三代川純子さんのフラワーレッスン

      IMG_2872 (400x400)
GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
お天気に恵まれましたね。

連休明けの昨日は、三代川純子先生のフラワーレッスンでした。


持ち手付きのブリキの花器を使った、
ホワイト&グリーンの、ナチュラルで爽やかな
アレンジメントを教えていただきました。

まずは、この季節ならではのスズランからスタートです。
長野からやってきたスズラン。
生花ではなかなかお目に掛かりませんが、
三代川先生のレッスンに伺うようになってから、
毎年見ることができて嬉しいです。

スズランと聞くと、「ポットドミュゲ」というお菓子が載っていた
本の中の1ページが、鮮明に思い出されます。

作者は島田進シェフで、マジパンで包んだジェノワーズに
スズランの飴細工があしらわれたケーキです。

マジパンやシガールのような生地でケーキを包むお菓子は
「パケ」とも呼ばれますが、最近はあまり見かけませんね。

私も藤野先生のレッスンで習って、一度だけ作ったことがあります。

焼き上がったばかりの熱々のシガール生地を軍手をした手でつかみ、
それを包装紙代わりに、文字通りパッケージのようにして、
素早くケーキを包むのですが、
一瞬のうちに生地が固くなってしまうので、とても難しかった記憶があります。


話が逸れました。


中心の薔薇はアバランチェという品種です。
童話の中の王子が持って現れそうな、巻きの美しい白薔薇に
目を奪われました。

ふっくらとした花弁が可愛らしい「宿根スイトピー」、
茎の繊細な「フリチラリア(貝母百合)」、
など、全部で8種類の花材で完成させました。



そしてレッスンの後、また素敵なお菓子をご馳走になりました。

  IMG_2878 (300x400)

蝶々の形をしたクッキーは、先生が台湾のお土産で
いただいたそうです。
蝶のカーブをよく観ると、チュイルとは違って、
パタンと二つ折りにするように、
鋭角的に折り曲げられていました。

サクサクでとても美味しい!


それから湘南「葦」のチーズパイ。
噂に聞いていたお菓子に巡り合えました!

チーズのサブレやパイというと、サレ系をイメージしますが、
これは甘いお菓子のパイでした。

更に、レッスンをご一緒したMさんからは
ブルティガラの焼き菓子の差し入れが!


素敵なアレンジメントと美味しいお菓子にすっかり癒されて、
来週から始まる撮影も頑張れそうな気がしてきました。


      IMG_2883 (400x383)

       ランキングに参加中です♪ 



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する