吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

ハンドブレンダー

日常のこと
     IMG_6887 (159x300)

ハンドブレンダーを買い換えました。
届いたばかりのブラウンの新しい機種
マルチクイック9(MQ9035X)です。

振り返れば、スティックタイプのブレンダーは
これで5台目になります。

初代は今から25年くらい前、離乳食作りをしていたころ
購入したチェリーテラスのバーミックスです。

当時はスティック式のミキサーと言えば、これしかなかったのでは
ないでしょうか。
友人が使っているのを見て、すごく便利そうだったのですが、
価格の高さに悩みに悩んで購入したことを思い出します。

最初は使い慣れなくて、周りに飛び散らかしたり、
指を切ったり(!)もしましたが、バーミックスは
先端部分のアタッチメントもいろいろあったので、
付属品を買い替えながら、随分使いました。

次に購入したのはブラウンのマルチクイック1。
当時、お菓子を習っていたサントス・アントワーヌ先生が
チョコレートの乳化に使っていたのがこの機種でした。
軽くてシンプルで使い心地がよかったのですが、
数年使っていたところ、スイッチボタンがふかふかになって
作動しなくなり、さよならしました。

2台使ってみて、コードがなかったらどんなに便利だろう、
と思っていたところに見つけたのが、3台目の
ボッシュのコードレスタイプ。

これは現在も使っています。
鍋の中を撹拌したり、狭いキッチンで作業する上で、
コードレスは本当に便利。

ただ、やはりパワーに物足りなさを感じました。
特にハーブ類がきれいなペースト状になりにくいのが難点でした。

それで、4台目となるブラウンのマルチクイック7を購入。
噂に違わず、パワーのすごさに驚きました。
ハーブも瞬時になめらかなペースト状になるし、
やっぱり、コードレスに比べると歴然とした差があるな、
と感じました。

パワーがあり過ぎて、鍋の中のポタージュ類を撹拌するのは
怖いので、そういうときにはボッシュのコードレスタイプを
使用しています。

そんなパワフルなブラウンマルチクイック7ですが、
最近、握力がなくなってきたせいか、アタッチメントの
着脱が非常に困難になり、どうにかならないかな、
ということで、新しいハンドブレンダーを探すことにしました。

いろいろ見てみますと、年々
進化を遂げているのはやはり
ブラウンでした。
中でも新機種のマルチクイック9は更なるパワーアップに加え、
シャフトが上下する、食材の巻き込みが軽減、刃の改良に加え、
リリースボタン機能チェンジにより、着脱がスムーズに。
とあるではないですか!

まさに私が探していた機能がしっかり備わっていたので、
これに決めました。

早速使ってみますと、本当に着脱がスムーズになっていて
感動です。

以前よりボディがやや重たくなったかな、とは思いましたが、
スイッチボタンの動きが気持ち滑らかになり、
以前のような、唐突にパワーが出てしまって怖い、
ということもなくなったような気がします。

最近、試作でよく使うので、これは期待大です!

ちなみに、私の場合、チョッパーやホイッパーなど、
他の付属品は本当は不要なんですけどね。
本体とアタッチメントだけのシンプルな製品もあればよいのにな~、
といつも思います(笑)


   ランキングに参加中です♪ 
  • posted by 吉川文子 2018-05-30T22:11:51
  • Edit