紅茶鶏と紅茶のグラニテ

          DSC06539.jpg
レッスンで淹れた紅茶が余ることがあります。

大抵はそのまま飲んでしまうのですが、
昨日は1ℓも残ってしまいました。

一人では飲みきれいないな、と思い、
せっかくなので、これを何かに利用しようと
作ったのが、紅茶鶏。

本当は紅茶豚にしたかったのですが、たまたま
冷蔵庫に唐揚げ用の鶏肉しかなく、それで作りました。

鶏ももや鶏胸1枚ではないので、あまり煮すぎると
固くなってしまいそうでしたので、沸騰させた
紅茶液に加えて1分ほど加熱した後、火を止め、
そのまま粗熱が取れるまで放置しておきました。

その後、煮切った酒とみりん、醤油、隠し味に梅干しを
加えたたれに漬け込むだけ。

一晩漬け込んだら、しっとり、さっぱりとした紅茶鶏が
できました♪

紅茶はアールグレーだったのですが、ほんのり後味に残る程度。
梅干しはすっかり影を潜めてしまいましたが、さっぱり味の元に
なっているのは、やはり紅茶と梅干しのお陰でしょうか。

紅茶の香りが気になるようでしたら、紅茶液から
早めに引き上げるといいと思います。
逆に、香りをしっかり浸み込ませたい場合は、完全に冷めるまで
煮汁に漬け込んでおけばOK。


          DSC06548.jpg
さて、あと半分、500ccの紅茶が残りましたので、
これはグラニテに。

かき氷ですね。

砂糖を加え、途中でかき混ぜながら凍らせるだけなので
とても簡単。

かき混ぜるのに使ったのが、オクソーのポテトマッシャー。

  
引っ掻かなくても氷がラクに潰せてフワフワに♪


アールグレーと相性のよい、柑橘類を添え、
果汁を絞って食べても美味しいです♪

ランキングに参加中です♪

紅茶鶏  

  鶏唐揚げ用  2パック 500~600g
  紅茶     500cc

  醤油     50㏄
  みりん、酒 各60㏄
  梅干し 1個

1.鶏肉は50℃の湯で洗い、余分な脂を取り除く。

2.酒とみりんを煮切り、醤油を加えてひと煮立ちさせる。
  叩いた梅干しを加えて冷ます。

3.紅茶液を沸騰させ、1を加えて1分茹でて火を止める。
  蓋をして冷めるまで放置する。

4.鶏肉を引き上げ、2に加えて漬け込む。


紅茶のグラニテ  

  紅茶液     500cc
  グラニュー糖  60g

  オレンジまたはグレープフルーツ 適量

1.紅茶液にグラニュー糖を加え混ぜ、金属製のバットに入れて
  途中でかき混ぜながら、冷凍庫で冷やし固める。

2.器に盛り、カットしたオレンジを添える。
関連記事