牛すじの土手煮

                 DSC05174.jpg
最近、すじやアラの料理が続きますが、今日は牛すじの土手煮です。
土手焼きとも言うのでしょうか?

記憶にあるのは、家族とたま~に出掛ける白金台の「甚六」という
お好み焼き屋さんの土手焼きです。

主人が好きなので、行くとまず注文するのですが、
美味しいですね。

私も作ってみました。

すじ料理もカレー、赤ワイン煮と作ってきて、下準備にも
慣れてきました。

いつもの通り、アク抜きをしますが、今日はオーブンではなく、
圧力鍋でやってみました。

味噌をベースに、練りごまなども加えてみたら、
濃厚なスープに。

味噌、砂糖、練りごまの合わせ調味料は、煮詰まり加減など、
様子を見ながら加えるといいようです。

圧力鍋だと煮汁が減らないせいか、かなり汁けが多くなりました。

それから、やっぱりオーブンの方が肉の食感はいいような気が・・・

家族にはなかなか評判よかったのですが、
まだ完成レシピとまでは言えないかな。

次回作るときの参考まで。

ランキングに参加中です♪

牛すじの土手煮  

  牛すじ肉  900g~1キロ
  長ねぎの青い部分 1束分
  生姜       1片
  セロリの葉    1束分

  a 酒       50㏄
    水       1ℓ
    かやのやだし  1袋・・・袋から出す

  b 味噌     150g
    砂糖      15g
    練りごま    大匙1

  メープルシロップ 大匙1/2

1.牛すじは50℃の湯で洗い、水から2度茹でこぼす。
  二度目は、用意した長ねぎの青い部分1/3量とセロリの葉、
  生姜の皮と一緒に茹で、アクを取りながら3~4分火を通す。

2.ざるに空けて水気を切る。

3.圧力鍋に2とa、残りの長ねぎ、生姜のすりおろしを加え、強火にかける。
  アクを取り、bの2/3量を加えて煮立たせ、20分加圧する。

4.ピンが下がったら蓋を開け、残りのbとメープルシロップを味を見ながら
  加えて煮詰める。
  ☆bは全部使わなくてもOK。
関連記事