吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

トースターを買い換えました

日常のこと
     IMG_6943 (300x270)

6年ほど使っていたトースターが
使うたびに焦げた臭いがするのが気になって、
買い替えました。

新しくわが家にやってきたのは
BRUNO トースターグリル です。


実はその前に、別のメーカーのトースターを購入したのですが、
扉がちゃんと締まらない、という不具合があって、即返品。

口コミだけに頼って選んでしまったことを反省し、
もう一度、しっかり調べ直してから購入することに
しました。

ポイントは3つ。
・奥行き
・コードの長さ
・デザイン

置く場所がリビングのここ、と既に決まっていたので、
これらが最優先になりました。

ブルーノと言えば、コンパクトホットプレートが
有名ですよね。
「男子ごはん」で見て以来、使いやすそうな
ホットプレートだな、と思って注目していましたが、
トースターがあるのは初めて知りました。

ブルーノのデザインは、わが家にはちょっと
かわいすぎるのですが、ホワイトならよさそう、
と思い、これに決めました。

早速設置してみると、ぴったりな大きさで、
想像していたよりも小さく感じられました。
何より、奥行きが他のメーカーよりも断然狭く、細身です。

うちでは、食パンを一度に4枚焼くことはほぼないので、
省スペースなのはありがたかったです。



  IMG_6944 (257x300)

そして、このトースターの最大の特徴が、
蓋がカパッと全開するところです。
魚焼き器に近い感じでしょうか。

以前は扉を開くとスライド式の網が出てくるタイプで、
しかも半分くらいまでしか出てこなかったので、
取り出しにくかったんです。

焼いている途中、中の様子もよくわからず、
あっという間に黒焦げ!ということもよくありました(笑)

今度のトースターはその点でストレスフリーに
なりました。


    IMG_6945 (225x300)

そして、コード。

設置場所にもよるのでしょうが、1メートルだと
短すぎるんです。

ブルーノのトースターは1.8メートルあり、
しかもマグネット式なので、安全面ではもちろん、
本体だけとりあえず別の場所に移動させたいときなど、
手軽に持ち運べるのが便利です。



肝心の使ってみた感想です。

パンは食パンとバゲットをトーストしてみたところ、
どちらも外側はカリッと、中はふんわりとして、
十分満足な焼き上がりです。

驚いたのが、臭いのなさ。
パンの焼ける良い匂い~、
というのすら感じられません(笑)

密閉度がいいのでしょうか?


まだパンしか焼いていませんが、
このスタイルですので、オーブンやグリルの役目も
しっかり果たしてくれそうです。


   ランキングに参加中です♪ 
  • posted by 吉川文子 2018-06-10T12:58:01
  • Edit