過去にもこちらで熱く語っていました)

最近は価格が高騰してしまって、そうそうヴァローナの
チョコレートばかり使うわけにも行かなくなってしまいましたが、
良い時代にいろいろなチョコレートを試すことができてよかったです。

今やってみたいことの一つがボンボン・ショコラ。
これも過去にすごーくはまった時期があり、
その時は寝ても醒めてもチョコレートでしたが、
あれだけ没頭する時間とパワーがあったことも
懐かしい思い出です。

過去のブログを読むとちょっと恥ずかしいのですが、
自分は相当チョコレートが好きなんだな、と
改めて思いました。


      ランキングに参加中です♪
    
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する