ガレット・コンプレ

                DSC04481.jpg
今日のレッスンでは、ランチにそば粉のクレープ、ガレットを
召し上がっていただきました。

ガレット・コンプレは、クレープ生地でハムと卵、チーズを
包んで焼いた、ガレットの基本形。

ガレットを焼くのは、なんと1年振り!

一年前レッスンでこのガレットを取り上げた時は、
来る日も来る日も焼いたものですが、レッスン後はすっかり飽きてしまい、
まったく作らなくなってしまいました。(このパターンが多い)

久しぶりにガレットを焼く!緊張。

鉄製のフライパンとも随分ご無沙汰です。

こんなときは、いきなりコンプレを焼こうとせず、最初の1~2枚は、
普通に生地だけを焼いてみるのがいいかもしれません。

コツを頭に入れて焼き始めたら、徐々に調子を取り戻しました。

クレープを焼くときは、必ず鉄のクレープ専用のフライパンを使っています。

今愛用中なのが、フランス、デバイヤーのクレープパン。


         
微妙な角度の立ち上がりが、クレープをひっくり返すのに好都合。
こういうのがあるのは、クレープを常食とするお国柄ゆえでしょうか。
日本製ではお目に掛かれないタイプ。


ガレット・コンプレは、卵の焼き加減も大事なポイントになると
思うのですが、これがなかなか難しく、去年はその習得に
随分時間を掛けました。

また、角をしっかりと出すため、折りたたみ方にもコツが。

クレープ焼きって、実はコツだらけなんですね。

それらを一つ一つ確認しながら、焼き上げたガレット・コンプレ。

シンプルだけど、やはり美味しいです!



                   DSC04374.jpg
付け合わせにお出しした、きゅうりのキウイドレッシング和え。

最近、野菜とフルーツを組み合わせたものをよく作っていますが、
これもそうです。

と言っても初心者なので、まずは無難に色の似ているもの同士を
組み合わせて楽しんでいます。

きゅうりとキウイは以前ドリンクでお出ししたときも喜んで
いただいたので、安心な組み合わせです。

材料には、きゅうりとキウイ、オリーブオイルに加え、
本日のレッスンメニューでもある、新生姜のコンフィチュールが
入っています。

フルーティなキウイとコンフィチュールの甘さで、きゅうりを
ちょっとしたデザート感覚で召し上がっていただける一品。

好評でしたので、レシピを載せておきますね。
よろしければお試しください。

ランキングに参加中です♪

きゅうりのキウイソースドレッシング和え  

  きゅうり   4本・・・皮を縞目に剥き、縦半割にして斜め5㎜厚さに切る              
  塩     小匙2

  aキウイ   2個・・・皮を剥いて中心の芯を取る。
   オリーブオイル 大匙1
   レモン汁  1/2個分
   生姜のコンフィチュール 大匙2 

1.きゅうりと塩を袋に入れて手でもみ、暫く置いて水を絞り出す。

2.aをブレンダーで混ぜ合わせ、1に加えて和える。
関連記事

トラックバック

                今日のレッスンでは、ランチにそば粉のクレープ、ガレットを召し上がっていただきました。ガレット・コンプレは、クレープ生地でハムと卵、チーズを包んで焼いた、ガレットの基本形。ガレットを焼くのは、なんと1年振り!一年前、レッス?...

2012/06/19 (Tue) 04:21 | まとめwoネタ速neo