プリンのリニューアル

           DSC07211.jpg
オーブンが変わってから、いつも心のどこかに引っ掛かっていたのが
プリンです。

焼き時間や温度を調整してもなかなか上手く焼けず、
「もう、暫く作るの止めよっ!」
と放り投げておいたのですが、
もうすぐタルトタタンの時期だし、と思って地下から
出してきたマンケ型を見て、これでつくってみようかな、
と急に思い立ちました。

今回は思い切って配合を変更。
卵の割合を減らし、甘さも控えました。

また、うちでカラメルソースが好きなのは私だけなので、
それも減らしたため、結果的にこれまでよりもカロリー減。

湯煎の方法も変えたため、当初、型を陶器からステンレス製に
替えるだけのつもりが大幅なリニューアルとなりました。

肝心のでき具合は・・・



        DSC07206.jpg
大成功です♪

固さも食感も甘さも丁度よく、久しぶりに納得のゆくプリンが
完成しました。

大きく焼くビストロタイプのプリンは、なめらかプリンとは
一線を画しておきたいもの。

固すぎるのも困りますが、グズグズ崩れてくるのだけは避けたかったので、
今回は温度を高めに設定して焼きました。

湯煎とはいえ、ガスで170℃というと、プリンにしてはかなり高温。
そのままではすが入ってしまうので、いろいろ工夫も施しました。

大きく焼くプリンは、周りが固くなりやすいのですが、
今回のプリンはそちらもクリア。

どの部分を食べても同じ食感になっています。

リニューアルしたクレーム・カラメル、
レッスンでもまたご紹介したいと思います。

            DSC07224.jpg

            ランキングに参加中です♪



関連記事