なすとひよこ豆のファラフェル&ムサカ風

                DSC02470.jpg
中近東の料理に、ファラフェルという豆のコロッケが
ありますが、それをアレンジしたのがこちら。

ひよこ豆のペーストと、ソテーしたなすを層にして焼いているので、
「ムサカ風」とも言えるかもしれません。

きっかけは、モロッコ料理でした。
ひよこ豆は前からサラダなどによく使っていましたが、
コロッケにするなんておもしろいな、と思いました。

面倒な揚げものはあまりしないので(笑)、何か他の調理法はないものか、
と考え、パン粉を振ってオーブンで焼くことに。

そうしたら、すごく簡単!

缶詰めのひよこ豆にその他の材料を加え、FPにかけてペーストにし、
それを炒めたなすと交互に重ねて焼くだけです。

なすは、最初に塩を振って水とアクを出しておくと、
少量の油で炒められます。

ドライトマトとアンチョビでコクと深みを与えれば、
その他の調味料は必要なし。

ひよこ豆のペーストに加えたクミンは、シードを使いましたが、
パウダーを使ったときに比べ、主張が強かったです。

ペーストもなすもどちらも食感がとてもなめらか。
するすると胃の中に入っていきます。

材料は豆と野菜だけなので、かなりヘルシーな料理です。

                 DSC02468.jpg

ランキングに参加中です♪

なすとひよこ豆のファラフェル&ムサカ風  

  a ひよこ豆(缶詰)  1缶・・・汁を切って250g
    新玉ねぎ      1/2個
    にんにく      1片
    塩         小匙1/2
    胡椒        少々
    クミンシード    小匙1/2
    コリアンダーp   少々
    練りごま      小匙1

  なす        5本
  塩         大匙1~1.5
  ドライトマト    1枚・・・水で戻してみじん切り
  アンチョビ     2枚
  胡椒        少々

  ハーブパン粉(パン粉にパセリなど、好みのハーブをまぜたもの) 適量

1.aをFPでペースト状にする。

2.なすは皮を縞目に剥き、斜め7㎜厚さにスライス。
  ポリ袋に入れ、塩を加えて手でもんで暫く置き、
  茶色い水が出てきたら洗って、水気をギュッと絞る。

3.フライパンに油を熱し、2を加えて炒める。
  なすに焼き色が付いてきたら、ドライトマトとアンチョビを加えて
  一緒に炒める。胡椒をふって取り出す。

4.耐熱皿に3の半量を並べ入れ、1を半量加えて平らにならす。
  残りのなす、残りの1を同様に重ね、ハーブパン粉を散らす。

5.200℃のオーブン上段で15分焼く。
関連記事

トラックバック

                中近東の料理に、ファラフェルという豆のコロッケがありますが、それをアレンジしたのがこちら。ひよこ豆のペーストと、ソテーしたなすを層にして焼いているので、「ムサカ風」とも言えるかもしれません。きっかけは、モロッコ料理でした...

2012/05/05 (Sat) 12:45 | まとめwoネタ速neo