鯛のあらスープ

          DSC06055.jpg
今朝のブランチは、昨晩作っておいたマリネやスープに、
玄米ご飯でした。

お頭なしで身がほとんど、という鯛のアラで作ったスープ。
鯛の旨味たっぷりで、美味しかったです。

うろこも血合いもなく、本当に白い身の部分だけでしたので、
特に下処理もせず。
(時々こういうのを見かけると、パッと買ってきてしまいます。)

ただ、気になるのが骨。
結構しっかりしていて刺さると痛いんですよね。
なので、まず、骨を抜くところから。

抜いた骨とそれにくっついてきた身、香味野菜をサッとゆで、
漉したスープで残りの身の部分を煮ました。
こうすれば、旨味は残せても骨を口にしなくて済みます。

あとは酒と塩で調味して出来上がり。

いつもなら、ここに長ねぎや豆腐を入れるところですが、
今日はそのままいただきました。

ご飯を入れて雑炊にしてもよさそう!

ランキングに参加中です♪

鯛のアラスープ 
 2~3人分

  鯛のアラ  1パック(200gくらい)
  玉ねぎなど屑野菜 適量

  酒     大匙1
  塩     小匙1

1.鯛のアラは骨を抜き、身の付いた骨と、骨のない身の部分に
  分ける。

2.骨付きの身と屑野菜、水800㏄を鍋に入れて煮立たせ、
  ざるに空けて漉す。

3.2のスープと、骨のない身の部分を鍋に入れてひと煮立ちさせ、
  アクを取りながら3~4分煮る。

4.酒と塩で調味する。
関連記事