ビーフレンダンとマンゴーソルベ

          DSC06477.jpg
先日、テレビの旅番組でマレーシアの特集をみました。

マレーシア料理といえば、ナシゴレンくらいしか思いつかなかった
のですが、ニョニャという、現地の女性が作る中国とマレーシアを
融合させた料理がとても美味しそうで、マレーシア料理全体に
興味が湧きました。

いろいろ調べてみて、作ってみたくなったのが、
ビーフレンダン。

病みつきになる美味しさ!
と絶賛されているのです。

作り方も様々ですが、共通しているのは、シチュー用の牛肉を、
スパイスとココナツミルクで煮込む、というもので、
マレーシア風のビーフシチューです。

短時間で作りたかったので、圧力鍋で煮込むことにしました。

まず、肉にスパイスだれで下味を付けます。

玉ねぎ、にんにく、生姜、チリパウダー、コリアンダー、
レモングラスなどと砂糖が結構入ります。

さらにレモン汁も入るので、甘くて辛くて酸っぱい、
アジアの香りがプンプンしてきそうな味を予感させます。

ココナツミルクの量を控えめにして、
代わりにかつお出汁を入れたのは自己流です。

というのも、先日作ったスリランカカレーが気に入ったので、
そのときの作り方を一部取り入れてみたのです。

マレー料理には油がたっぷり使われるイメージでしたが、
これはなんとノンオイル。

炒めず、下味を付けただけの肉とココナツミルク、
鰹出汁をそのまま鍋に入れて煮込みます。

圧力鍋で煮込むこと30分。
蓋を開けると肉がとろとろ~

のはずが、ちょっと混ぜたらもろもろに崩れました。

どうやら圧をかけ過ぎたようです。
半分の15分で充分だったよう。

スリランカカレーの隠し味は醤油とポン酢でしたが、
こんかいは味噌も加えてコクを出しました。

もろもろになった肉もそれなりに美味しかったのですが、
煮汁の味が絶妙です。

家族にも好評で、ご飯が進む~、
とみんな大喜びでした。


        DSC06566.jpg
デザートはマンゴーソルベ。

マンゴースイーツに必ず使っていたのがアルフォンソマンゴー。

冷凍や缶詰のピュレを常備していますが、
濃厚な味にやや飽きてしまい、気分を変えたくて、
こちらを使ってみました。

     DSC06558.jpg
先日、エスニック材料をいろいろ購入した際、
一緒に頼んだのが、奥の箱「MANGO PUREE」。

こちら、フィリピンマンゴーのピュレです。

色はアルフォンソがオレンジなのに対し、
こちらはイエロー。

香りがしっかりしていて、味は思いのほか濃厚でした。
しかもお値段はアルフォンソの半分以下。

アルフォンソマンゴーのピュレには砂糖が入っていることが
多いのですが、こちらはマンゴー果肉100%。

500g入りなので、使い切れるのも便利。

ソルベにしたら、とても美味しくできました。

アルフォンソとフィリピンマンゴーのピュレを半々にして
作ってみるのもよさそうです。

ランキングに参加中です♪


ビーフレンダン

 4人分

  牛すね肉 1キロ  

  a玉ねぎ   1個・・・皮を剥いて3cm角位に切る
   しょうが  25g・・・皮を剥いてスライス 
   にんにく  2片・・・半割にして芽を除く
   コリアンダーパウダー 大さじ1
   ブラックペッパー 適量
   チリパウダー  大さじ1
   砂糖      大匙1
   塩       小匙1.5
   レモングラス  短いもの3本

  bココナツミルク 200㏄
   かつおだし   500cc
   レモン汁    10cc

  cココナツミルク 50㏄
   水       50㏄

  dカレー粉    小匙2
   醤油      小匙1
   味噌      小匙1
   ポン酢     大匙1


1.aを合わせてFPに入れてペースト状になるまで撹拌する。

2.50℃洗いして水気を拭き取った牛肉と1をポリ袋に入れ、
  冷蔵庫で1時間以上マリネする。

3.圧力鍋に、2とbを加えて強火にかけ、アクを丁寧に取り除く。
  大体引けたらcを加えて煮立たせ、アクをサッとすくって蓋をする。
  15分加圧し、そのまま自然に冷ます。

4.dを加えて10分程煮込む。
関連記事