吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

イタリアンドルチェ ボネ

お教室関係 メニューなど
         DSC03836a.jpg
応用クラスでご紹介するのは、ピエモンテ州に昔からある
チョコレートプリン、ボネです。

ボネとはベレー帽の意味だそうで、片岡護さんによれば、
身支度の最後に帽子をかぶるように、食事の最後にはボネを
食べましょう、ということから名付けられたのだそうです。

イタリア菓子の本には必ず載っているお菓子で、配合は様々ですが、
アマレッティというマカロンの原型ともいわれる
固めのクッキーを砕いてプリン生地に加え、蒸し焼きにする、
というシンプルな作り方はほぼ共通のようです。

アマレッティ入りのプリン、と聞くと、ざらざらした食感を
イメージしてしまいますが、今回ご紹介するレシピは、
とても滑らかな仕上がりです。


       DSC03806a.jpg

アマレッティは市販のものでももちろんOK。
マリービスケットなどで代用してもいいのですが、
そのまま食べても美味しいので、今回はアマレッティの作り方から
ご紹介したいと思います。



       DSC03846a.jpg
型から出すとこんなに薄くなりますが、この薄さが口当たりのよさの
秘訣かな、と思います。

ポイントはやはりアマレット。
これがないとボネらしさが半減。

カラメルとチョコレート、アーモンドの風味を楽しむ
大人のプリンです。

バレンタインに是非作ってみてください。


        ランキングに参加中です♪
  • posted by 吉川文子 2013-01-06T22:15:32
  • Edit