吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

オレンジで寒天デザート&ドリンク

-
              DSC08447.jpg
最近また寒天ブームがきている気配が・・・
お店に行くと、寒天のスペースが空っぽになっているんです。

何軒か回ってやっと手に入れた棒寒天。
パウダー状のものでもよかったんですが、
一度使ってみたかったので。

何を固めようか考えた末、うちにあったオレンジと
オレンジジュースでオレンジ寒天を作ることにしました。

ゼラチンで固めるデザートの場合、氷たくさんあったっけ・・・
と不安になりますが、寒天のいいところは、常温で
固まってくれるところ。

30~40℃で固まりますから、室温に置いておけば、
自然に固まってくれます。

              DSC08427.jpg
              オレンジをた~くさん使いましたよ。


それに、実と果汁だけ使ったので、皮もた~くさん余りました。

何かに使えないかと思って、冷蔵庫を見ると、
飲み残しのワインがボトルに少し残っていたので、
サングリア風の飲み物を作りました。

              DSC08454.jpg

開けてから随分経っていたので、アルコール分は
とっくに飛んでいるだろうと思ったものの、
一応フランべさせるために鍋を傾けたら、火柱が立った!

換気扇、換気扇!!

焦りました


オレンジ寒天は、ゼラチンのやわやわとした食感とは
また違った「歯ごたえ」があります。

でも、ブリっとした固さではなく、口のなかでスッと
ほどけてゆくような心地よい食感です。

てんさい糖を使ったせいか、やさしい甘さです。

8~10人分はあろうかという分量だったのですが、
娘が一度に半分食べてしまいました!!

いくら寒天ローカロリーだからって、そんなに食べたら
おんなじだよ、
と止めるのも聞かずに。


ドリンクの方は、赤ワインベース1に対し、水2の割合で
割って飲んでみたら、少量でも満足のゆく濃さになりました。

ポリフェノールも摂取できるので、毎日少しずつ飲んでみようかと
思います。


オレンジ寒天   
  バット1個分
   棒寒天         1本(10g)
   オレンジ        5個
   オレンジジュース    絞り汁と合わせて650㏄になる分量
   てんさい糖       40g

 1.棒寒天は洗って水で30分以上ふやかす。
 2.オレンジは皮を剥いて実を取り出し、実が残っている皮は、
   絞って果汁を取る。ここにジュースを足して650ccにする。
 3.2のジュースと、水気を固く絞った1をちぎりながら鍋に入れ、
   中火にかける。混ぜながら煮立たせ、寒天が溶けたら砂糖を
   加え、弱火で5~10分火を通す。
 4.裏漉して2のオレンジの実を加え混ぜ、バットに流して
   常温で固める。固まったら冷蔵庫に移し、よく冷やす。
 5.ナイフで切り分けて皿に盛る。

サングリア風ドリンク  
   150㏄分
     赤ワイン      160㏄
     砂糖        50g
     オレンジの皮    1/2個分 

1.オレンジの皮は、オレンジ色の部分だけを
  薄く削ぐ。
2.1と赤ワイン、砂糖を鍋に入れて強火にかけ、
  フランべする。
3.炎が収まったら中弱火で2~3分煮詰める。
4.冷ましてから容器に移して保存。
  水又は炭酸、ジュースなどで、好みの濃さに薄めて飲む。

ランキングに参加中です♪