スパイシーなかぼちゃメニュー

                 DSC01389.jpg
我が家のかぼちゃ料理といえば、砂糖と水だけで炊く煮物や、
小豆と一緒に煮るいとこ煮、天ぷら、スープ、コロッケ・・・

あっ、それからパンプキンパイ、パンプキンケーキ、
パンプキンプリン、パンプキンムース・・・

お菓子も含めると、結構作ってますね。

今日はちょっと珍しい味のかぼちゃ料理を試作してみました。

雑誌の切り抜きから拾ってきたレシピを、
うちで作りやすいようにアレンジしたもの。

ちょっと冒険なんですが、どんな味がするんだろう?
って好奇心をそそられてしまいました。

かぼちゃは圧力鍋でほっくり蒸し上げ、そこにマリネ液を加え、
空炒りして香りを立たせたスパイスを加えて出来上がりです。

作ってすぐに食べたら、「え~、これどうかな?」
という味だったのですが、とりあえず一晩置いてみたところ、
ビネガーやレモン、スパイス類が、かぼちゃのまったり感と調和して、
不思議だけれど、ついつい後を引く味になってました。

今回初めて使ってみたのがカルダモン。
カレーに使うスパイス?と思っていましたが、
爽やかですっきりとした香りが意外に好みでした。

ところで、うちでは、夏は生のかぼちゃを使いますが、
そのほかの季節は、冷凍かぼちゃを使うことがほとんどです。

旬の北海道産のかぼちゃを急速冷凍しているのですから
味は間違いないですし、カストールの藤野賢治シェフも、
「きょうの料理」でかぼちゃのプリンを紹介されたときに、
確か冷凍をお薦めされていた記憶が・・・


かぼちゃに合うスパイスといえば、こちらもお薦め。


                DSC00938.jpg
隠し味に生姜汁を加えたかぼちゃのスープです。

かぼちゃ×生姜は合いますね。

上と同じく、まったり×スッキリの組み合わせになるのでしょうか。
キリッとして、新鮮な味に。

最近我が家で消費量が急上昇している、クミンも加えています。

いつものかぼちゃスープに飽きてしまったときは、これの出番に
なりそうです。


                 DSC01390.jpg
サラダと一緒に写っているのが、ドライトマト&オニオンスコーン。
昨晩、明日の朝食に、と思って焼いたのですが、
帰宅した主人がいきなり3個食べ、今朝もまた3個。

多分好きな味だろうな、と予想はしていたものの、見事に的中。

軽くて外はサクサク、中はしっとり。
冷めても普通のスコーンのように固くならない、
とてもいいレシピです。

これは今月の応用クラスのメニューにしたいと思います。

ランキングに参加中です♪

かぼちゃの中近東風サラダ   
 4人分

   冷凍かぼちゃ  1袋 400g
   a 塩       小匙1/3
     コショウ    少々
     レモンの皮のすりおろし 1/2個分

   b 玉ねぎ     1/4個 みじん切り
     白ワインビネガー 大匙2
     粒マスタード   小匙2
     オリーブオイル  大匙1

   カルダモン、シナモン、コリアンダー、クローブ  各少々

1.かぼちゃを圧力鍋で蒸す。5分加圧し、自然放置。

2.蒸し上がったらボウルに移し、軽く潰してaを混ぜる。
  あらかじめ混ぜておいたbも加え混ぜる。

3.スパイスをフライパンで軽く炒って2に加え混ぜる。


スパイシーかぼちゃのポタージュ    
 2~3人分

玉ねぎ     1/4個・・・粗みじん切り
   かぼちゃ(冷凍) 200g・・・解凍する
   塩       小匙1/3
   水        300㏄
   コンソメの素   少々
   
   水        100㏄
   クミンp     小匙1/2
   生姜汁      小匙1

1.鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。
  しんなりしたらかぼちゃも皮つきのまま加えて炒め、塩を振る。
  水300㏄とコンソメも加えて煮立たせ、アクを取る。
  蓋をして弱火で15分ほど煮る。

2.ハンディブレンダーで撹拌し、水100㏄、クミン、生姜汁を加えて
  沸騰させる。

3.裏漉す。
関連記事