吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

ティラミス

デザート
          ティラミス断面
ティラミスが流行ったのは今から30年ほど前でしょうか?

当時、OLだった私は、職場の先輩に
青山のエルトゥーラに連れて行ってもらって
初めて口にしたデザートがこのティラミスでした。

見た目は形のないケーキ。
食べてみると何やらふわふわでクリーミー。
不思議な食感でした。

シェフ曰く、「これ、これから流行りますよ!」
とのこと。

しばらくすると、ティラミスは大ブームに。
シェフの言葉通りになって、驚きました。


ティラミスは過去にレッスンでも取り上げたことがありますが、
見た目がラフな割に、作るのは結構面倒だったと思うのです。

まず、フィンガービスキュイを焼く。
ここではメレンゲ作りが必要。

次にマスカルポーネクリームを作るのですが、
ここではパータボンブという、やや難易度の高い
卵黄ベースの生地を作ります。
そしてここで2回目のメレンゲ作り。
最後にマスカルポーネにパータボンブとメレンゲを合わせる作業。

ビスキュイに塗るコーヒーシロップも準備。

考えただけでもボウルがいったい何個必要になるのだろう?
という構成です。

もっとハードル下げたいな、と思って考えたのが、
今回のレシピです。

ビスキュイは必須なので、これは作ることにして、
その分、クリームをぐんとシンプルなものに変えました。

こんなに簡略化してしまって大丈夫?
と思いつつ、出来上がった試作品を
ティラミス好きな娘に食べさせてみたところ、
意外にも「美味しい!」と返事が帰ってきました。

舞い上がっていると、
「スポンジがもうちょっとあってもいいかも。」
と注文が入りました。

そんなわけで今日は再試作。
ビスキュイの割合を増やしたものを食べてみると、
なるほど、こっちの方が確かにバランスがよさそうな・・・

本心をズバッと言ってもらえる存在のありがたさを
感じました。

残り物で申し訳ないけれど、これから実家にも送って
食べてもらう予定(予めラップで包めるようにしておきました)です。


        ティラミス2

あ~、また試作品の山に埋もれる日々が・・・

チーズケーキは今日で終わりたいな

       ランキングに参加中です♪ 
  • posted by 吉川文子 2017-09-04T15:22:15
  • Edit