吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

「トレイベイク」発売になりました

Works
   IMG_2233.jpg
主婦と生活社より、新刊「トレイベイク」が
発売になりました。

traybakeを知ったのは、私が書籍を出すことになった
2013年よりも以前のことでした。
当時、アフタヌーンティーに興味を持っており、
イギリスのお菓子の本をいろいろ取り寄せて
読んでいたのですが、
スコーンやビスケットと並んでよく見かけたのが
トレイベイクでした。

オーブンの天板に生地を流し込んで焼くお菓子で、
イギリスの家庭でよく作られているようでした。

四角くて平たいお菓子というと、ブラウニが思い浮かびますが、
トレイベイクにはもっといろいろなケーキがあって、
非常に興味をそそられました。

編集の方が「何かやってみたいものはありませんか?」
と尋ねてくださったので、思わず「トレイベイクはどうでしょう?」
とご提案させていただいたところ、興味を持っていただけたことで、
今回の本の企画がスタートしました。

本の中では天板ではなく、キャビネサイズのバットで
ご紹介しています。
このサイズですと、卵2個で作れる分量の生地になりますので、
家庭でも作りやすく、食べきりやすいのではないかと思います。



中身を少しご紹介させていただきますね。

  IMG_2228.jpeg
まずは旬のりんごのお菓子から。

アップルケーキ、アップルクランブル、アップルパイ、
アップサイドダウンの4種が見開きで載っています。

りんごは切り方を変えることで、食感や味、見た目の
バリエーションが広がります。




  IMG_2227.jpeg
イギリス家庭菓子といえば、
ヴィクトリアサンドイッチも外せません。

定番のベリーのジャムに加え、
レモンカードのヴィクトリアも紹介しています。

こちらはちょっと新しい焼き方を採用しました。
軽く湯煎することでパサつきを防止しています。
軽く、というところがポイントですので、
誌面でご確認くださいね。




   IMG_2226.jpg
スイートポテトケーキ。
今回の本ではメレンゲを作るケーキは2種類だけです。
そのうちの一つがこちらになります。

さつまいものケーキというと、ややもさっとしたタイプを
思い浮かべてしまいますが、こちらは
ふんわりとしたスフレタイプのケーキです。




  IMG_2225.jpeg

タルトショコラにバナナを並べたタルトで、
見た目が豪華な割に、作るのは簡単なケーキです。

タルトもバットを使うと簡単に作れます。

ポイントはバナナの並べ方。

バナナは切り方が野暮ったいとそれなりに見えて
しまいます。
どうやったら豪華で洗練されて見えるのだろう?
そう思って洋書をいろいろ見て研究した結果、
斜めに切って対角線に添って並べる、
ということになりました。

また、本の中ではやっていませんが、バナナに砂糖を振って
バーナーでキャラメリゼするのも気に入っています。

アマゾンでも別のページが少し掲載されていますので、
よろしければご覧くださいね。


デザイン 福間優子さん
撮影    福尾美雪さん
スタイリング 西﨑弥沙さん
取材    中山み登りさん
編集    足立昭子さん


    ランキングに参加中です♪ 

  • posted by 吉川文子 2019-10-31T16:36:08
  • Edit