マロンパイ

          DSC09995a.jpg
パイは作るのも食べるのも好きなので、秋の深まり始める
この季節になるとよく作ります。

アップルパイに始まって、タルト・タタン、マロンパイと続きます。

ころんとしたこの形のマロンパイは、ずっと前に何かの雑誌に
掲載されていた、ベルグの4月の山本シェフのレシピを参考に
しています。

成形の仕方にポイントがあるので、図解入りで記されていたその記事は、
当時、とても参考になりました。


         DSC09979.jpg
こんな風に焼き色がしっかりと付いたパイが好きです。
白っぽいのはなんだか美味しそうに見えなくて・・・

ガスオーブンにも関わらず、200℃より温度は下げずに
最後まで焼き切ってしまいます。

しかも、サイズが小さいのに焼き時間は45分と長め。

ここまで焼くと、水分がしっかり抜けて、持ったときに
えっ?というくらい軽くなっています。

このカサカサッ、という音を聞くと、もう食べずにはいられなくなって・・・


          DSC00034a.jpg
今日はラズベリーのアイシングでちょっとおめかし。

パイ生地に甘さがない分、アイシングがあると味がはっきりします。

赤いフルーツでマロンと相性のよいのはカシスですが、
ラズベリーもなかなかです。


          DSC00010.jpg
今日のはマロンペースト入りのクレーム・ダマンドと
プチプチマロン(マルヤの製品)もたっぷり入れたので、
アイシングなしでも十分美味しいです。

半分にしておくつもりが、結局完食!

お腹一杯になりました。


         ランキングに参加中です♪  
関連記事