本日のアフタヌーンティー

                DSC02899.jpg
アフタヌーンティーのレッスンも、今日で3回目を迎えました。

手軽に作れるお菓子とデザートをご紹介した後、
ゆっくりとお茶の時間を楽しんでいただく、今回の企画は、
皆さんから大変好評ですが、毎回お茶の種類や、
召し上がっていただくメニューを少しずつ変えながら、
私も皆さん以上に楽しませていただいております。


さて、本日のサンドイッチから。

           蕪の葉と鶏ささみの柚子胡椒マヨネーズ和え
          新じゃがいものブロッコリー和え


実は昨日のお惣菜は、今日のサンドイッチ用に作ったものでした。

どちらも水気が出ないように作ってありますので、前日に
具材を用意しておいて、朝サンドイッチにすれば、お昼まで
大丈夫です。

新じゃがいものブロッコリー和えは、サンドイッチの具材用に、
マヨネーズ大匙2と塩少々を加えました。


前回は赤系にまとまってしまい、今回は緑一色!
娘に「他の色も混ぜればいいのに。」
と指摘されてしまいましたが、その通り。

ただ、毎回これ美味しそうかも、と思いついたものを作っては
具材にしているので、なかなかそう上手くはいかないのです。

そこでこちら。

                  DSC02889.jpg
                    タコのサルサソースマリネ

トマトの赤で色鮮やかに。

こちらは今日の人気メニューでした。

刺身用のタコを、サルサ・メヒカーナ(フレッシュトマトソース)で和えて、
サルサ・ヴェルデ(バジルとイタリアンパセリベースのペースト)を
少し加えたもので、メキシカンとイタリアンが融合されたような味。

前日から準備できるので、おもてなしには便利な一品です。


                DSC02905.jpg
                いちごと軽いマカロン生地のパブロヴァ風

今回参考にしたイギリスの料理本には、なぜかパブロヴァの
レシピがいくつも載っていました。

パブロヴァとは、メレンゲとホイップクリームとフルーツを
組み合わせたお菓子です。

確かオーストラリアでよく食べれられているデザートだったような・・・

甘いメレンゲに、ラズベリーやリュバーブ、パッションフルーツなど、
酸味のあるフルーツが組み合わせられているところなど、
ちょっと魅力的なデザートです。

そこで、デザートは、マカロン風のメレンゲ生地とホイップクリーム、
たっぷりのいちごを組み合わせたケーキを作ってみました。

マカロンの生地よりもふわっと柔らかく食べやすい生地を使っています。

ガルニチュールなしで、マカロン生地だけで美味しく食べられる生地は
できないかな、と思ってこれも思い付きで作ったものです。

かなりひび割れましたが、味と食感はかなりイメージに近いものになり、
大量につまみ食いしてしまいました。
これはちゃんとしたレシピに仕上げたいです。

甘さ控えめのホイップクリームといちごで、
さっぱりとしたデザートになりました。


                 DSC02920.jpg
本日の紅茶は、
                   ペニンシュラのアフタヌーン
                 エディアールの4レッドフルーツ



今日でレッスンの前半が終了です。
後半もどうぞよろしくお願いいたします。

ランキングに参加中です♪

たこのサルサソースマリネのレシピはこちらからどうぞ。
たこのサルサソースマリネ

  タコ刺身用    200g・・・1.5㎝角程度に切る
  
  トマト    中2個・・・種を取ってざく切り
  新玉ねぎ   1個・・・ざく切り
  ピーマン   1個・・・種とワタを取ってざく切り
  塩      小匙1/2

  サルサ・ヴェルデ 大匙1~1.5

1.FPに玉ねぎとピーマンを入れてみじん切りにする。
  トマトと塩を加えて更に撹拌し、サルサ・ヴェルデも加えて
  なじむまで混ぜる。

2.タコをボウルに入れて、1を加えて和える。
関連記事