サルサソースでエビカレー♪

                DSC02634.jpg
今日は応用クラスのレッスンがありました。


                DSC02162.jpg
レッスンメニューは「シシリー・プランタニエール」。
ピスタチオをビスキュイにもムースにも使った、贅沢な
アントルメ。

でも、とっても簡単。
ピスタチオのペーストさえ用意していただけば、
あとは何も難しいことはなく、あっという間に完成します。

あまりにあっという間でしたので、簡単なランチを召し上がって
いただきました。

メニューは、エビカレーとパプリカのスープです。

エビカレーは最近の私のお気に入りで、煮込まないタイプの
サラッとしたカレーです。

サルサソースの中でもフレッシュなサルサ・メヒカーナを
ベースにしたカレーで、すごくさっぱりしています。

カレー粉もスパイスもそれほど使っていませんが、
野菜の甘味で味わい深く仕上がります。

煮込まない分、下ごしらえには少し時間をかけています。

そもそも、エビは殻を剥いた後、背ワタを取ったり、
塩と片栗粉で汚れを取ったり、下ごしらえに手間がかかるものですが、
今回は、その殻を使ってまず出汁を取ります。

と言っても、パセリやセロリの要らない部分と一緒に炒めて
水を加えて少し煮るだけです。
コンソメなどを使わなくても十分旨みが出ます。

あとは野菜を炒め、あらかじめ用意しておいた
サルサソースを加えて煮込みます。

最後の最後にエビを加え、火が通れば完成。
ご飯がなくても食べられる程度の塩味に調整しています。

今日はレシピの2倍量で作りました。
倍量にする場合、スープの量も倍にしてしまうと、
味が薄まってしまうので、やや少なめの1300㏄に
するとよいようです。

サルサ・メヒカーナの半量をサルサ・ロハ(トマトソース)にしても
美味しかったです。

サルサソースは作っておくと大変便利で、
ハンバーグのソースなど、他にもいろいろに使い回しています。


パプリカのスープは、以前のレシピからもっとシンプルなものに
変えました。

これもなくなるとすぐに作る、うちの定番スープです。
娘は温めて飲みますが、私は冷たくして飲む方が好み。

今日は皆さんにも冷たいものを召し上がっていただいたところ、
喜んでいただけました。


                  DSC02593.jpg
マカロンとダコワーズで、ピスタチオのクレーム・オ・ブールを
サンドしたアントルメ。

お土産にお持ち帰りいただきました。

バタークリームはあまり得意ではないのですが、
ピスタチオが加わったものは別。

マカロンやダコワーズなど、メレンゲベースの生地とは
抜群の相性です。

今日はピスタチオ尽くしのレッスンになりました。

ランキングに参加中です♪

サルサソースのエビカレー  

  エビ      15尾
  にんにく    1片
  玉ねぎ     1個

  強力粉     大匙2
  カレー粉    小匙2
  チリパウダー  少々

  パセリの茎   3枝分
  ※チキンスープ  800㏄

  ※サルサ・メヒカーナ 200㏄
  塩       小匙1/2~1

1.エビは殻を剥いて背ワタを取り、片栗粉と塩少々をまぶして
  よくもんでから洗い流す。ペーパータオルで水気を拭き取る。
  殻も取っておく。

2.にんにくと玉ねぎをFPでみじん切りにする。

3.フライパンにサラダ油大匙1を熱し、エビの殻を加えて炒める。
  パセリの茎とチキンスープを加えて強火にかける。
  あくを取り除き、3分ほど煮て漉す。

4.3のフライパンにサラダ油大匙2と2を入れて炒め、しんなりしてきたら
  強力粉を振ってしばらく炒める。
  カレー粉、チリパウダーも加えて炒める。

5.4に5とサルサ・メヒカーナを加えて沸騰させ、アクを取り、
  蓋をせずに中火で5~7分、煮汁が7割程度になるまで煮る。

6.ハンディブレンダーで野菜を潰し、エビを加えて2~3分煮る。
  塩で味を調える。

※サルサ・メヒカーナ(フレッシュサルサソース)
   トマト     1個
   新玉ねぎ    1/2個
   ピーマン    小1/2個
   塩       小匙1/3
  
   新玉ねぎとピーマンをFPに入れてみじん切りにする。
   トマトと塩を加え、ざっと混ぜる。                

※チキンスープ  ささ身でとったストックを使っていますが、
         コンソメなどを水で溶かしたものでも大丈夫です。
関連記事

トラックバック

                今日は応用クラスのレッスンがありました。                レッスンメニューは「シシリー・プランタニエール」。ピスタチオをビスキュイにもムースにも使った、贅沢なアントルメ。でも、とっても簡単。ピスタチオのペー...

2012/05/09 (Wed) 02:47 | まとめwoネタ速neo