吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

今年のクリスマスケーキ

イベント・行事のお菓子
       IMG_5541 (300x400)

皆さま、昨日、今日と楽しいクリスマスをお過ごしのことと
思います。  

先程、インスタを見ておりましたら、オレンジページで
ご紹介したリースタルトを作ってくださっている様子など
お見かけし、嬉しい気持ちになりました。

我が家でもクリスマスケーキ、つくりましたよ~


       IMG_5553 (253x400)
マロンクリームのブッシュドノエル。

ロール生地でホイップクリームを巻き、マロンクリームを絞って、
テンパリングしたチョコレートをたっぷりかけてできあがり!
シンプルです(笑)   



そして、抹茶のスノウボウルは、これが目的で作ったのでは
なかったのですが、こうなった、という一品です。

新刊「バターを使わない作り置きのお菓子」で
ご紹介している、クランブルのバリエーションの中から、
抹茶のクランブルをまさに作り置いておこう、
と思って材料を用意していたところ、抹茶の量を
レシピの倍量入れてしまったのです!

まあいいか、とその分、薄力粉の量を減らして作ったら、
ぽろぽろになるはずの生地が、きれいにまとまってしまいました。
そこで丸めてスノウボウルに。

粉をいつもなら特宝笠を使っているところを、
ドルチェにしたのもちょっと影響したかもしれません。
ドルチェは国産の粉なので、ちょっと水分多めなんですよね。

できたスノウボウルは、抹茶の苦味とたっぷりまぶした粉糖の甘さが
丁度良いバランスで、ごまとくるみの食感がアクセントになり、
後から後から手が伸びてしまいました。

50個近くできたので、配ろうかな、なんて思ったり(笑)




      IMG_5534 (400x400)
そしてこれは私だけのお楽しみ♪

ワインとラム酒漬けフルーツのスパイスシフォンケーキです。

元々、スパイスの効いたフルーツケーキには目がないのですが、
蔦屋さんのイベントで、クリスマスティースクエアシフォンを
ご紹介してからというもの、なかなかよい!
と気に入ってしまい、以来、フルーツシフォンのバリエーションが
増えつつあるこのごろです。



フルーツケーキといえば、パウンド型や丸型で焼く
どっしりとしたものをイメージしますが、
シフォンにするとまた別の美味しさがあるんですよね。

先日、実家に持っていったら、両親にも喜ばれ、
この年代の人には、食感の柔らかさ、軽さがぴったりなんだな、
と思いました。


今日のフルーツケーキシフォンには、
ちょっと特別なものを入れて作りました。

なんと、20数年前に漬けた、ラム酒漬けのカレンズです。
ここぞ、と言うときに瓶を開けよう!と思っていたのですが、
私もそれなりの歳になり、そういつまでも悠長なことは
言ってられないな、なんて思い始め、
まずはカレンズから開けてみました。

焼き上がったシフォンを口に含むと、ワインの力と相まって、
まだアルコールが残っているかのように、一瞬、クラッとするような
感覚に包まれました。

ジャムの瓶半分ほどでこれですから、
やっぱり年代物は違うわ、としみじみ感じました。


家族はフルーツケーキには関心がないので、
これは私一人でゆっくり楽しもうと思います




残り数時間となりましたが、皆さま、楽しいクリスマスを
お過ごしくださいね!


      201712キャラメルりんごとキャラメルナッツのブッシュ
      2017年 お教室のクリスマスケーキは、
      「キャラメルりんごとキャラメルナッツのブッシュドノエル」
      でした。



        ランキングに参加中です♪ 


     
  • posted by 吉川文子 2017-12-25T20:51:40
  • Edit