デリ風ボリュームサラダ

                DSC02879.jpg
デパ地下で見かけるようなデリ風のサラダを作れたら、
と思って、デパートに行くと、必ず地下の総菜売り場を
見て歩くのですが、その場で材料とおおまかな味付けを頭に
入れては来るもの、いざ作ってみようとすると、なかなか
思い通りにいきません。

色鮮やかで食欲をそそる盛り付け、真似したいな、と思います。

そんなわけで、今日は私なりに考えたデリ風サラダです。


                 DSC02872.jpg
ポテトサラダも毎回マヨネーズだと飽きてしまいます。

そこで、ブロッコリーを柔らかめに茹でて、オリーブオイルと
白ワインビネガーと一緒にFPで回して作ったグリーンのドレッシングで、
蒸したじゃがいもを和えてみました。

パスタソースをヒントに考えたものですが、
日本人は、どちらかというと、ぐずぐずに茹でた
ブロッコリーよりも、少し固めに茹でた方が好みですよね。

フランス人やイタリア人はどうもそうではないようです。

FPを使うと、見事にブロッコリーが崩れ、じゃがいもに
ぴったりなソースになりました。
このままパスタを加えてもよさそうですし、
ブロッコリーのソースだけでもパスタソースになります。

酸味が苦手な方は、オリーブオイルをもっと増やしてください。


もう一品は、余熱だけでしっとりと火をとおしたささ身を
柚子胡椒風味のマヨネーズで和えたサラダ。

マヨネーズに、軽く水切りしたヨーグルトを少し加え、
マイルドな味にしてあります。
柚子胡椒の量はお好みで。

青い葉っぱは蕪の葉です。
塩とオイル、水少々で蒸し煮にし、水気をしっかり切ってから加えます。
アクも癖もないので、ほうれん草などよりも使いやすいですね。

蕪の実はスープにしました。

色鮮やかなものが、何かもう一品欲しいところですが、
家庭ではそう何品も作れません。

デパ地下の目移りしそうなラインナップを参考に、
ちょっとずつレパートリーを増やしたいな、と思います。

ランキングに参加中です♪

新じゃがいものブロッコリーソース和え  

  新じゃがいも   4個・・・半割
  ブロッコリー   1株・・・太い茎を除いて小房に分ける。
  
  a 塩        小匙1/2
    オリーブオイル  35g
    白ワインビネガー 20㏄
    胡椒       適量

1.じゃがいもは圧力鍋で7分加圧して蒸す。
  皮を剥いて粗く潰す。

2.ブロッコリーを塩ゆでし、水に取らずに冷ます。
  aと一緒にFPでみじん切りになるくらいまで潰す。

3.1を2で和える。


蕪の葉とささ身の柚子胡椒マヨネーズ和え  

  しっとりささ身   2本・・・手で裂く
  蕪の葉(茎の固い部分は除く) 3本分
  a 塩 少々、サラダ油 少々、水 大匙1

  b マヨネーズ  大匙3
    水切りヨーグルト 大匙1(水切り1時間ほど)
    柚子胡椒   小匙1

1.蕪の葉とaを鍋に入れて蓋をし、強火で2分蒸し煮する。
  ざるに空けて水気を切り、ペーパータオルで更に水分を拭き取る。

2.ボウルにbを入れてよく混ぜ、ささみと1を加えて和える。             
関連記事