パイ生地のタルトいろいろ

          DSC00155.jpg
今日は画像がいっぱいです。
パイ生地をまとめて仕込んだので、いろいろ作りました。


          DSC00168.jpg
           ジンジャー・アブリコ

生姜のコンフィチュールと缶詰のアプリコットのタルト。
生姜のすっきりとした辛味とアプリコットの酸味がよく合います。
 
          DSC00195.jpg
サクサクのパイと、しっとりとしたクレームダマンドはいつ食べても美味しい。


          DSC00170.jpg
チョコレートとプルーンのタルト。
トップにクランブルをのせて焼き込みました。

          DSC00187.jpg
今月のアントルメもそうですが、プルーンとチョコレートは相性がいいですね。


          DSC00177.jpg
フレッシュとドライの両方を使ったいちじくと、ピスタチオの
贅沢なパイ。

          DSC00200.jpg
フレッシュいちじくは、赤ワインで煮込みました。
フレッシュとドライ、異なる味わいを楽しめます。


          DSC00191.jpg
今回唯一丸型で、パイ生地ではなく、パート・シュクレで作った
マロンのタルト。
先日のマロンパイと食べ比べ。


          DSC00161.jpg
タルト・オペラ。

今回唯一のフレッシュタルト。
伝統菓子、オペラをタルトに仕立てました。

          DSC00216.jpg
パイ生地にクレームオブール・モカを重ね、
グラサージュ・ショコラでデコレーション。

クレーム・オ・ブールだけ塗り込めると重たくなるので、
間にコーヒーシロップをたっぷりと含ませたジェノワーズ・ショコラを
1枚引き入れました。
これでかなり食べやすくなります。

パイのすぐ上の茶色のパーツはキャラメル。
パイに存在感があるので、こんなにリッチでもしつこくなりません。


          DSC00134.jpg
これだけ作ると、パイの二番生地だけでなく、三番生地まで残ります。

四番生地が出ないよう、全部まとめて円形に仕立て、
りんごのガレットに。


          DSC00145.jpg
これは娘の大好物。
昨夜遅くに焼き上がったので、今朝、アイスクリームを添えて
一気に食べ尽くしました。
オーブントースターで5分程温めるとサクサクに!


          DSC00189.jpg
ジンジャー・アブリコを作った後、残ったコンフィチュールと
アプリコットでケークを作りました。

これは個人的にかなり好み!
一切れ食べると身体がポカポカしてきます。
冬におすすめのケークになりそうです。

      ランキングに参加中です♪   
関連記事