吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

ホットプレートでバウムクーヘン⑥ バリエ

おやつ
           DSC07012.jpg
基本のバウムクーヘンがほぼ完成したので、
今度はバリエーションを増やしたくなり、いろいろ
作ってみました。


           DSC06992.jpg
              オランジュ・ショコラ

生徒さんからいただいた、三宝柑のマーマーレードを
たっぷり入れたバウムクーヘン。

巻きこむとき、チョコレートを散らしてみました。

柑橘の爽やかさにチョコレートが好相性です。
マーマレードのおかげでしっとり焼き上がりました。


           DSC06998.jpg
              抹茶&あずき

人気の抹茶味をバウムクーヘンにも取り入れました。
穴の部分には小豆が入っています。

実は抹茶生地は水分を吸いやすく、ホットプレートの上で
伸ばすのにかなり苦戦。

で、他のものとは全く違うレシピでも試してみました。
母に両方試食してもらったところ、「違いがわからない。」
とのこと。
でも、伸ばしやすくなった分よかったかな。
これはまだ試作を重ねる必要がありそうです。

ところで、
           DSC06675.jpg
同じ抹茶バウムでも、上と下では色がかなり違うと思いませんか?
上はクロレラ入りの抹茶、下は純粋な宇治抹茶で作ったものです。
クロレラ入りは賛否両論ありますが、食欲をそそられる鮮明な色が
持続するのは魅力ですよね。
       

そして、そして、今回の試作で一番のお気に入りがこちら。

          DSC06984.jpg
             ココ・キャラメル

相性抜群のココナツとキャラメルを組み合わせたものです。
口に運ぶ前からココナツの香りが!
所々垂らしたキャラメルクリームがアクセントになって、
いくらでもいけそうです。

以前ご紹介したアントルメ、「ココ・キャラメルを思い出しながら
作ってみました。

今回試作した3つは、すべてミディアムロール。
プチサイズとビッグサイズの丁度中間です。
一番作りやすく、食べやすいサイズかもしれませんね。

ところで、どうしてこんなにいくつも作ったかと言いますと、
バウムクーヘンのレッスンが明日に迫っているからです。

はっきり言って、ホットプレートでバウムクーヘンを
きれいに焼くのはかなり難しいです!

コツをつかむのに苦労しました。

勘に頼らず、確実性のある焼き方はできないものか、
と試行錯誤した成果をお見せできるといいのですが。

            DSC07020.jpg

ランキングに参加中です♪