吉川文子 KOUGLOF

ARTICLE PAGE

今月の応用クラス

お教室関係 メニューなど
        DSC04679a.jpg
今月のお菓子のメニューは、チョコレートパイでした。

昨日ご紹介したパイ生地を四角いセルクルにフォンサージュ。
あっという間に生地が完成し、四角く成形するのも思ったより簡単。
皆さん、早速作ってくださるそうで嬉しいです。

中のチョコレートクリームはというと、チョコレートの割合が意外に少なく、
さっぱりクリーミーなクリームです。

ゼラチンを使わず、カカオの力にも頼らない・・・
となると、どうやってクリームを固めるのか?

答えは卵です。

作り方がちょっと変わっていて、えっ!
となる瞬間がありますが、そこを超えると舌触りなめらかなクリームに
大変身。

お菓子作りって本当に不思議だな、と思います。


       DSC04713a.jpg
料理は最近わが家で人気のある えびとアボカドのトースト と、
白菜のポタージュです。

トーストの方はこちらをご覧いただくことにして、
ポタージュは新作レシピです。

先月も白菜とトマトのスープで登場した白菜ですが、
今月はポタージュで再登場です。

白菜とねぎを生姜を加えた和風出汁で煮込みます。
圧力鍋を使えば10分で出来上がり。
さっぱりしつつ、しっかりコクもあって寒い日にぴったりなスープです。


       DSC04718.jpg
トースト&ポタージュの簡単ランチの後に、チョコレートパイと一緒に
お出ししたのが、いちごのガレット風パイです。


       DSC04726.jpg
朝仕込んだカスタードとレッスン直前に焼いておいたパイ生地を
皆さんの目の前で組み立て、いちごとホイップクリームを絞って
仕上げました。

ミルフィユの一番贅沢なサーブの仕方は、冷蔵庫に一度も入れることなく
召し上がっていただくことだと思うのですが、今日のパイはそれを意識してみました。

裏漉したばかりのカスタードの滑らかさや、焼いて間もないパイのサクサク感は、
冷え固められたものとは比較になりません。


       DSC04729.jpg
ボリューム満点のデザートに、満足していただけた様子。

料理とお菓子を組み合わせたレッスンにはまだ不慣れで、
至らない点も多いのですが、これからも楽しく続けさせていただけたら、
と思います。

     ランキングに参加中です♪
  • posted by 吉川文子 2013-02-13T18:30:13
  • Edit