吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

使えるラック

-
                DSC09950.jpg
キッチンの広さに対して、物の量が膨大な我が家で
活躍しているのが、コの字型のラックです。

折りたたみできたり、伸縮させられるものもあって、
収納スペースや作業スペースを2倍、3倍にしてくれるので、
とても助かっています。

作業台では2個積み上げてありますが、
調理中のものをチョイ置きしたり、乾ききっていない調理器具を
乗せて置くなど、重宝しています。


                   DSC09976.jpg
鍋はこれでも大分減らしたのですが、まだまだありますね。
全部使っているので、これ以上は減らしようがありません。

以前は開き扉で、手前から奥までぎっしり入れられたので、
深さのある引き出しを見た瞬間、どうやって使いこなそうか、
途方に暮れました。

専用の仕切りのある鍋スタンドなどは便利なのですが、
スペースがもったいないので、ここでもラックを使用。

上下二段に分けて収納しています。

手前を空けて設置すると、下段にある鍋も取り出しやすいです。

蓋はブックエンドを使って収納。
蓋1個で鍋2~3個兼用です。

ル・クルーゼは降格させてしまったのですが、圧力鍋を圧力をかけずに
使うときにぴったりなので、蓋だけ残しました。


                DSC09957.jpg
フライパンの収納には専用の仕切りが便利そうですが、ここもラックで対応。

テフロンのフライパンは上段に、ステンレスは下段に収納。
材質を合わせると、傷が付きにくくなります。
下段には圧力鍋の蒸し籠も収納。

蓋は思い切って1個に。
24cm~28㎝のフライパンに使える、マルチなタイプです。
       


                  DSC09993.jpg
たくさんあるボウルとざる、ネット類も、ラックで立体収納。

こんなに必要あるの?

と思われるかもしれませんが、全部使っているんですよね。
できることならもっと減らしたい・・・


                  DSC09944.jpg
コンロの上にもラック。

蓋や鍋をちょっと置いておくのに便利です。
掃除もしやすく♪


                  DSC09962.jpg
唯一の開き扉がこちら。
本来はゴミ箱スペースだったのですが、スペースがもったいなくて!

米櫃を置くことにしました。
野田琺瑯の大きい方には白米、小さい方には玄米が。

ラックの下には常温保存の野菜を置きました。


本当にラックは便利!

ランキングに参加中です♪