吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

プルーンと白ワインのパン

パン
        IMG_4561 (300x400)
食欲の秋全開の今日この頃。

クーラーも暖房も要らない良い季節になりました。

パンもパイも作りやすい時期ですね。

丁度、白ワインで煮ておいたプルーンがあったので、
パンを焼きました。
生地にも白ワインをたっぷり加えて焼いたら、
風味よく、プルーンはとろけそうなほど柔らかく
仕上がりました。

昼ご飯の後だったにもかかわらず、
パクパク食べ進んでしまいました。

パン生地にワインを加えるには実はコツがあります。
というのも、アルコール分がイーストの発酵を
妨げるからです。

本来はワインのアルコール分を飛ばしてから生地に
加えるのがベターです。

ところが、今日はすっかりそのことを忘れていて、
「なんか発酵に時間がかかるな~。」
と思って待っていたのですが、水分全量をワインにして
いなかったので、何とかなりました。





      IMG_4552 (300x400)
もうひとつ、フォカッチャも焼きました。

フォカッチャは、自己流でよく作るのですが、
今日はとあるレシピを参考に作ってみたところ、
形はまずまずでしたが、固くて油っぽくなってしまい、
いまひとつの仕上がりでした。
水分が少なく、油が多いレシピだったようです。
成形まではとてもつくりやすかっただけに、ものにできなくて残念!


納得いかなかったので、いつものレシピで作りなおしました。
うちのフォカッチャは高加水で油はほんの少しなのです。

生地はべたべたになってとても扱いにくいのですが、
しっとりもちもちの食感に焼き上がります。

もしかしたらフォカッチャと言えないのかもしれませんが、
これでよしとします(笑)


今日は折り込みパイも仕込みました。
先日のスピード折り込みパイのレッスンで、
折りパイの新しいコツがつかめたような気がしたので、
本式の折り込みパイで試してみました。

すると、思っていたとおり、すごく作りやすくなりました。
あとは焼いた時の浮き具合がどうなるか?


粉にまみれているうちに、気が付くと外は真っ暗!
陽が短くなりましたね。


      ランキングに参加中です♪ 
          
  • posted by 吉川文子 2017-10-08T18:07:27
  • Edit