自家製バニラパウダー

          DSC07963.jpg
今月のレッスンでご紹介したパンペルデュ・シュクレには、
自家製のバニラパウダーを使っています。

フライパンで焼いたパンペルデュにさっと振るだけで、
ふんわりとバニラの香りが漂い、一瞬のうちに幸せな気分に
させてくれる魔法のパウダーです。 

生徒さんもこの香りにうっとりされる様子でした。

そんなバニラパウダー、
作るには使い終わったバニラビーンズがかなりの量必要ですが、
私のようにしょっちゅうカスタードやプリンを作っていると、
いつのまにか溜まってしまいます。

それらを洗ってカラカラになるまで乾かしてから保存容器に
入れておき、溜まったらパウダー状に粉砕して作っています。

クッキーやタルト生地、クレーム・ダマンド、マドレーヌなどの
副材料として欠かせません。

エッセンスやオイルでも構わないのですが、自家製のパウダーを
使ってしまうと物足りなく感じてしまいます。

これまでミルサーのグラインダーで粉状にしていたのですが、
全部が全部粉状にはならず、いつもかならず粒状のものが
残ってしまうのが悩みでした。

粒状だと口に触ってなんだか気になります。
それで、粉砕したものを更に茶漉しの目を通し、
通ったものだけをバニラパウダーとして使っていました。

なので、使えるパウダーはごくわずか。
なんとかならないかと、もっと強力なグラインダーを探し求めていたところ、
みつけたのがこちら。

     

ニュー よめっこさん。

何とも言えないネーミングですが・・・

早速乾燥バニラを粉砕してみることに。

        DSC07987.jpg
        ワンプッシュで粉々になりました。



        DSC07988.jpg
        右がこれまでミルサーで挽いて、実際にバニラパウダーとして
        お菓子に使っていたもの。左がよめっこさんで挽いたもの。

比べてみると、よめっこさんの粉砕力のすごさが一目瞭然です。

しかも音が意外に静かなんです。
これまで、バニラを粉砕するときにはものすごい騒音で
家中の窓を閉めないとだめなほどでしたが、そこまでする必要性を
感じませんでした。

それからミルサーのときは、容器をセットする際、一度容器を
ひっくり返さなくてはならず、粉砕した後、蓋を開けるときに
中身が周りに飛び散るのが不快でした。

一方、よめっこさんはセットした状態で物が入れられるので
こういった不快感も解消されました。

容器がステンレス製ってところもポイント高いです!

他にもごまや玄米、コーヒー豆、大豆、紅茶の葉を
細かく粉砕したいときなど活躍の場はかなりありそうなので、
期待度大です♪

今更ですが、10年近く活躍してくれたミルサーにも感謝していますよ!

        ランキングに参加中です♪
      
関連記事